オオワシ

2020年11月26日 (木)

オオワシ2010-21Ⅱ(1/2)  飛び出し2回と琵琶湖帰りの飛翔が撮れた

 D850の手持で行った。8時半から1時半まで粘り、飛び出しか2回と琵琶湖からの帰りの飛翔が撮れた。飛び出しは、1回目が断続の37連写でボケボケが2枚、2回目は同じく断続の45連写だったが日差しが強く飛び出し直後がかなりボケている。2回目のボケは詳しく見ていないがAFの問題では無く、カワセミでもよくある日差しによるボケと思う。

取り合えず1回目の飛び出し連写を抜き取りで掲載
朝の10時半前にこちらに飛び出したので、日差しの関係で画質が悪いが500㎜の手持では限界だろう。自分の腕でこれ以上の画像を望むなら、ロクヨンの三脚撮影しかないが今は無いのでこの画像でガマン。

トリミングでフルサイズから4.3倍に拡大している。オオワシの大きさは十分満足(せねば仕方なし)。

20112601

20112602

20112603

20112604

20112605

20112606

20112607

20112608

20112609

20112610

20112611

20112612

20112613

20112614

20112615

20112616

20112617

20112618


オマケ
手のひらサイズのコンデジCOOLPIX A1000の画像、証拠写真にはなる。以前にS9900でも撮っているがA1000の方がはるかに良い。ファインダー越しの撮影とモニターを見ての撮影の違いだろう。
20112619

20112620


撮影機材:D850、500㎜f5.6PF、手持撮影  491枚
     COOLPIX A1000、手持撮影    29枚
移動:車、現地歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円
歩行数:8994歩  歩行距離:5396m

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

オオワシ2020-21Ⅰ ああしんど~の撮影に終わる

 8時半頃着で2時間半まで粘ったが、一度チョロット飛んだだけでガッカリの今シーズン初陣となる。オオワシ撮影の狙いは、止まりもの、飛翔、飛び出し、魚持ち帰り(鳥は好まない)、漁の瞬間の順番だが、初日で不十分ながら止まりものと飛翔が捕れたので良しとしよう。

機材は、D6と500㎜f5.6PF+TC14ⅢとZ50+TC20Ⅲを持って行き、手持で撮ったがD6と開放f8・700㎜では本来の素晴らしい(??)AF性能が発揮できず、飛翔は46連写で無修正で何とか見られる画像は10枚も無くアカン、TC使用なら歩留まりはD5と変わらないように思うが画像はD6が良い。日差しが強すぎ撮影条件が悪かったのかも知れず、また三脚使用なら結果は違ったかもしれない。D6はTC無しでどの程度の大きさの画像が得られるか見てから、満足の画像が撮れればTCを再び付けて挑戦する。しばらくTC無しでD850、D500が良いのかな。
Z50の開放f11・1500㎜でのオオワシ飛翔撮影はチャンスが無く、チョウゲンボウが飛んだので撮ったが、飛翔では撮影失敗を考えれば手持で使わない方が良いようだ。カメラの性能がどうこうでは無く、1500㎜の飛翔手持は猛禽では無理のようだ。

掲載は最後の1枚を除きトリミングで3倍に拡大
  
今シーズンの初撮影画像
日陰で遠い場所から撮った。
20112401

近い場所を探した。最初しばらくは一人、途中で三人になる。
20112402

20112403

20112404

20112405

20112406

20112407

20112408

20112409

20112410

20112411

20112412


Z50と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ
止まりものは大きく撮れて良い。撮影条件が良ければ綺麗に撮れると思う。
20112413

チョウゲンボウ飛翔
一眼レフなら難なくピントが合う条件だが、手振れ(揺れ)で中々捉えられず一苦労。試しなので撮ったが本場なら使えない。
20112414

近いと直ぐにファインダーから外れる。ノートリ画像
20112415

  
撮影機材:D6、500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ、手持撮影  465枚
     Z50、500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ、手持撮影  123枚
移動:車、現地は歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円 
歩行数:7549歩 歩行距離:4529m(もっと歩いたような気がした)

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

雨で撮影休み 今年のオオワシ撮影機材は・・・

 雨で撮影休み

11月になり湖北のオオワシまで1ヶ月を切った(かな?)、今年も来てくれとると期待しているがどうなることやら。

撮影機材に何を使うかで、ここ2年の機材を振り返った。

●2018-19
201819 
このシーズンは、カメラにD850を多用した。D5の方が綺麗に撮れるが大きく撮るにはTCが必要、D5のTC使用とD500、D850のTC無しとではどちらが良いか当時撮影結果から判断した。AFは、TCを使用してもD5が上だが、上手く撮れた画像の良さでは、D500なら同等でD850は良かったと当時評価したと記憶している。
レンズの600㎜f4と500㎜f5.6では、当然600㎜f4の方が綺麗だが圧倒的な違いは感じず、シーズン初めは山の麓で発進と魚持ち帰りを狙い、満足できる画像が撮れれば麓と湖岸を行き来したので、移動しやすい500㎜f5.6の手持が多くなった。


●2019-20
201920

昨シーズンもD850を使うつもりだったが、画像が甘く途中で使うのを止めた。D850の代わりにD5とD500を多用、購入したZ6も思っていたより良かったので使用回数は多い。
レンズは、600㎜f4を使わないと勿体ないで多用しようと思ったが、前半に腰を痛め500㎜f5.6を使用することが多かった。

D850は、一昨年に1度目の落下トラブルを起こしたが、ニコンが何じゃかんじゃで修理してくれず。取り合えずファインダーに視度調整レンズを付けてまともに見えるようにして、その後は何事もなく使用出来ていた。昨年9月に2度目の落下トラブルがありボケ画像連発、何かおかしいと思ったが綺麗に撮れることもあり原因に気づかず。6月頃にピントの大幅ズレであることが分かり、カメラでのピント調整で今は復活している。


●2020-21
今シーズンは何を使うか、まずはD6で撮ってみるが、14コマ/秒の高速連写が欲しいのは、飛び出し・飛びつき・漁の瞬間ぐらいで、後はD850の連写コマ数で十分。D6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲで歩留まりが良ければ多用するが、悪ければ結局は昨年同様、D850、D500、TC使用でZ6となるだろう。
オオワシ止まりで、Z50と500㎜f5.6+TCⅢの1500㎜手持撮影も是非試してみたい。ISOを小さくして遅いSSで撮りトリミングでの超拡大で7000㎜相当のドアップ画像、近くで撮れればこれまでにないドアップ画像が撮れるかも。
コロナ感染に気をつけてカメラマンの少ない場所で撮らねばならないのが気がかり。撮りやすい場所には当たり前だが人は集まる。

 

<昨シーズンの画像を掲載>

飛び出し連写の抜粋

01dsc_0121

飛び出しの瞬間で木に足がついている。これを狙っているがチャンスは少ない。
02dsc_0122_1

03dsc_0127

正面への飛び出し
04dsc_8821

05dsc_8822 

06dsc_8823

前の枝が邪魔で横に飛び出す。この時以外では撮れた記憶が無い。
07dsc_6690


魚持ち帰り
カワセミで言うならお頭がこちら向きで、魚の目が入っていないと話にならない。
08dsc_0235

魚は大きい方が良いのは当たり前、バックは当然青空が良いが、センター方向から帰ってくるときは晴れの日には影になることが多い。
09dsc_3409


オオワシの顔ドアップ
この画像のみ4年ほどの前のものだが、今シーズンは1500㎜の撮影でもっと大きく撮れるかな。
10160208

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年2月21日 (金)

オオワシ2019-20ラスト  北帰

 朝起きて天気予報を見ると全国的に晴れで気温も3月並み、オオワシが北帰するかもと3日連続となるが急遽行くことに決め、7時前に出発し9時前には着いた。
一昨日センター前への飛び出し連写撮影を失敗した木に止まっており、野鳥センター方向を見ていたので栗畑西側の道から撮ることにした。センター前に飛んでくれれば山バックの連写数が多くなる、北帰で北に飛べば遠い距離しか撮れない。首が痛く急な角度で上を見難いこともあり、場所を選定しD500と500㎜f5.6手持ちで待ち受ける。飛ぶ気配がなくまったりしていたが、9時50分過ぎにエンジェルポーズで様子を見ていたが動きなし。他のことをしていて再び見ると向きを北に変えていた。飛ぶぞ~と思い構えていると直ぐに飛んだので飛び出しの連写成功、そのまま斜面沿いに北に飛びトンネルの手前当たりで進路を少し東寄りに変え山を越えて行った。30分ほど湖北近くの知り合いと喋りながら待ったが帰ってこず、北帰と判断し11月にまた会いましょうと挨拶して引き上げた。
北帰時間は10時2分だった。カメラの撮影時間で、多少くるっているかも知れない。

今シーズンは、11月20が初撮影で丸3ヶ月の湖北通い、35回を目標にしていたがコハクチョウ狙いでブログ掲載記事の回数ではカウントしなかった日も含めれば、今日で丁度35日となり目標達成で振り返れば撮影も充実していたように思う。オオワシが終われば少し気が抜けるが、11月にはまた来てくれるだろう。

 
今日の画像はトリミングで2.4倍に拡大、かなり抜き取っての掲載
時間的に日差しが悪く画像は悪いが、北帰は故郷に向かっての飛び出しの瞬間を撮ることに意義があり、画像の奇麗さはどうでもよい。
 
20022101 20022102

10:01:46 発進
2002210320022105 20022106 20022107 20022108 20022109 20022110 20022111 20022112 20022113 20022114 20022115 20022116 20022117 20022118 20022119 20022120 20022121

この画像の後ファインダーから目を離し見失った。
20022122

空抜けになって再び見つけて連写
20022123 20022124

10:02:44 今シーズンのラストショット
20022125


撮影機材:D500、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:238枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2020年2月20日 (木)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅩⅢ D5とロクヨンで昨日のZ6のリベンジ成功

 9時前に湖北に到着、トンネルを抜けて沼横の駐車場に向かう途中で、麓から湖岸に歩いてくる何人かのカメラマンを見る。車を止めて急いでリュックを担ぎ三脚を持ち、土手を上がって湖岸へ。集落前に人は居ない、”アレ~”と思って尾上漁港の方を見ると漁港の手前にカメラマンが集まっている。機材を急いでセットし取水塔を見るとオオワシが止まって何かを食べていた。急ぎ足で機材を担いで歩いたが、漁港近くに行く前に確認すると食べ終えていた。機材はD5と600㎜f4+TC14Ⅲだったがオオワシが小さ過ぎ、おまけにモヤッとしていたのでこの距離ではアカンとは思いながら山に帰るところを狙う。こちらに向かって飛びだしてくれ連写しまくったが、流石D5とロクヨンで最初の90数枚の連写でボケボケは5枚程度、連写止まったので断続的181枚撮ったが90%程度はそこそこ撮れた。条件が悪くクッキリとは撮れなかったが仕方無し。
まずは1枚でシャッターを押し、飛び出しを待って山に帰るまでの連写、12分で勝負は終わった。この後、野鳥センター前に行きコハクチョウの飛翔を狙ったがあまり飛ばず。ならば山の麓へと歩いたが、塒に入り出てこず、諦めて1時前に引き上げた。オオワシはここ数日行った時は飛ぶ時間が短いが、北帰に備えて体力を温存しているのかな?

今日の撮影で33回、コハクチョウ狙いのついでの撮影(とはいえ3時間麓で粘った)も1回有り、これを加えると34回で今シーズン目標の35回まで後1回。目標達成に向けてもう一度行くかな? 
今年は少し前の気温から帰るのが早いだろうと思っていたが、例年通りになるのではないかいな。


今日の画像は条件が悪くもう一つだが、トリミングで4倍に拡大している。

最初の1枚はノートリ
20022000

  
最初の連写40枚
トリミングのし過ぎで画像は悪いがシーンは完全に捉え、昨日のZ6のリベンジ成功
20022001 20022002 20022003 20022004 20022005 20022006 20022007 20022008 20022009 20022010 20022011 20022012 20022013 20022014 20022015 20022016 20022017 20022018 20022019 20022020 20022021 20022022 20022023 20022024 20022025 20022026 20022027 20022028 20022029j 20022030 20022031 20022032 20022033 20022034 20022035 20022036 20022037 20022038 20022039 20022040

  
以下は5枚に1枚程度の抜き取り
20022041 20022042 20022043 20022044 20022045 20022046 20022047 20022048 20022049 20022050 20022051 20022052 20022053 20022054 20022055 20022056 20022057 20022058 20022059 20022060

  
撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚撮影  撮影枚数:425枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:7,200円(ガソリン代超過分まとめ記載:3往復)

| | コメント (2)

2020年2月19日 (水)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅩⅡ センターに向かっての飛翔、山の斜面バック26枚が総ボケボケ

 D500と500㎜f5.6の手持ちで行こうと思ったが、昨日Z6を使用しリュックに入れたままだったので、カメラを変えるのが面倒くさくそのままで行った。
正面道路にスタンバイ、11時40分頃に野鳥センターの方向に飛びだした。飛び出しは撮れたが枝被りの所に止まっていたので全て完全な枝被り、枝がなくなったところから山の斜面バックのこちら向きの飛翔となったが、空抜け数枚まで連写26枚が全てボケボケになりにけり。一度シャッターを押し直したと思うが(?)、それからはまあまあ撮れた。ただし曇り空でバックは真っ白で画像としてはアカン。センター前に止まったようで50分ほどして帰ってきたが、かなり北の方で山の斜面に入り帰ってきたので距離が遠すぎ、おまけに日差しがあったので大半の画像がピンボケに滲みが出ておりまともな画像無し。戻ってきて高い枯れ木に止まったが、これまで撮れなかった角度で奇麗に撮れたので良かった。
現地で飛翔画像をモニターで見てZ6を持ってきたことに後悔したが、帰ってからの最後の着木画像を見て等倍拡大でも奇麗なZ6で良かったと気を取り直した。
朝から魚を食べた様子が無く、もう一度飛んで魚を捕るかもで後ろ髪が引かれながら定刻の2時過ぎに引き上げた。野鳥センターのオオワシ情報を見ると、魚を捕りに出ずで塒入りしたと書かれていたので帰って正解だった。オジロワシがセンター前のオオワシの上を飛んだとも書かれていたが、まだ居るようだ。

 
掲載画像は2枚を除き全て1200pixel等倍

正面への飛び出しを完璧に捉えたが枝被りではな~~・・・
20021901

20021902

20021903

20021904

20021905

20021906

20021907

20021908

20021909

20021910

以下2枚はボケボケのノートリ
20021911

これなんぞは上手くセンターで捉えているのに何でボケボケ?
D500ならピントが合っていたと思う・・・・
20021912

空抜け3枚目、シャッターを押し直したかも知れない。
20021913

20021914

20021915

20021916

20021917

20021918

帰りは正面から頭上通過を期待していたが残念。
20021919

20021920

20021921

20021922

この前は枝被りばかり
Z6は、D500と同じ大きさにしようと思うと1.5倍の拡大が必要だが、トリミングで超拡大してもD500より奇麗。
20021923

20021924

20021925

20021926

20021927

20021928

20021929

 

撮影機材:Z6、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:601枚
移動:車、歩き  天気:曇り時々晴
撮影枚数:601枚

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅪ 塒から高い木への移動を連写

 9時頃に着いたが既に飛んで獲物を食べて戻り塒に止まっていた。12時20分過ぎに飛んで正面の高い松に止まったが、その後2時前まで飛ばなかったのので諦めて引き上げた。家に帰ってからのことを考えると粘るは2時過ぎが限度、その後飛んだのかな?
飛ぶまでの3時間少々は退屈、場所を色々変えたが飛翔撮影は塒前の一つ西側の農道からだったので、手持ち撮影では距離が遠すぎた。天気予報で西風が強かったのでよく飛ぶと期待していたが、風が弱くオオワシの動きはサッパリ。

朝に風が吹くと花粉が舞い上がっていたが、いやな季節が到来した。


鬱憤がたまっていたので、連写は100枚を超えたが抜き取りで掲載
最初と最後がノートリであとは全てトリミングで4倍に拡大、カメラはD500だったが手持ち画像の4倍拡大は苦しい。

20021700

カメラで見ていて飛びそうなポーズと思ったが、横に気を取られ見た瞬間に飛ばれ飛び出しは撮れず。今年何回目かな・・・
20021701

20021702

20021703

20021704

20021705

20021706

20021707

20021708

20021709

20021710

20021711

20021712

20021713

20021714

20021715

20021716

20021717

20021718

20021719

20021720

20021721

20021722

20021723

20021724


20021725

 

撮影機材:D500、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:379枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った

 今シーズンのオオワシ撮影も今日で何とか30回に到達した。次回は土曜日を考えているが、明日帰らないやろな~。

今日は湖岸での撮影、D500と500mmf5.6をメインに、Z50とTa18-400mmも試写で持って行き僅かだが撮影した。漁の瞬間に遭遇したが遠すぎて暗かったこともあり、途中で見失いシャッターを押すのを一旦止めたので、横向きの魚キャッチの瞬間を撮り逃がした。撮っていてもまともに撮れる距離では無かったのでエエやろう。

今日は、D500と500mmf5.6の画像を掲載、疲れたのでコメントは無しで画像のみ張り付ける。

画像はトリミングで3倍に拡大

20021301 20021302 20021303 20021304 20021305 20021306 20021307 20021308 20021309 20021310 20021311 20021312 20021313 20021314 20021315 20021316 20021317 20021318 20021319

この1枚はノートリ
20021320


20021321 20021322 20021323 20021324 20021325 20021326 20021327 20021328 20021329 20021330 20021331 20021332 20021333 20021334 20021335 20021336 20021337 20021338

以下4枚、ノートリ
20021339 20021340 20021341 20021342


撮影機材:D500、500mmf5.6、手持撮影  834枚
     Z50、Ta18-400mm、手持撮影  95枚
移動:車、歩き  天気:曇り一時晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅨ(2/2) D850と600㎜f4での撮影

 今日も天気が良さそうなので湖北に行きたかったが、昨日の疲れが残っており止めた。地元ブラブラと思ったがこれも止め撮影休みにした。Z50のキャッシュバック申し込みの封筒を出すため郵便局に行き、マイナンバーカードの電子証明書の期限が迫っていたので、更新手続きで市役所に行ったが何に使うのかよく分からない。
昼頃、湖北で知り合ったカメラマンさんから電話が入り、オオワシがトンネルを超えて消えたので北帰か思ったが、30分ほどしたら山に戻っていたとの話。北帰のつもりで飛び途中で止めて引き返したのか、今日も準備の慣らし飛行か、それとも餌探しの飛翔だったのかオオワシに聞かないと分からないが、北帰近しは間違いない。今シーズンは35回行くことを目標にしたが達成出来そうになく、せめて30回で後1回は行きたい。天気次第だが、最後の週まで居れば3回ぐらいは行けるかな。

  
昨日のD850と600㎜f4の画像を掲載
昨日帰ってからざっと見た時には、前半の画像が全てボケだったのでショックだったが、今日じっくり見ると昼からの画像は枚数は少ないがほぼいつも通りだった。撮影場所は、正面道路の前が人で満杯だったので一つ北の水路から撮影した。ここからの撮影は晴れの日の午前中は、逆光気味になるのでアカンが、昨日は朝の内は曇りで途中から日が時々差したが問題ない条件だったと思う。特に北側に飛んでからの画像も総ボケ(モジャモジャ)、湖北での撮影経験から大気条件が悪かっとは思わず  ”なんでや~”  でカメラお陀仏と思いショックだった。今日、じっくり画像を確認すると昼からの画像はほとんどそれなりに撮れていたので原因を考える。昼頃に一度Z50に付け替えており再度D850に変えてからの画像が良くなっていた。マウントの接点の接触不良?・・・昔のカメラで接触不良で真っ黒になり撮れなくなった経験は何度もあるが、最近のカメラはガタが少なくなったのか症状は出ていない。マウントの接触等の不具合でAFだけがおかしくなるような現象が出るのかな?、AEは問題無かった。とにかく、遠征やひとっ走りでD850を使うの止め、地元での撮影でもう少し様子をみよう。先日も地元の撮影で1日の撮影で、良かったり悪かったりの現象が出ていたがAFダイナミックの点数や手振れと思っていたが、これからは頻繁にモニターで拡大して見ることにする。

トリミングによる拡大は3~4.5倍

朝の止まりもの2枚、拡大以外は無修正
01dsc_49901

D850と600㎜f4の止まりもの三脚撮影でこんな画像しか撮れないとカメラとレンズが泣く。300㎜f4+TC14Ⅲの手持ちなら時々(しょっちゅうか?)こんな画像もある。
02dsc_50841

午前中のボケ画像連発の中に3枚まともな画像があった。その内の2枚
03dsc_5165

04dsc_5187

昼からの撮影
トビに攻撃され応戦する
05dsc_5530

06dsc_5531

07dsc_5532

08dsc_5535 

数分でフワッと飛んだ
09dsc_5543

10dsc_5544

11dsc_5545

12dsc_5546

13dsc_5551

14dsc_5552

15dsc_5565

16dsc_5566

17dsc_5571

18dsc_5576

19dsc_5580

20dsc_5581

21dsc_5587

22dsc_5588

23sc_5590

24dsc_5652

25dsc_5658

26dsc_5665

27dsc_5673

28dsc_5685

29dsc_5703

30dsc_5801

31dsc_5818

32dsc_5820

33dsc_5856

34dsc_5872

 35dsc_5874

36dsc_5877

37dsc_5893

38dsc_5901

39dsc_5911

1200Pixel等倍画像、等倍まで拡大するとZシリーズの方が奇麗かな?
ピンズレとか個体差があると思うが、D850の画像を特に奇麗とは思わない。現状の一眼レフではD5がNO1でD850はNO2、まともな時はトリミング画像でもD500より奇麗と思っていたが、落としてからは・・・・
40dsc_5973

| | コメント (0)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅨ(1/2) Z50での撮影

 昨日はよく飛んでくれたがかなり高いところを何度も旋回した。毎年この時期に見られる北帰への準備で、今シーズン絶好の飛翔撮影の日で撮り捲くるも、メインに使ったD850の不調で残念だった。前日の夜はD5とTC14Ⅲを持って行こうとリュックに入れ準備していたが、朝になってZ50と300㎜f4+TC14Ⅲをオオワシでチェックしようと、少しでも軽くなるようD5からD850に変えた。D500も考えたがZ50と同じAPS-C機なので止めたのが間違いだった。D850と600㎜f4の画像の大半が没になり不運だったが、Z50では撮れたのでサブに持って行って良かった。

Z50の画像は何度見ても奇麗、等倍拡大画像が普通に見られるのはZ6に同じ。ただ、飛びものを追うのにAFが劣り、オオワシ相手の連写しまくりではシャッターを押すのを一旦止めると、カードへの書き込みのブラックアウトでファインダーが真っ黒、シャッターを押せば見えるようになるが(昨日分かった)、立ち上がりにタイムラグがありオオワシを見失うことが何度もあった。連続撮影枚数全て撮ってからシャッターを押すのを止めれば良いが、完全に捉えて追い続けるのはこのカメラでは無理がある。連写、連写で追いつ続ける猛禽の手持ちでは、メインで使うのを止めた方が良いか・・・Z6は気がつかなかったが同様なのかな? 一発勝負のカワセミ水際なら、このブラックアウトは問題無いがAFが・・・・。


Z50の画像を掲載
D850はよく分からいがAFが不安定になっているようで、撮影枚数1000枚に対し修正すれば見られる画像があるようなので、整理して(2/2)で掲載する。

●レンズ300㎜f4+TC14Ⅲ手持撮影
駐車場から麓に向かって歩いている時に飛んできた。首にぶら下げていたので即撮影、ピントが合い難く一旦ピントが外れると中々合わずで近かったに枚数稼げず。AF-Cシングル(試しに変えていた)だったが、レンズのフォーカスがFULLになっていた。近くでは図体のデカいオオワシなのでシングルではなかなか合わず、FULLなので迷い続けたのだろう。
01dsc_1465

朝は田んぼに雪が残っていたので照り返しがある。
02dsc_1466

麓に着いて止まりものを1枚
D850の画像は全てバックの枝にピントを取られていた。
03dsc_1493

クマタカ
D850で十分撮れたと思ったが、少し長い時間飛んでいたのでZ50と300㎜f4+TC14Ⅲではどうかで撮ってみた。
1200Pixel等倍
04dsc_1511tobai



●600㎜f4、三脚撮影
何度か飛んでくれ飛ぶ時間も長かったのでZ50でも撮ってみた。一眼の中では中級・上級機に比べ安いカメラだが写りは十分と思う。カメラは新しく発売されれば画像は奇麗になっていくようだが、そろそろ限界でこれからは高感度画像が益々良くなるのかな。
05dsc_1553600 

遠くを10数枚連写し遠かったので一旦シャッターを押すの止め、間をおいてシャッターを再び押したがモタモタしてオオワシが目の前に来ていた。一眼レフでも多少もたつくが直ぐにピントが合う。
06dsc_1562600

07dsc_1564600

山の斜面の前で旋回、斜面の前でまともに撮れたのはこの1枚
08dsc_1569600

近くを飛んだが逆光気味
09dsc_1593600

10dsc_1607600 

着木の瞬間、何故かピントが合ったいた。オオワシの近くにピントがあったのかな?
11dsc_1642600

12dsc_1644600

13dsc_1653600

14dsc_1675600


●再び300㎜f4+TC14Ⅲ 画像は全て1200pixel等倍
日が高くなると飛翔は青空バックでもアカン、
15dsc_1755tobai

16dsc_1764tobai

17dsc_1777tobai

18dsc_1798tobai

石川の方に飛んで行ったのをとことん追った。
19dsc_1806tobai

山の斜面の木に止まる
20dsc_1810tobai

何処かにピントが合っているのだろう
21dsc_1818tobai

22dsc_1824tobai

ノートリ画像 
23dsc_1848tobai

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧