ヤマセミ

2019年7月19日 (金)

撮影休み 昨年撮ったヤマセミ

 今日も撮影休み、家に居ても蒸し暑いが何とかならんか~

撮影不調が続く中、昨年の7月は何を撮っていたか調べた。撮影に行った回数の話だがチュウヒ11回、ヤマセミ7回、ハヤブサ2回で山科川をブラブラの記録は無かった。ササゴイを撮りだしたのは8月で、その頃幼鳥は巣に居た。今年は既に川に出ていると聞いており、昨年より1ヶ月ほど早いようである。ただ、何処の巣から出た幼鳥か定かでなく、巣の場所などは分からない。昔、寺に行っていた頃は、アオサギなどに混じってササゴイの巣もあったので、寺に巣を造っていたのかも知れない。今は見に行く気はない。
ここしばらく何処へ行くか?、昨年同様ヤマセミに行ってみようかと考えている。遠征費は、毎年6~9月は伊吹山に毎月2回行ける分を見込んでいるが行っていない。釣りも行くことがないと思うので、その分が残ると考えれば十分ある。ただ、今年は年初にPC故障で買い替え、最近では何じゃかんじゃで家の中の必需品を買い替えで遠征費は無くなっている。年予算は用途を考えていない緊急予備費を見込んでおり(毎年、大概は新機材で消えている)、他の物の節約をプラスして何とか年間予算内に収めようと思うが、最悪はD5を売却して何とかしよう。フルサイズ機はいつ壊れるか分からないがD850が使えており、カワセミの高速連写はD500で我慢、我慢できない時はV3の20コマ/秒で何とかなるだろう。
ヤマセミ撮影地は、少し前に西と南の行く費用に時間を比較した。費用は、高速料金は南の方が少し安いが駐車場料金を加えると高くなる。時間は、カーナビでは南の方が20分ほどかかる程度だが、実際は奈良市内を通らなければならず、帰りの時間は1時間ほど違うかも知れない。柳生方面経由で迂回する方法もあるが遠回りになるような。若い頃にドライブなどで何度も走っているので道の状況は把握しており、撮影場所も駐車場からなら日影が無いのは数年前に行ったので分かっている。
西のダム湖はダムと上流の橋の近くで撮れるが、ダムからは撮影距離が遠いので良い画像が撮れない。橋の近くの川は水がまともに流れていないと聞いたので、先日帰りに見に行った。車からしか見ていないが、橋の下流のワンドには土砂が堆積し草が生えていた。増水の時に上流から土砂が流れ込んだのかな? 
とにかく、また行って様子をみよう。D850と500mmf5.6+TC14Ⅲが良いかな、アカンかったら脚立を持って行ってロクヨン+TC14Ⅲか?
   

昨年、西のダム湖で撮影したヤマセミを掲載

ダムからの撮影
02dsc_0971

01dsc_0904

03dsc_7695

04dsc_7429

  
上流での撮影
05dsc_8831

06dsc_8858

07dsc_8864

08dsc_8869

09dsc_9017

10dsc_9045_1

11dsc_9106

12dsc_9318

13dsc_9328

14dsc_8071

15dsc_0300_1

16dsc_0424

17dsc_0740_1

18dsc_2134

19dsc_2179

20dsc_2233

21dsc_2257

22dsc_2387_1

23dsc_2504_1 

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

ヤマちゃん その③  昨日の画像ラスト

 朝からどんよりした曇り空、少し暗かったので撮影休みにした。

昨日のヤマセミの残り画像
快晴下での撮影、ピクチャーコントロール・スタンダードの撮影ではテカり過ぎの画像が多かった。テカり過ぎの画像は、ソフトでニュートラルに変換してから修正したがどうかな、やはりヤマセミを綺麗に撮るのは難しい。日差しは弱いが明るい日、通わないと条件の良い日にはあたらない。

  
01dsc_1985


02dsc_2026


03dsc_2130


04dsc_2132


05dsc_2133


06dsc_2134


07dsc_2135


08dsc_2371


09dsc_2441


10dsc_2464


11dsc_2478


12dsc_2483


13dsc_2484


14dsc_2487


15dsc_2497


16dsc_2501


17dsc_2503


18dsc_2504


19dsc_2505


20dsc_2507


21dsc_2516

| | コメント (0)

ヤマちゃん その② 止まりもの近距離撮影

 昨日のヤマセミその②、近くに止まったので撮り捲ったが同じような画像ばかり。地元のカワセミも同様だが良い時も有れば悪い時もある、良い場面に巡り合うかどうかは運次第、毎日通えば撮れるが高速使用で通うことは出来ない。現地で前日の方が良い場面が多かったと聞いたが仕方なし。

その②で止まりものの近距離撮影を掲載、その③で飛びものも有りますが画像を整理してから。

日影の撮影で少し色がもう一つ。日の当たる場所では白い部分が飛んでしまうのでどちらが良いか? ヤマセミの撮影は難しい。  
01dsc_2229


02dsc_2230


03dsc_2233


04dsc_2237


05dsc_2274


07dsc_2285

顔をドアップ
08dsc_2153


09dsc_2160


10dsc_2167


11dsc_2170


12dsc_2176


13dsc_2188


14dsc_2198


15dsc_2207iso200


16dsc_2213


ISO200で撮影した画像をPixel等倍に拡大(ポチ後の拡大画像)
APS-C機(D500、D7500)の画像と比べてどちらが良いか・・・若干D850かなと思うがD5ほどではない。近くでの飛びもの撮影は、APS-Cの750㎜に対しD850は500㎜での撮影で後でトリミングにより拡大するので自分の場合はD850の方が追い易い。D850は鳥撮影では良さを感じなかったので下取りに出そうかと思ったが、追い易さの利点だけで残した。遠い猛禽ならこの利点は関係無しで、使い慣れると少しトロく感じやはりD500が良い。
尚、D500はショット数が多いので持ち出しを減らしている。Dsc_2218

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

ヤマちゃん 行って良かった、高速料金は回収  その①

 週一の車の運転の日、朝3時に目が覚めた。予報では天気が良かったので、ヤマセミで早朝出発か海のミサゴでもうひと眠りか考えたが、ヤマセミに決めて起きた。4時半に出発、出が悪くダムのミサゴも姿を見せなければ、10時頃に諦めて海のミサゴの昼のショータイム(今もあるかどうかは?)に行こうと車を走らせた。
着いて直ぐに2羽のヤマセミが居たが中々動かず。アカンかなと思い始めた9時前、♀に動きが有り橋を通過して直ぐ近くに止まった。地元の人にとって毎度の大したシーンではないだろうが、高速を走っていく者にとっては貴重なシーンで少し日影ながら撮り捲った。その内、♂も動き出し乱れ打ちの後石に止まって水浴び3回、一発目は撮れなかったが2連発は撮れたので満足して再び♀を狙う。少し粘っていると見えない場所に飛び込んで、そこそこの魚を捕る。まだやる気に見えたので期待したが、木の陰に隠れたので諦めた。ダムに行ったがミサゴは飛んで行ったとのことで、帰って来るのを少し待ったがヤマセミが撮れたので”エエやろう”で引き上げた。

今日はその①で、取り合えず水浴び2連発を掲載。
水浴びは餌取と違い飛び込む場所が近いので水際を撮るには絶好の連写チャンス。1発目は少しピントが甘かったが2回目は自分の腕としてはバッチリと思う。

一発目
18100305


18100306


18100307


18100308


18100309


18100310


18100311


18100312


18100313


18100314


18100315


18100316


18100317


18100318


18100319

  
2発目
18100320


18100321


18100322


18100323


18100324


18100325


18100326


18100327


18100328


18100329


18100330

 
止まりもののドアップ画像を1枚
Dsc_2183



撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:551枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:4,820円(高速料金)

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

ヤマちゃん  姿見ずでは高速料金が勿体ない

 ヤマちゃん狙いで5時過ぎに家を出て高速を走った。6時半過ぎに現地に着いたが霧で撮影にならないではないかい。霧は直ぐに晴れ2時間近く待ったがヤマセミは姿見せず。ならばこの地では保険のミサゴをと下流に行ったが、日影の木に止まったまま動かず。ここでも1時間半ほど飛ぶのを待ったが、日が当たって暑くなり根負けして引き上げた。

日の当たる場所から日影を撮影したためミサゴの画像はパッとせず。止まりもの、腕はあまり関係無いと思っているが・・・・  
18091801


18091802


18091803


18091804


18091805


撮影機材:D850、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:80枚
移動:車  天気:霧後晴れ
撮影経費:4,820円(高速料金)

| | コメント (0)