野鳥色々

2020年7月 2日 (木)

地元ブラブラでチョウゲンボウにヒメアマツバメ・・・D6予約した

 D6と70-200㎜f2.8を購入した。川に行く前にキタムラに寄り、下取価格の大よそを聞き昼からもう一度行って、下取り価格のアップ交渉に難航したが1時間少々で話を決めた。下取りは600㎜f4、D5、70-200㎜f4、Ta18-400㎜、何でも下取り15,000円でSX9900、追加費用は40,000円で特別給付金の残りを充当する。今回の主な目的は600㎜f4の処分で、重くて連続して3日ほど担いで歩くと、その後決まって腰の調子が悪くなり、使用機会がオオワシ、最近営巣しなくなったチュウヒ、使う必要が無いチョウゲンボウの定点撮影ぐらいしかない。オオワシの画像を再確認し500㎜f5.6で大丈夫と判断し処分を決めた(前から大丈夫と思っていた)。D5で十分なのでD6はどうでも良かったが、現金で貰っても仕方がないので購入することにした。70-200㎜f2.8は、鳥を入れた風景を近くからズームで撮ろうかと思っての購入、実際に撮影にハマるかどうかは分からない。D6の納期は全く未定、機材はすべて渡したので当分はD500で撮るが、目ぼしい鳥もいないので問題は無いだろう。D6が入れば500㎜f5.6で撮りまくるぞ言いたいところだが最初だけだろう。600㎜f4は、最近鳥撮カメラマンとしてのステータスとして所有、オオワシ撮影現場など大砲が並ぶところでも気後れしないということで持っていたようなもの。

600㎜f4の使用期間は4年少々、使用回数が少なく費用の回収は全く出来ていない。常日頃体を鍛え体力を維持しているなら別だが、何もせず撮影に出ているだけなら担いで歩ける期間を考えると要らぬお世話だが ”60半ば近くになって重量レンズを買うのは止めた方がよろしおまっせ~” というのが前期高齢者になって使っていた者からの助言です。今でもD5を付けて止まりものなら重さに耐え手持ちで撮れ、1kmぐらいは担いで往復出来るがしんどいです。これぞロクヨン画像と胸を張れるのは年100枚も無い。
D6を入手すれば500㎜f5.6PF装着の手持ちを中心にして狙いによっては三脚使用で撮影を楽しむ。

尚、D850の修理不可との回答があった。ニコン横浜と相談の上とかの話だったがやはりというところ、以前にニコンに持って行ったが修理しないとの話をしたためニコンに忖度したのと違うか~(多分?)、正直に要らぬ事を言わない方が良かったような。何でも下取り行きになりにけりだが、修理出来たとしても元の状態にはならずD6の使用機会が増え、無駄な出費が抑えられたと前向きに考えよう。

  
今日は地元ブラブラでチョウゲンボウとヒメアマツバメが撮れた。

チョウゲンボウ
20070201

20070202

20070203

ヒメアマツバメ
20070204

20070205

イワツバメ等倍画像
20070206


東京でコロナが急増、今後重傷者がどのくらい出るか不安だが、今の生活(マスク着用、人の多い所に行かない、電車には極力乗らない・・・普段の生活と大して変わらないか)を続けるしかない。マスクの買い置きが出来て良かった。



撮影機材:D500、70-200㎜f4、手持撮影  撮影枚数:104枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

地元ブラブラでアオサギ

 昨日の夜はなかなか眠れずで寝不足、しんどかったが10時頃から2時間ほどブラブラ歩いた。ササゴイをよく見た時間に合わせたのだが、上流から出合まで歩き姿見ず。代わりにアオサギで粘ったが粘るのは初めてと思う。野鳥を撮り始めた15年ほど前は、アオサギも珍しいと思ったので何度も撮ったが、最近あまり興味は無いが機材の設定チェックでよく撮っている。

機材は、D500と70-200㎜f4を持って行ったが、サギ類の大きさなら十分。


20070101

20070102

20070103

20070104

20070105

20070106

20070107

20070108

20070109

20070110

20070111

20070112

20070113

20070114


ショウドウツバメかな、ならば初撮影
今日は橋の周辺のイワツバメがほとんどおらず、数がかなり減っていた。一昨日電線にかなりの群れが止まっていたが、どこかに群れで移動したのかな。
20070115

コシアカツバメ
20070116

カモ親子
先日見た子が9羽の親子、雨の増水で流されたかなと思っていたが健在だった。
20070117



撮影機材:D500、70-200㎜f4、手持撮影  撮影枚数:304枚
移動:歩き  天気:薄曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

ゴイサギ

撮影休み

今日から梅雨入り、朝から雨が降るのかと思っていたが曇り空で昼から雨が降り出した。昨日届いた特別給付金の申請書を作成したが、書類記載は簡単で説明書を読む時間を入れても10分もかからない。本人確認用と銀行振込口座確認用の添付が必要で、プリンターのスキャナーで取り込みプリントしようとした時にトラブルが発生した。スキャナーでの取り込みは直ぐに終わったが、プリントが出来ず修正するのに1時間半ぐらいかかった。プリンターの設定がおかしくなっていたようで、色々調べて何とかなったが、いつどのように設定が変わった(変えた?)のか分からず、何が決め手でプリント出来るようになったかも覚えていない。また、不要な操作で生じるかも知れない。

掲載は、昨日D5と500㎜f5.6の手持ちで撮ったゴイサギ
D6の評価をネットで調べたが、写真を撮るということだけに関しては、D5よりAF性能がかなり良くなったぐらいの情報しかなかった。D5のAFもトップクラスと思うが、それより良いとはホンマかいなと思ってしまう。上手く撮れた画像は同じようなもので、歩留まりがさらに良くなるということなのかな。連写コマ数が12枚から14枚になっても、鳥撮影では撮影枚数が増えるだけで大したメリットが無いように思う。20枚ぐらいなら違うと思うが・・・。
これからプロ(使い慣れた人)の評価記事が増えると思うので、どんな評価をするか楽しみではある。


トリミングによる拡大以外は無修正
01dsc_2963

02dsc_2965

03dsc_2968

04dsc_2971

05dsc_2977

06dsc_2978 


オマケでアオサギ
07dsc_3385

08dsc_3388

09dsc_3391_20200611171301 

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

湖北へひとっ走り カンムリカイツブリ

 朝に天気予報を見るとしばらく雨の予報、チョウゲンボウは止めて湖北のカンムリカイツブリに行った。この時期、カンムリカイツブリ親子を撮っているが、雨で川が増水すればどうなるか分からないので急遽行くことにした。
川の状況が例年と変わっており巣は3ヵ所しかなく、2ヵ所は抱卵中だったが1ヵ所は巣だったのか空だった。もう1ヵ所あるとの話だったが分からず。狙いはゼブラ模様の子、川には居らず既に琵琶湖の河口辺りに出ていたが何とか撮れた。少し大きくなっていたのが残念、行くタイミングがよく分からない。親の背中に乗っている子は居た。
カンムリカイツブリの後、湖岸から道の駅東の田んぼをウロウロしたが大した鳥はいなかった。

川でのお見合い、これから繁殖の個体もいる。
20061001 

♂と♀の区別が分からない
20061002

20061003

20061004

20061005

20061006

琵琶湖に居た親子、子は3羽か4羽
20061007

20061008

20061009

20061010

20061011

20061012

20061013

20061014

20061015

20061016

20061017

20061018

琵琶湖でもお見合い中
20061019

20061020


その他の鳥
ゴイサギ
20061021

ホシゴイ
20061022

ミサゴ
飛び込んでくれるのを期待したが旋回して飛び去った
20061023

ヒバリ
畑から飛び出し十分上昇する前に頭上を飛んだので慌てた
20061024

道の駅のツバメ
ここは屋内のトイレの入り口にも巣を作っている。画像は屋外の巣で子は5羽いた。
20061025



特別低額給付金の案内が届いたが、明日にでも処理する。10万円(所得税引かれるのか?)、欲しい物がいくつかあり何に使うか決めていないが、振り込まれるまでに決める・・・物を買うのは止めて伊吹山に10回?、鳥取遠征(密やろな)?、それとも久しぶりに戸隠?
20061026

  
撮影機材:D5、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:731枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

ツバメの空中餌渡し初撮影

 車のガソリン補給で大津へ、補給後に草津の道の駅へ走る。狙いはオオヨシキリの飛翔だったがまともに撮れるチャンスは無し、おまけによく鳴いていたが中々姿を現さずで諦めた。湖岸をブラブラ歩き道の駅横の田んぼも少し歩いたが平凡な鳥ばかり、最後に道の駅近くでツバメの親から子への餌渡しが見られたが、空中餌渡しが何度も行われており1度だけかろうじて撮れた。

●オオヨシキリ
道の駅横での撮影、大修整画像  
20060301

以下のオオヨシキリは湖岸での撮影
20060302

20060303

20060304

20060305

20060306

20060307

20060308

20060309 

●ケリ
逆光でしか撮れず、曇り空だったのでマシ
20060310

● ヒバリ
遠すぎた
20060311

●ホオジロ

20060312


20060313

●ツバメ
空中餌渡しは難しくてなかなか撮れない。ニコン史上最強AFのD6なら撮れるかな。
20060314

20060315

20060316

20060317

20060318

地上での餌渡し
20060319


撮影機材:D850、500㎜f5.6、手持ち撮影  撮影枚数:338枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

撮影休み  在庫から水辺の鳥

 今日は日曜日で天気に関係なく撮影休み

500㎜f5.6の三脚撮影用に、ジッツオのGT2531(所有)とザハトラーのFSB6(新規購入)を考えていた。ロクヨンにはGT3531とFSB8を使用しているが、持って歩くには少し重い。雲台の重さは6も8も大して変わらないが、三脚の重さが750gぐらい違う。車で行って撮影ポイントまで数百m歩き定点撮影ならGT3531とFSB8で問題ないが、電車で行く時や地元ブラブラで数キロ歩く時は過去に数度持って行ったがしんどい。FSB6と8そのものの重さは変わらないので、朝にFSB8をGT2531に着けて持ってみたが、三脚の重さだけの違いで随分軽く感じた。自分の腕力では4kg前後の750gの違いで、重さの感じ方がかなり違うようだ。雲台をいちいち取替るのが面倒、また取替中に落としたりして破損の恐れもあるのでFSB6を買い増ししようと思ったのだが、GT2541とFSB8でもロクヨンを普通に使えれば余分な出費は不要。GT2541の耐荷重は12kgで問題は無し、使用時の揺れとか撓みがどうかで装着して振ってみたがやはり柔い。しかし、それが撮影に影響するかどうかは、実際に使ってみないとわからないかな。大砲の三脚は5シリーズとか4シリーズを使っている人が多いが、飛びもの狙いなのでこれまで3シリーズ十分だった。ただ、風の強い日は転倒に対して不安なので、冬のオオワシなどは風の強さを考えてGT3531を持っていく。

  
掲載は、河川公園の水辺の鳥

チュウシャクシギ
01dsc_1687

02dsc_1696

03dsc_7766

04dsc_7775

05dsc_7781


コチドリ
06dsc_1736

07dsc_1767

08dsc_1770

09dsc_1771

10dsc_1774

11dsc_1775


トウネン
12dsc_1819


<5月の狙いの鳥>
地元のカワセミは不調が続き、ササゴイも姿を見せたが姿を見せることが少なく、イワツバメの水飲みを数日意地になって撮った。チョウゲンボウは、今年も順調で期待通りの撮影が出来ているが少し飽きてきた。これからは、橋の下も狙うが広場に飛べば追いかけて広場で撮ろうと思っているので、近くに下りる回数が増えることを期待している。しばらくはチョウゲンボウに通えるが、巣立ちが終われば何を狙うか、6月半ば以降が問題だ。

2005

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

カルガモ親子の受難

 ササゴイを探して地元ブラブラ歩く。地下鉄に乗りヒクイナポイントへ、この場所から上流へ歩こうと思っていたが、まずはヒクイナの状況を聞くと、昨日は土手の雑草狩りが有りよく出たとのこと。ならば少し様子見としばらく居ると、ササゴイが上流から下流へ飛んで行ったので追いかける。今は姿を見ないハヤブサポイントまで歩いたが姿見ず、代わりにカルガモ親子が居たので少し粘って撮った。今シーズン、マガモの親子は何度も撮っているがカルガモは初。カルガモ撮影後はヒクイナポイントに戻ったが、粘っていると登場したので何とか撮れてよかった。11時を過ぎたのでササゴイ探索は止め地下鉄で戻る。

  
カルガモ親子
川縁の雑草の関係で西側からしか見えないので逆光下での撮影となる。餌を啄みながらの移動で親子が中々まとまらず少し粘る。
何とかまとまって泳ぐところが撮れた。
20053001

♀親と子は8羽
20053002

♂2羽が近づいてきて
20053003

突然♀親に襲い掛かった。無理やり交尾しようと思ったのか、親子にとっては迷惑な受難である。
20053004

子は草陰に隠れたが、子には危害を加える様子は無かった。
20053005

♀親は逃げるのに必死で50mぐらいは飛んで逃げたかな。
20053006

♀親が子の所に帰ってきたが
20053007

再び♂が飛んできて♀親を追いかける。今度はしつこく追いかけよったが望遠が長くて両者が近づいた時以外は上手く撮れず(両者が入らない)。
20053008

20053009

20053010

20053011

しばらくして収まり♀親は子を連れて逃げた。
20053012

20053013

20053014 

♂2羽も少し離れて同じ方向に移動していたので、その後再び襲いかかったかもしれない。
20053015


ヒクイナポイントに戻ると少し大きくなった子を連れたマガモが居たが、珍しく近くを♂が並行して移動していた。普通は♀親のみなので珍しい。
20053016


ヒクイナは、相変わらず警戒心が強く見えるところに出ても短時間。
20053017

20053018

20053019

20053020


ヒクイナポイントにコシアカツバメが飛んでいた。この場所近くでは毎年見ている。
20053021

20053022


撮影の途中、ドラッグストアーへ目薬を買いに行ったが、マスクが何種類か店頭に並んでいた。帰りの地下鉄で乗客のマスクを見て調べたが、アベノマスクを装着している人は見なかった。市販のマスクが手に入るようになれば着ける人がいるのかな。口や鼻を動かせばズレて鼻が出るか上にズレると目の下までくる、体を動かす時には使いものにならず何処かに仕舞っておくで、結局は税金の無駄使い・・・・・小顔の女性ならピッタリサイズ?


撮影機材:Z50、300㎜f4+tc14Ⅲ(無)、手持ち撮影  撮影枚数:418枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:520円(地下鉄料金)

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

オオヨシキリ

 車にガソリンを入れるため大津へ、入れた後はオオヨシキリ狙いで草津に走る。琵琶湖沿いの駐車場は全て閉鎖、烏丸半島も進入禁止になっていたが、道の駅の駐車場は止めれた。ベジショップは閉まっていたが月曜で定休日だったからかな。琵琶湖沿いの駐車場が閉まっているので釣人はおらず散歩やジョギングの人も見かけなかった。道の駅の車はかなり少なく、人も地元や河川公園より少なかった。琵琶湖湖岸に入れず烏丸半島も進入禁止なら、何もない所なので当然だろう。

オオヨシキリは威勢よく鳴いていたが、中々よい所に姿を見せず撮影に多少苦労した。少し粘ったので撮れたが、飛びものは1枚しか撮れずで残念。田んぼも少しウロウロしたが大した成果無し。滋賀に行ったのは4/6以来で、最近は地元と河川公園しか行っていないので気分転換には良かった。次は湖北のカンムリカイツブリかな。
オオヨシキリは河川公園でも鳴いているが、草津の方が密集度が高く撮り易い。ただ、他に撮るものが無いので、この地では一度撮れば良いだろう・・・飛びもの狙いでもう一度行くか?、今日はミラーレスだった。

  
20051801

20051802

20051803

20051804

20051805

20051806

20051807

20051808

20051809

飛びものは10枚ほどシャッターを押したが見られるのは1枚だけ。
20051810

20051811

20051812

20051813 


ケリ
子供がいないか歩いて探したが見つからず。歩いていると親が威嚇で頭上近くまで飛んできたので子供が居たのだろう。
20051814

20051815


コチドリ
20051816

20051817

20051818



撮影機材:Z6、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:825枚
移動:車、現地では歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

 

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

地元 カワセミで始まりカワセミで終わる

 地元のパチンコ屋が営業を再開した。前を通り入り具合を見に行ったが、パチンコ屋でコロナのクラスターは発生していないとかのポスター(張り紙?)が目に入った。確かにクラスター発生のニュースは流れていないが人が集まり空気が悪い、店の中では皆台に向かい面と向かって話をすることも無いが行かない方が良いだろう。家ですることも無くストレスがたまり昼間から酒浸りより、個人は良いかもしれないが・・・。デジカメをやっていない頃なら、朝は散歩で帰ってから昼間からTVの前で酒を飲んでいたと思う。緊急事態宣言の外出自粛要請で、発令前とそれほど生活は変わっていないが、行く場所をかなり限定し人との接触を気にしているので、多少ストレスが溜まりイライラすることはある。今日も現場で見知らぬオバハンの言葉に苛立ちムカムカ。見知らぬ人を避けているのに、近づいてきてどうでも良い話をするのはこの時期止めてくれ~!!・・・寝不足でしんどかったこともあるがムカついたのは反省(多少)。

今日は日曜で撮影休みと思っていたが、昨日撮影仲間からマスクが手に入ったとの連絡が有り、カワセミ撮影がてら譲ってもらいに行った。アベノマスクがまだ届かず洗えるマスクが欲しかったのだが、洗えるのは1枚他の3枚は使い捨だが余裕が出来た。2週間ぐらい同じマスクをしており、交換の頻度を早めたかった。

右は使い捨てで中国製、右は洗えるもので使っているのを1枚貰った。
しかし、コロナ対策で中国製購入とは・・・全世界への出荷で売り上げがかなりの金額になっているそうだが、無料で全世界に配布せい!
Dscn1116

 
今日の撮影は、カワセミで始まりカワセミで終わったが、出が益々悪くなっているようだ。ヒクイナも消えたような話があったが出てきたので撮れた。

最初の撮影はカワセミ♂
20051701

ツバメ
20051702

20051703

20051704

ゴイサギ
1年振りに見たがカメラの電源を切っていたため後姿しか撮れず。
20051705

カモ親子
子は益々大きくなっている。
20051706

20051707

ヒクイナ
20051708

草バックが撮れた
20051709

20051710

20051711

20051712

20051713

20051714

20051715

20051716

20051717

20051718

20051719

20051720

最後の撮影はカワセミ♀
中々出てこずで巣に入ったのかと思ったら登場して餌も撮った。
20051721  


尚、地元の撮影仲間の中での ”ここだけの話" は不要、これからは聞いても喋らないで欲しい。地元の撮影者皆が撮れれば良いと思っているので、聞けば数人の仲間内には喋る。
教えたら直ぐに喋ると言うなら、こちらが聞いてもしゃべるな! ならば当たり前だが、こちらも情報(大した情報は無いが)は一切喋らない。教えてもらわなくても撮りたい鳥の情報は入ってくるがな。


撮影機材:Z6、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:283枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:520円 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

カモ親子

 ササゴイ探索で地元をブラブラ歩いたが姿無し、カモの親子が居たので撮り帰り道でイワツバメを撮影した。外出時間は2時間半、最近睡眠時間が短く(6時間ぐらい)暑くなったこともありしんどい。


カモ親子
最初は出合の堰堤で見た。雛は4羽だったが小さかったのでこれまでのとは違う。
着いた時には親と雛2羽がすでに堰堤を上がっており1羽が上がる最中だった。
20051401

最後の1羽
20051402

ジャンプするが
20051403

20051404 

水に押し戻される。
20051405

流量の多い所でも挑戦
20051406

この場所では明らかに無理
20051407

何度かチャレンジしていたが
20051408

上れないようで上がっていたのが下りてきた。
20051409

20051410

更に下流へ移動、草で見えなくなった。
20051411

1時間半ほどしてからササゴイを待っている場所に登場、何とか乗り越えよった。
20051412

更に上流へ向かう。段差の高い堰堤迄は行けるだろう。
20051413

20051414

20051415


イワツバメ
機材はZ50と300㎜f4+TC14Ⅲ、AF-Cダイナミックでは全く追えず初めてオートを使用し、何とか撮れたがピントの甘い画像ばかりだった。ダイナミックで何度も失敗しながら追うのが良いかな。
20051416

20051417

20051418

20051419

20051420 

20051421

20051422



撮影機材:Z50、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:538枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

より以前の記事一覧