野鳥色々

2020年1月15日 (水)

ハイイロチュウヒ♀ 昨日の撮影

 昨日、昨シーズン知り合ったカメラマンがソニーの機材でピントが甘いと悩んでいた。レンズは200-600mmだが600mmでの撮影でアカンとの話で、近くに居た他のカメラマンは同じ機材でピントが合うとのことから話がややこしくなっていた。最初はカメラの設定がおかしいのかで色々変えていたが変わらず、マニュアルフォーカスなら奇麗に撮れる。以前、シグマ150-600㎜Cの600㎜では純正80-400mmに比べ画像が甘く、400~500㎜にすれば甘くないと感じた経験があり、500mmで撮ればどうなるかみた方が良いとアドバイスしたが、それなりに見られるような画像が撮れたようだ。メーカーに持っていくようだがどうなるのか、もともと超望遠ズームレンズは全領域ピントがバッチリ撮れないようで、最近は単焦点レンズで撮っている。当たり外れがあるようだが、比較的高価な純正レンズを買ってピント甘いてなことが有ればショックを受ける。T端600mmのレンズならT端で一番良いように調整して出荷して欲しいものだ。この話、サービスセンターに持って行って直ぐに現象が出れば良いが、弊社の品質基準内ですと言われれば往生する。購入後おかしい時は、数度の試し撮りで判断せず、色々な設定で調べどのような条件でおかしいかを話さないと相手も理解できないだろう。
自分の場合は、D2XのWBオートでよく全くおかしい色が出たのと、D4のメディア挿入部の蓋がベコベコ動いて(2回目使用時に気付いた)、量販店経由で送り返して見てもらったことがあるが、前者は再現しない後者は弊社基準内ですと返してきよった。DX2の場合は2台体制で撮っていたので問題無く、どういう条件で出るか分かったので、その条件では使わないようにしていた。後者は撮影には問題無かったのでそのまま使用したが、サービスセンターに持って行きもし同様の回答なら、”これが品質基準内か、どんな基準や”と声を荒げれば良かったと今は思っている。この時以来メーカーの品質保証に対する対応に不信感を持っている。
サービスセンターに行くようになったのは数年後、何度か行って担当者と親しくなる必要があるかも。

シグマの150-600mmCは、メーカーにカメラごと送って調整してもらおうかと思ったが、カメラを複数台使用しているので自分で個別にカメラ側で調整しズレているのは分かったが、調整で多少良くなったが500㎜f5.6購入時に処分した。時々飛びものでは奇麗に撮れることも有ったが、少しピントがズレて奇麗に撮れたのだろう。
メーカーでのピント調整、地元の知り合いから聞いた話だが、出してからかえって悪くなり、もう一度(2度?)出してから良くなったとのことで、自分で詳しくチェックして話を持って行かないと相手も分からないようで、作業担当員の理解度とスキルにもバラツキがあるのだろう。

  
掲載は、昨日たまたま撮れたハイイロチュウヒ♀
沼から山に向かって飛ぶ猛禽を見たのでレンズで追ってみた。最初トビかと思ったが羽の裏の色が違いタカ?、取り合えずシャッタを押し画像を確認するとハイイロチュウヒ♀だったので連写した。
01dsc_0032

02dsc_0034

03dsc_0037

04dsc_0042 

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

2019年の鳥撮影を振り返る

今日は撮影休み

ここ数年同じ時期に同じ鳥を撮っている。
今年はハヤブサを見る機会が少なくなりあまり行かなかったのと、春から梅雨明けまでのチュウヒが4月に駄目になり、代わりにチョウゲンボウに通ったのが大きく違う。ヤマセミは行く場所では出が悪くあまり行かず、他の場所で出の良い場所もあったが人が多いと聞き行かなかった。ミサゴも昨年に続き興味が薄れ、遠征が面倒であまり行かず。ササゴイは、色付きのオイカワを捕るところが昨年より多く撮れたので、カワセミ撮影の帰り道ということも有り楽しんで撮った。

機材は新たにZ6と中古の70-200㎜f4を購入した。
チュウヒの撮影回数が少なかったため、ロクヨンを使う回数がかなり減った。今シーズンのオオワシで使わねばと思っているが、動きがこれまでと少し違うので手持ちで様子見をしている。500㎜f5.6が十分代役で使えており、売却しても良いが手放すと二度と手に入れることができないので、気合を入れての撮影でしか使わないが担いで歩けなくなるまで置いておいた方が良いだろう。
ミラーレス一眼に興味を持ち、D7500売却でZ6を購入した。画質はかなり良いがAFが一眼レフに比べ多少劣るように感じる。とは言ってもオオワシ飛翔などは問題無く撮れる。ただ今のところ多少歩留まりが悪いが、もっと慣れれば・・・・。
70-200㎜f4はV3での地元カワセミ撮影用(20コマ/秒での水際狙い)、V3の出番が少ないので不要だったかも知れない。Z6の風景撮影でその使うだろう。

ブログの掲載画像をかなり増やした。
野鳥を撮りドアップにして鳥の表情をPC画面で見るのが野鳥撮影の目的。ブログはその日記みたいなもので、機材のチェックも含め過去どうだったか直ぐに確認できるよう画像を増やした。撮った画像は、普通数10から200枚、1000枚を超える場合は300枚ぐらいを残し、外付けHDに保存している。画像を使用しているのはブログのみなので、保存だけでは意味が無いのでもう少し増やしても良いかもしれないが、契約サーバーの容量制限があるので長く続けようと思うと現状が限度。

 

219年狙いの鳥の集計

2019

  
鳥撮影を始めて以降の累計

20192

  

今年撮った鳥は、♂、♀、幼鳥を別カウントで104種+α。αは抜け分で10種類ぐらいあるかも知れない。狙いの鳥以外は、大半がついでの撮影で何かいれば必ずシャッターを押している。画像をブログ掲載から適当に抜粋し一挙公開

●狙いの鳥
カワセミ
年中追っているが色々な場面が撮れるので飽きることはない。上手く撮れないからだろう、歩留まりよく上手く撮れれば飽きるかな。
01kawasemi

オオワシ
冬場限定だが湖北では良い画像が撮れる確率が低く何度も通っている。北海道のように簡単に撮れれば、奇麗に撮れても直ぐに飽きるだろう。もっとも頻繁には行けないので年1度ぐらいの楽しみになるかな。湖北で撮れる間は行く気はない。
02oowashi

チョウゲンボウ
飛翔だけなら地元でも撮れるが、子育てのシーズンはエサ渡しが見られるので通った。来年もチュウヒがダメなら通うつもり。
03cyougennbou

ハヤブサ
街中のハヤブサに復活して欲しいがどうなることやら?
04hayabusa 

ミサゴ
急降下の着水寸前は難しいが、他は簡単に撮れるので年に2,3回遠征で行けばよい。行けばシャッターチャンスは多いが遠い日が多いのがアカン。
05misago

チュウヒ
チュウヒの餌渡し、今年は何度か行って見たのはこれだけ、この後しばらくして♂を見なくなった。来年は繁殖が復活するかな、飛翔だけなら面白みが無く、餌渡しが撮れてこそのチュウヒ通いである。2月頃になれば様子を見に行く。
06cyuuhi

ヤマセミ
高速使っての遠征でこの場面だけとは情けない。白い部分が白飛びするので撮り難い鳥である。餌取の撮影はカワセミに比べ容易で場所のみが問題。撮影はカワセミの方が面白いが近場に居ないので毎年撮りたいと思う。天ケ瀬で復活すれば、昔のように朝ヤマセミ、後カワセミ、夕方ヤマセミが復活させるのだが。
07yamasemi

ササゴイ
家から歩い行けるのが良い。昨年、巣立ち前に巣のあった木が切られたので心配したが、今年も親に続き幼鳥も登場したので安心した。
08sasagoi

  

●今年初撮影の鳥
湖北でオジロワシを撮りたかったが、昨年に続き行った日には登場せず。年明けに期待する。

アカハシハジロ
オオワシ撮影のついで、頭がデカいのが印象に残っている。
09akahashihajiro

シロエリオオハム
チョウゲンボウを待っている時に通りすがりの何人かに居場所を聞かれ、そんなに珍しいのかと一度だけ見に行った。粘れば近くで撮れたかも知れないが、何枚か撮ってチョウゲンボウに戻った。
10shirerioohamu

  

●その他今年撮った鳥、画像は適当に掲載
ローマ字表記のABC順に並べており名前は省略
11amasagi 12amatsubame 13aobatoosu 14aobatomesu 15aosagi 16arisui 17ban 18benimashikomesu 19cyuusyagushigi 20daisagi 21enaga 22goisagi 23goisagiyoucyou 24hachikuma 25hachikumashiro 26haitaka 27hajirokaitsuburi 28hakusekirei 29hamashigi 30hashibirogamo 31hato 32hibari 33hidorigamo 34hoaka 35hoojiro 36hoojirogamoosu 37hoojirogamomesu 38hoojiroosu 39hoojiromesu 40ikaru 41isohiyodoriosu 42isohiyodorimesu 43isoshigi 44iwatsubame 45jyoubitakiosu 46kaitsuburi 47kaitsuburihina 48kakesu 49kanmurikaitsuburi 50karasutobi 51karugamo 52kashiradaga 53kawaaisaosu 54kawaaisamesu 55kawarahiwaosu 56kawau 57keri 58kibitaki 59kibitakiyoucyou 60kijimesu 61kisekirei 62koajisashi 63kocxhidoti 64komukudori 65kosagi
66koshiakatsubame 67kumataka
68magamo

69magamooyako 70magann 71mejiro 72mikoaisaosu 73mikoaisamesu 74mozu 75mukudori 76munaguro 77nobitaki 78nosuri 79nyunaisuzume 80okayoshigamomea 81onagagamo 82ooakagera 83ooban 84oohishikui 85oojyurinn 86ooruri 87ootaka 88ooyoshikiri 89oshidori 90sashiba 91sedurosekirei 92sekka 93shijyuugara 94shimaaji 95shirohara 96suzume 97tageri 98tsubame 99tashigi 100tsugumi 101tsutsudori 102uguisu 103yoshigamo 104yurikamome



オマケでアブラコーモリ
Zkoumori

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

けったいな鳥

 予報では天気が悪く、今日は撮影休みかな


昨日の画像を整理していてコハクチョウの中にけったいな鳥を見つけて驚く。”なんじゃ~、この鳥は” と思ったがよく見ると偶然の産物だった。

Dsc_7690

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

先日撮影した湖北の水鳥

撮影休み

掲載は、先日Z6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの手持ちで撮影した水鳥です。画像は全て1200pixel等倍に拡大、ノートリから約5倍(面積で25倍)の拡大で3500㎜相当になりますが、十分満足できる画質を保持している。これでAFが速くて追従が良ければ言うことなしなのだが、今は追従に関しては鳥を追う腕を上げるしかなく、AFの速さは撮れるので満足するしかない。

  
01dsc_5589

02dsc_5602

03dsc_5631

04dsc_5645

05dsc_5661

06dsc_5677

07dsc_5695

08dsc_5728

09dsc_5738

10dsc_5739

11dsc_5750

12dsc_5752

13dsc_5769

14dsc_5771



参考
D500手持ちでは、これまでの経験からトリミングでの拡大限度は4倍(面積16倍)と考えている。D500と300㎜f4+TC14Ⅲの4倍トリミング画像の参考例、レンズが違い撮影条件も違うのでZ6との比較は出来ない。

D500ならTC無しでもZ6より若干小さいがそこそこの画像が得られるがノイズはZ6の方が少ない。尚、D500でTCを使うと画質が落ちるのが分かる。
500㎜f5.6なら、Z6:700㎜×5倍=3500㎜相当 D500:500㎜×1.5倍×4倍=3000㎜相当。
21dsc_6946

22dsc_6950 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

アオバト

 昨日、カワセミが大きな魚を捕った時、カメラがパワーオフになっておりシャッター半押しで立ち上がるのに時間がかかり撮り逃がした。パワーオフ無制限でバッテリーがどのくらい減るか試したが、旧型EN-EL25aで1時間で約25%の減、4時間でほとんど消耗することになる。電池寿命が短いのがミーラーレスの一番の欠点、V3では頻繁に電源をON/OFFしている。カワセミの餌取や猛禽の飛び出しを狙うのに、パワーオフで構え続けると予備電池2個では足らず5、6個要りそうだ。パワーオフまでの時間を30秒に設定し、動きを予測して飛び出す前にシャッター半押しにするしかない。
尚、パワーオフ無制限の状態なら1時間でも本体の温度は少し高くなっている。

  
掲載は一昨日のアオバト、止まっている木の下に行きかなり近い距離から撮影したが枝被りに苦労した。

01dsc_4009

02dsc_4091

03dsc_4105

04dsc_4024

05dsc_4036

06dsc_4042

07dsc_4047

08dsc_4065

09dsc_4068

10dsc_4071

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

撮影休み  トビ

 雨で撮影休み、ニコンのキャッシュバック申し込みの準備やら来年のポスター自作やらで過ごす。平成から令和に変わり休日も代るかと、作成ソフト筆まめを昨日買い増ししたが、これまで使っていたVer18がver30になっていた。年賀状などの郵便番号に住所も最新版になっているだろう。Ver18では郵便番号から変換すると住所が食い違っていたケースがある。写真用紙の年賀状も昨日買ったが、今年も残すところ1ヶ月を切った。
湖北に行きたいが今週は天気が悪く来週になりそう。今シーズンの紅葉バックのオオワシ飛翔は無理のようだ。


画像は、先日Z6とロクヨンで撮ったトビ、チェックでいつも撮るが空抜けで奇麗に撮るのが難しい鳥と思う。

01dsc_0383

02dsc_0385

03dsc_0386_1

04dsc_0387

05dsc_0388

06dsc_0389

07dsc_0390

08dsc_0392

09dsc_0393

10dsc_0395


珍しく前の枯れ草にピントが取られなかった。
11dsc_0432

12dsc_0434

13dsc_0435

14dsc_0439

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

撮影休み  マガモ

 朝起きて直ぐは鼻がグツグツでクシャミ連発、風邪かと思ったがしばらくして治まる。撮影に出るかと思ったが、体が怠くて撮影休みとする。
湖北の週間天気を見ると21日以外はもう一つ、薄曇りなら良いがどんよりした曇り空は、空抜け飛翔が冴えず紅葉バックももう一つ、風も気になる。風が強い日はよく飛ぶが、強すぎると隠れて出てこないりことがこれまでに何度かあった。近ければ何度でも行くが、片道100km弱あるので行くかどうか考えてしまう。行く以上は良い画像を撮りたい。

在庫からマガモを掲載します。

D5と600㎜f4+TC14Ⅲで撮影
01dsc_9729

02dsc_9730

03dsc_9731

04dsc_9732

05dsc_9733

06dsc_9734

07dsc_9736 


V3と300㎜f4による撮影
08dsc_8028

09dsc_8030

10dsc_8032

11dsc_8035

12dsc_8046

13dsc_8047

14dsc_8053 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

草津の田んぼと湖岸を探索でかなり歩いた

 車にガソリンを入れようと大津に走った。山科より大津の方が少し安いからで、ならば草津の田んぼで探鳥とひとっ走り。タゲリ、コチョウゲン、ノスリの止まりものから飛び出しが撮れればと思ったが姿見ずで、オオタカが飛んだが高過ぎて証拠写真に終わる。琵琶湖の上をユリカモメが飛ぶのが見え久しぶりに撮ってみようと思い歩いたが、半島の方に行かないと近くから撮れずかなり歩いた。道の駅に車を置いての歩きだったが途中一度休んだだけで、9時過ぎから11時頃まで歩き疲れた。とはいえ地元で家からハヤブサまで往復するより距離はかなり短いかな。


レンコン畑湿地のダイサギ  
19110501

ジョウビタキ
♀が♂を追いかけまわしていたが、カワセミ撮影地でも見ているがどういう行動かな。
19110502 

♀はみやすい場所に何度も止まってくれたが、♂は中々止まらず。止まっても直ぐに♀が飛んでくるので逃げる。
19110503

遠くで少し大きな鳥が動いたのでタゲリかと期待して行ったがケリだった。
19110504

19110505

ハクセキレイ
19110506

ヒバリ
19110507

オオタカ
19110508

19110509

カモが場所移動でよく飛んでいた。
19110510

ハマシギかな?
気が付いたら岸辺に居たので近かった。地元でもよく見るイソシギかと思ったが違うようだ。
19110511

19110512

19110513

19110514

19110515

ユリカモメ
10数年前、鳥飛びもの撮影の練習相手だった。久しぶりにたくさん撮る。
19110516

19110517

19110518

19110519

19110520 19110521

19110522 

モズ♂
19110523

駐車場に帰る途中、岸辺から対岸に向かって水面近くを飛ぶ鳥を見た。カモと思ったが対岸近くでカラスが5羽ほど出てきて追いかけたのでタカと分かる。もう少し早く気付いていれば後姿ながら近くで撮れたかも知れない。
19110524



撮影機材:D7500、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:407枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

カモの大群飛翔

 昨日の帰りの湖岸で撮影したカモの大群

雨上がりの暗くどんよりした曇り空で撮影条件は悪かったが、カモの大群が居たので湖岸から撮影した。最初はポツポツと飛ぶだけで面白みは無かったが、バス釣りのボートが入りパニック状態でカモが一斉に飛び初めて見る光景で驚いた。70㎜×2.7倍の189㎜ではごく一部しか入らず、一眼に高角レンズが欲しかった。

最初は静か
01dsc_6743

時々移動のため数羽が飛ぶだけ
02dsc_6682

03dsc_6806

04dsc_6842

ボートが近づき動き始める
05dsc_6902

パニック状態で一斉に飛び始める
06dsc_6855

極一部しか撮れずで残念
07dsc_6860 

湖北で遠くのは見ているが頭上近くは初めて
08dsc_6891



夜に70-200㎜と18-400㎜の撮り比べを行った。18-400㎜は装着してもAFもAEも動作しないが、装着してからV3のレンズ取り外しボタンを押すとなぜか動作する。電源をOFFすると動かなくなるのでONするたびにボタンを押さねばならない。
写りは70-200㎜の方が良かったが、18-400㎜は300㎜少々にズームしないと70-200㎜の200㎜相当の大きさにならなかった。V3で使用した場合、フルサイズ機用とAPS-C機専用で何か違いがあるのかな、使うことは無いのでなぜかは考えない。

共にISO800、f7.1、SS1/20
70-200㎜f4の200㎜ ほぼノートリ
09dsc_695370200

18-400㎜ 300㎜で少しトリミング
上の画像に比べ更に甘くなっている
10dsc_695918400

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

今日もV3と300㎜f4

 今日もV3でカワセミに行った。カワセミは姿を見せたが昨日より悪く、2~3度あった飛び込みはカメラを下した瞬間で撮れず。
家に帰ってからZ7が気になっているのでサービスセンターに電話し、ブラックアウトと開放f8レンズでのAF範囲限定を聞いてみた。ブラックアウトは多少あるようで、気になるかどうかは個人差があるので現物で確認して下さいとの話、開放f8レンズに関しては一眼レフのような範囲限定は無いとのことだったが、対応してくれた係員がどこまで理解しているかが分からない。再度スペックを見直したが、Z7は連続撮影可能枚数が19コマでアカン、Z6は43コマでまあまあかというところで、Z6の2400万画素はTCをつけてもAFの範囲が限定されないならOKかも知れない。ただ、スペック上の電池寿命が撮影枚数で310枚なのでアカン過ぎる。見送って将来機に期待した方がよさそう、、それまでは画像は悪いがV3を使うしかないかな、再検討の結論だが発表時に検討していたのを忘れていた。Z7で動体の撮影は難しいとの評判を目にするが、V3と一眼レフレンズのAF-Cシングルで撮影するよりは容易だろう。V3と300㎜f4PFでカワセミの飛び込みを撮るのは、猛禽やサギなどを撮るのと違い”難しおまっせ~”、1用70-300㎜では当たり前だが容易に撮れた。

 
アオサギの1200Pixel等倍画像 
19102301

コサギ
19102302 

イソヒヨドリ  SS1/80
19102303

今日のカワセミはこれだけ。
19102304 19102305 19102306

1200pixel等倍
19102307

カモ
19102308

久しぶりのメジロ
周りの枝でピントが中々合わず苦労する。V3は一眼レンズを使うとピントが合うのがかなり遅い。
19102309

今シーズン初のジョウビタキ
直ぐに逃げたが冬頃になると人に慣れ近くからでも撮れる。
19102310

カワラヒワ
19102311

モズ
19102312

  
Z7を考える前は、カワセミ近距離飛び込み用に軽量のズームレンズを検討していた。タムロンの18-400㎜ではAFが遅く歩留まりが悪いので、タムロンかシグマの100-400㎜などどうかと思っていたが、純正の70-200㎜f4に所有しているTC2本を使うのはどうかと考え直す。少し高いがV3が使えると思うので(試さなアカンが)良いかも知れない。以前は今は無い70-200㎜f2.8を使った時期があるが重かった。


撮影機材:V3、300㎜f4、手持撮影  撮影枚数:218枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

より以前の記事一覧