オオワシ

2020年1月26日 (日)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅣ(2/2) 飛翔

日曜日で撮影休み

 昨日来ていた京都の知り合いのブログを今朝に見ると、私が帰ってから飛んで魚を捕りいつもの低い場所で食べたようだ。湖北を後にしてどのくらいの時間が立ってからか分からないが、しんどくて帰ったので仕方なし。暖冬だが風が強いと寒くてたまらない、車に入るとホッとするが出る気がしなくなる。画像を見る限りかなり近かったようだが後ろ向き、待つ場所を何処にするかだが、北寄りの風が強いと尾上漁港方面かトンネルの方に行かないと、漁(拾う)の場所が湖岸から近くても横から撮るのは無理のようだ。距離が離れるとまともに撮れないので、工場横から沼横辺りで漁は後ろ向きでも、魚を掴んで近くを飛ぶのを期待するのが無難かな。
北帰まで1ヶ月近くあると思うので機会はまだ残されているだろう。

一昨日のオオワシ飛翔、Z6と500mmf5.6+TC14Ⅲの700mmでの撮影で距離が少し遠かった。
画像は適当に抜粋、全て1200Pixel等倍で約4.9倍の拡大

01dsc_3052 02dsc_3110 03dsc_3113 04dsc_3115 05dsc_3128 06dsc_3159 07dsc_3166 08dsc_3183 09dsc_3189 10dsc_3234 11dsc_3457 12dsc_3465 13dsc_3564 14dsc_3569 15dsc_3578 16dsc_3610 17dsc_3629 18dsc_3658 19dsc_3660 20dsc_3670 21dsc_3671 22dsc_3753 23dsc_3757 24dsc_3930 25dsc_3985 26dsc_4016 27dsc_4018 28dsc_4036 29dsc_4048 30dsc_4055 31dsc_4057 32dsc_4062

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅤ D500と300㎜f4+TC14Ⅲで麓をウロウロ

 朝の4時半に目が覚める。昨日寝たのが9時過ぎだったので7時間ぐらい寝ているが、昨日の疲れで体が重くて怠くしんどかった。6時ぐらいになると体調が回復してきたので、今日もオオワシに行こうと準備した。来週は天気が悪く行けないかも知れないとの思いで決断。休日なので人手が多いだろうと今日も手持ち、しんどいのでD500と300mmf4+TC14Ⅲにしたが、麓で何ヶ所か移動して撮影したが十分だった。
天気予報では風速3m、オオワシが良く飛ぶと期待して行ったが、魚持ち帰りこそ無かったが期待通りで、満足して1時前に引き上げた。


画像はトリミング3倍に拡大
500mmf5.6に比べれば劣るが、楽して撮るので仕方なし。撮影条件は昨日より良かったがD500は思っていたより振るわず、Z6ほどではないがボケ画像が多かった。焦点距離が少し短いのとTC装着のせいかな?

9時半頃に到着、オオワシは松の中に居た。着く前に琵琶湖に飛び獲物無しで帰ってきたそうである。20012501

正面道路に行った。
20012502

15分ほどで飛んだが、北では無くセンター前方向に飛んだ。
20012503

5分ほどで帰ってきたが、センター方向からではかなり南で遠すぎた。獲物はハジロカイツブリと思ったが、はっきりと確認した人の話ではキンクロハジロとのこと。
20012504

入った場所も塒付近と思っていたが、もっと南の研修センター辺りとのことで見に行った。
20012505

研修センター奥の茂みに居ると聞き、センターフェンス外周の道から奥に行った。軽トラが通れるくらいの道があり、数年前にオオワシが止まったので撮りに行ったことがある。茂みの中でトビの攻撃を受けていた。
20012506

飛びだしたので連写
今日一番の見せ場だが、ボケ画像が多くクリーヒットは5割ぐらい。抜き取りで掲載。
20012507

20012508

20012509

20012510

20012511

20012512

20012513

20012514

20012515

20012516

20012517

20012518 

塒辺りに入ったが、まだ期待できると期待していたら、50分ぐらいで出てきてお立ち台に止まる。
20012519

20012520

20012521

20012522

20012523

20012524

麓の道路沿いに移動
20012525

50分後の11時40分ぐらいに飛んだが、琵琶湖に出ず数回旋回してまたしても塒方面に入る。
20012526

20012527

20012528

20012529

20012530

20012531

20012532

20012533

20012534

様子を見に行くと枯れ松に止まっていた。
20012535

昼食のサンドウィッチを食べ12時過ぎに麓を離れ沼横の駐車場に向かったが、食後のデザートと東屋に行き、よもぎ大福を食べていて何気なく山を見るとカメラが斜面に向いている。北に飛ぶかもと期待して待つことに、飛べば麓道路に急いで行けば魚持ち帰りを近い距離で撮ることが出来る。中々飛ばず1時前に諦めて引き上げたが今日も満足、今年は暖冬で雪も降らないが後1ヶ月も居るかな?
20012536  


撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲm、手持撮影  撮影枚数:428枚
移動:車、歩き  天気:曇り時々晴
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

オオワシⅩⅩⅣ(1/2) 何度も飛んで良かったが・・・

 湖岸で手持ち撮影、レンズは迷わず500mmf5.6だが、カメラはAFのD500か写りのZ6かで迷いZ6にした。良かったか悪かったかはどちらとも言えない結果だった。
オオワシはよく飛んでくれ、今シーズン行った中では最高のサービスだった。麓に立ち寄った後湖岸の工場前で待ったが、12時半頃に大きなフナを捕り塒の少し上で食べた後センター前に飛び、しばらくして帰ってきて斜面の枯れ木に止まる。琵琶湖に向かって風が強かったため体を屈めて止まり、今にも飛びそうに見えたので2時まで粘ることにした。2時前に今日はこれで十分と沼横の駐車場に向かったが、しんどかったので途中の東屋で休憩がてら画像を確認していると飛びよった。時間は2時15分頃で、石川(?片山かな)あたりの山の上で旋回、琵琶湖に出たり山の向こうに消えたりを繰り返していたが、山本山に戻ってきたので引き上げた。夕食後、野鳥センターのオオワシ情報を見るとオジロワシが山本山に登場したと書かれていたが、何とオオワシが飛んでいた時刻だったが全く気がつかず。残念、無念!

遠い漁の瞬間(ただしボケ画像)と魚持ち帰りが撮れたが打率は2割程度、条件が悪かったことも有るがZ6の画像は上下左右に踊っていた。ヒットは全てクリーンヒットだったので、これはこれで良かったのだろう。

取り合えず、遠い漁の瞬間(後姿で残念)と魚持ち帰りを掲載
画像は最後の2枚を除き全て1200pixel等倍、D500ではここまで大きくすると画像がかなり劣化する。

01dsc_3254

02dsc_3258

03dsc_3268

04dsc_3278

05dsc_3283

06dsc_3284

07dsc_3285

08dsc_3286

09dsc_3287

10dsc_3290

11dsc_3306

12dsc_3309

13dsc_3315

14dsc_3325

15dsc_3330

16dsc_3336

17dsc_3346

18dsc_3353

19dsc_3355

20dsc_3359

21dsc_3363

22dsc_3364

23dsc_3373

24dsc_3380

25dsc_3384

26dsc_3389

27dsc_3391

28dsc_3393

29dsc_3409

30dsc_3430   


撮影機材:Z6、500mmf5.6+TC14Ⅲ(無し)、手持 撮影枚数:1362枚
移動:車、歩き  天気:曇り一時晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅢ(2/2) 木の中から飛び出し高い木に止まるまで  

雨で撮影休み

 昨日、低い木の中に入った時に近くまで見に行ったが、カメラマンが10人ほど脇道に集まり見上げて撮っていた。機材を持っていなかったので飛び出しを期待して直ぐに元の場所に戻ったが、手持なら近くで撮れただろう。ただ、小枝がかなり被っていたので、ボケて消えるか画像に残るかは撮った人にしか分からない。
用水路横の道からピンポイントながら見える場所を教えてもらい飛び出しを狙ったが、飛翔の画像がもう一つだったのでTCを外した。場所が低く食べていなかったので長居はせず、再び獲物狙いに入るだろう思っていたら、直ぐに飛び出し南へ向かった。塒付近に入るかと思ったらそのまま見えなくなったが、旋回しただけなのか直ぐに戻り少し高い斜面の枯れ木に止まった。ここで帰れば良かったのだが太陽も雲に隠れ絶好の明るい曇り空、もう一度飛ぶと期待して粘ったのが間違い。2度ほど飛ぶ姿勢を見せたが飛ばずで、雲が厚くなり暗くなったので2時過ぎに引き上げた。その後はどうだったのかな~?

  
画像は連写からの抜き取りでトリミングで3倍に拡大
日が差しており画像は、獲物持ち帰り時よりはマシだったがアカン。正面道路だったらもう少し解像したかも知れない。

01dsc_2070 02dsc_2072 03dsc_2073_20200123083001 04dsc_2074_20200123083001 05dsc_2075_20200123083001 06dsc_2076 07dsc_2077 08dsc_2078 09dsc_2079 10dsc_2080 11dsc_2081 12dsc_2082 13dsc_2088 14dsc_2090 15dsc_2091 16dsc_2092 17dsc_2093 18dsc_2094 19dsc_2095 20dsc_2100 21dsc_2103 22dsc_2104 23dsc_2105 24dsc_2107 25dsc_2126 26dsc_2133 27dsc_2138 28dsc_2143 29dsc_2166 30dsc_2171 31dsc_2181

この画像のみノートリ
600mmのTC無しでは遠すぎる。
32dsc_2197

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

オオワシⅩⅩⅢ(1/2) 田んぼの農道から魚持ち帰りが撮れたが画像ボロボロ

 D5とロクヨンで魚持ち帰り狙いで行った。9時過ぎに着いたが曇り空だったので、漁港方面からの獲物持ち帰りを狙い、北側の田んぼの中道に機材をセットする。10時57分頃に飛んだが日が差していたので”アチャ~”。行きはそれなりに撮れたが魚を掴んで帰ってきたのは、何処にピントが合っているか分からない薄らボケ画像ばかりでガッカリ。山に沿って低い場所を飛んできたが、魚が大きくて高く飛べなかったのか低い場所の灌木の中に入ってしまった。麓道路のわき道に入ると見れたが枝被り、大砲の三脚撮影だったので機材は持って行かず。魚を落としよったがボテ~という音が聞こえたので、かなり重量のある魚だったようだ。麓で撮っていた人は、かなり良い画像が撮れただろう。
灌木から飛びだして再び高い木に止まったので、もう一度行くと期待して待つ。昼頃には明るい曇り空で絶好の撮影条件になったが、2時頃には暗くなり奇麗には撮れないと諦めて引き上げた。昼前に帰れば良かった。


琵琶湖へ一直線 トリミングで2.7倍に拡大
飛び出しも狙っていたが、沼横の木にノスリが止まっていたので撮って、振り返った時に飛ばれ一瞬目に入ったが撮れず。
20012201

20012202

20012203

20012204

20012205

20012206

20012207

20012208

20012209

20012210 


魚持ち帰り トリミングで3倍に拡大
もう少し近くから撮っていればマシに撮れたと思うが、漁港方面からの帰りを狙っていたので仕方なし。
通常に比べかなり修正しています。
20012211

20012212

20012213

20012214

20012215

20012216

20012217

20012218

20012219

20012220

20012221

20012222

20012223

20012224

20012225


ノスリ 1200pixel等倍に拡大
周囲に小さな虫が大群で飛んでいるが、カメラの周りも飛び煩わしかった。
20012226

木の中からの飛び出し、飛翔、高い木への着木も撮っているが、明日に整理して掲載。


撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ(無)、三脚撮影  撮影枚数:721枚
移動:車、歩き  天気:曇り時々晴後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

オオワシ 湖岸から山の麓の飛翔を手持ちで撮る(昨日の残り画像)

 昨日の撮影で右腕の肩から少し下の筋が痛い、筋肉疲労かな。昨日の夜よりマシだが撮影休みとすろ。D500と500mmf5.6の手持ち撮影、軽量とわいえ2.5kg近くある。湖岸から遠くを撮影すると角度水平に近く、麓に比べると腕力を必要とするのか、山に沿って北へ飛んだ時の撮影は途中で腕が振るえた。


掲載は湖岸から撮った飛翔
昨日は山の麓に居れば万歳三唱だっただろう。湖岸の立っていた場所からの距離は、GoogleMAPの距離測定機能を元に推測すると1km前後(山の前の道路あたりまで平面の直線で約800m、山から離れたり近づいたりだったので)だろう。日差しがあればボケボケでまともに撮れない距離だが、曇り空だったので見られる程度には撮れていた。
この距離になると大砲の三脚撮影も軽量機材の手持ちも、まともに撮れないので大した違いは無いだろう。オオワシが山の斜面に近いので、ピントもバックに取られようが、どうしようが大した違いは無いだろう。オオワシにピントを合わせるのは至難の技と思う、適当にシャッターを押せば何かが撮れる。
普通は撮る距離ではないが、ボケッと見ていても仕方ないのでシャッターを押している。近くで撮れた画像が多ければ即ゴミ箱行きの画像ばかりだが、撮れなかった日は記録として残しておこう。

画像は全てトリミングで1200pixel等倍(4.56倍で3400㎜相当)に拡大

01dsc_0781 02dsc_0785 03dsc_0790 04dsc_0796 05dsc_0799 06dsc_0800 07dsc_0807 08dsc_0857 09dsc_0863 10dsc_0869_20200121095801 11dsc_0898 12dsc_0899 13dsc_0914 14dsc_0915 15dsc_0923

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

オオワシⅩⅩⅡ 9時半頃から3時前まで湖岸で待ったが漁見られず

 9時過ぎにセンター駐車場に到着、最初にセンターに入り野鳥写真コンテストの応募用紙を貰い、クロサギが居てるとのことで撮りに行った。これが今日の失敗だった。漁港横の防波堤に居るとのことで行ったが飛び去った後で、旅館の後ろから漁港にミコアイサが居ないか見ていると、取水塔にオオワシが止まっていた。数枚撮ってから漁港に向かったが、港内に入った時には山に向かって飛んだ後だった。居た人に聞いたら獲物を落としたとのことで、ならばもう一度飛んで捕るだろうと期待していつもの場所で待つ。まだかまだかと思っていたら、12時頃に飛んだのでやっとかと思ったが何回か旋回して再び木に止まった。それから2度ぐらい飛んで、2時15分過ぎぐらいには山沿いに北へどんどん飛んだが、結局降下せず引き返し集落奥の山の斜面の木に止まりよった。時間切れ、麓に行って止まりものを撮って引き上げた。
湖岸での撮影は場所の選定が難しい、集落前なら飛翔ぐらいは大きく撮れただろう。何処で降下するか分からない、同じ場所で待てばその内撮れる範囲で降下してくれると期待している。以前は、降下した場所を見てその場所近くに行ったりしたが、逆を突かれたことが何度かあったので場所を2ヵ所に固定している。
コハクチョウ、ミサゴ、その他水鳥をかなり撮ったので撮影枚数は増えた。機材はD500と500㎜f5.6の手持ち撮影、風が強くオオワシの飛ぶ速度が遅かったので、追い続けるのがしんどかった~(肩が痛い)。


画像はトリミング4倍に拡大(3000mm相当)

10分早ければ良い画像が撮れただろう。
20012001

20012002

20012003

20012004

ミサゴがオオワシめがけて急降下
20012005

山枯れ木のオオワシ
麓なら絶好の飛び出し狙いのポイントだったのではないか
20012006

2度ほど木移りしたが、湖岸からでもカメラ越しなら飛び出しが見えた。
20012007

20012008

山沿いにどんどん飛んだので、何処でもよいから降下してくれと思ったが思い通じず。
20012009

20012010

20012011

20012012

20012013

20012014

20012015

20012016

山の麓からの撮影
20012017

20012018

20012019 

撮影機材:D500、500mmf5.6、手持撮影  撮影枚数:721枚
移動:車、歩き  天気:曇り後時々晴
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅠ 9時から2時過ぎまで飛ばず

 最近のオオワシ撮影、もちろん奇麗な画像を撮りたいが、そこそこの画像で良いから何枚連写に成功するかに重点を置いている。一昨日はD500と600mmf4で連写したので、今日はZ6と600mmf4+TC14Ⅲを試そうと持って行った。場所も一昨日正面道路だったが、同じような画像を撮っても仕方無いので北の農道に変えた。残念ながら飛ばずで2時過ぎに諦めて帰った。

飛びもの無し

20011601 20011602 20011603 20011604 20011605 20011606 20011607 20011608 20011609 20011610 20011611 20011612 20011613 20011614 20011615


今日の朝に月を撮影したD850の歩留まりの悪さが気になる。
たまたま、近くに居た人がD850とハチゴロウ撮っていたので、画像を見せてもらったが奇麗。猛禽主体の人のようで、カワセミ70%に猛禽30%の私とは猛禽撮影の腕は違うと思うが、画像の奇麗さが違い過ぎる。レンズはハチゴロウとロクヨンで違うが、それ以上の違いのように思った。D5も使用していたがD850に変えてから処分したとも聞いたが、私のD850はD5に比べてトリミングで大きく出来るが、近い距離の画像の奇麗さはD500よりは良かったが、D5ほどスッキリした画像は少なかった。外れだったのかな? 朝の月の画像の歩留まりは、この話に関係なく1年前にコンクリに落としたダメージが最近促進されて出ているような。
タカの渡りで上手く撮れなかったが、大気条件の悪さと思い気にしなかった。その後カワセミでロクヨンに付けたが、簡単に撮れるカワセミの止まり木止まりものがまともに撮れず(歩留まりが悪い)で帰ってから驚いたのが始まりだった。AFロックオンの設定を変えたかと思い再チェックしたが変えていなかった。
お陀仏近しというところかも知れないが、オオワシでもう一度使ってみるか、昨シーズンは何度も使ったが問題は無かった。不調だったらボケ画像しか撮れない・・・修正してもボケならブログに掲載できない、数枚良いのが撮れれば何とか・・・


撮影機材:Z6、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚(手持ち)  撮影枚数:351枚
移動:車、歩き 天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

オオワシ2019-20ⅩⅩ(2/2) 止まりもの

 山本山のオオワシ、止まりものは距離が近くないと奇麗に撮れない。昨日の距離は140mぐらいだろうか、後ろが抜けており大気状態も良かったのか奇麗に撮れた。滅多に無い撮影条件だったと思う。

残り画像で止まりものを掲載

エンジェルポーズ
01dsc_9862

02dsc_9867

03dsc_9870

04dsc_9875

05dsc_9876

06dsc_9880

07dsc_9883_20200115122301

08dsc_9885_20200115122301

09dsc_9891

10dsc_9893

1200pixel等倍に拡大
11dsc_0023

12dsc_0060

獲物を持って帰ってきて木に止まってから
いつものことだが少し時間をおいて食べ始める。飛んで帰ってきて息を整えているのか?
13dsc_0246

14dsc_0251

15dsc_0252

16dsc_0253

17dsc_0256

18dsc_0267

19dsc_0271

20dsc_0289

21dsc_0302

カラスがちょっかいを出す。1羽だったが複数羽おれば煩わしくて逃げる場合もある。
22dsc_0336

23dsc_0370_1

食べ終わって嘴の掃除か枝を噛む。
24dsc_0431

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

オオワシ2019-20ⅩⅩ(1/2)  麓撮影では、これまでで最高の連写画像が撮れた

 オオワシも残り40日ぐらい、そろそろ本格的に湖岸で漁の瞬間を狙いたいが、まだ麓で飛び出しと魚持ち帰りの満足できる画像が撮れていない。最近、北西や北で魚を捕るようになったとうで期待して麓で待った。レンズはロクヨン、カメラは写りのZ6かAFのD500かで悩んだが、AF優先でD500にした。珍しく抜けた見やすい場所に止まっていたので期待したが飛ばずで疲れた。朝の内は晴れで奇麗な止まりもは撮れなかったが、途中から明るい曇り空になり絶好の撮影条件。昼を過ぎても飛ばずで今日は飛ばん日かと思い始めた1時前に、目視でも分かる飛ぶ態勢になったので気を引き締める。必ず飛ぶと思ったので連写を初めて直ぐに飛んでくれた。方向は漁港方向、帰りも北西から山に向かい斜面に沿って正面に帰ってきたので十分撮れた。
オオワシ撮影を始めて10数年、麓での飛び出しと魚持ち帰り撮影ではこれまでの最高画質で、腕を上げたと自己満足出来る日となった・・・実際は、明るい曇り空で最高の撮影条件だっただけのことと思う。
次回は、もう一度麓でZ6と600mmf4を使用するかな? 湖岸はその後でも良いだろう。


画像は、トリミング約2.7倍に拡大しているが他は無修正、これまでに麓の撮影で無修正画像なんて有り得なかった。

●飛び出し連写
空抜けで遠くなるまでに42連写したが、チョイボケが2枚で他は自分の腕では完璧だった。
18連写を掲載
20011401 20011402 20011403 20011404 20011405 20011406 20011407 20011408 20011409 20011410 20011411 20011412 20011413 20011414 20011415 20011416 20011417 20011418


●魚持ち帰りの連写  
山の斜面近くを飛んだので、ピンズレのボケが何枚かあった。
抜き取りで掲載
20011419 20011420 20011421 20011422 20011423 20011424 20011425 20011426 20011427 20011428 20011429 20011430

  

撮影機材:D500、600mmf4、三脚撮影  撮影枚数:605枚
移動:車、歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円  

| | コメント (0)

より以前の記事一覧