野鳥色々

2020年3月24日 (火)

ツバメ、モズをちょっとだけ

 チュウヒ様子見に行く予定だったが、冷たい風がやや強く地元ブラブラに変更。
狙いはイワツバメの飛翔、D500と300㎜f4を持って行ったが、イワツバメ以外にツバメの数も増えていたので狙った。イワツバメは数が少なくなっているが、巣ごもりが始まったのかどうか分からない。撮影は機材に限らずボロボロ、北寄りの風で北に向かって飛ぶ時はスピードが遅い、南に向かって帰ってくる時はスピードが速い、逆光にならないよう南に飛ぶのを狙うので動きに追いつけず。

今日もカワセミは姿見ず、数日姿を見せないようだが何処に行ったのかな~~


ツバメ
当地の上流域では、ツバメよりイワツバメが多い。下流に行くとイワツバメが少なくなり、もっと下流になるとコシアカツバメが見られる。20032401

20032402 

川縁におりて巣材集め。
20032403

イワツバメは既にあるものを補修しているが、ツバメは一から作ることが多いように思う。橋の下に作りそのまま残っているのと、主に民家などの軒下に作るのとの違いかな。
20032404

20032405

20032406

20032407

20032408

イワツバメを1枚
20032409


モズ
毎年同じ場所辺りで営巣するようだ。
20032410

20032411

20032412

20032413

20032414

20032415

20032416

20032417

対岸に飛び
20032418

地面に下りてから木の枝に止まった。♀が直ぐに近づいたが餌を持っておらず♀が怒る。
20032419 


オマケのジョウビタキ♀、♂も居たようだが近くに止まってくれず。
20032420


数日前から大阪城公園にヤツガシラが出ているようだが行かず。ヤツガシラはこれまで撮ったことが無く是非撮りたいと思っているが、乗客の多い電車に乗るのを極力避けている。車で行っても良いのだが大阪市内を走るのが面倒、屋外なので新型コロナは大丈夫と思うが、カメラマンが多くて後ろからしか撮れないなら価値が無いしな~・・・・。また、何処かで撮るチャンスがあるだろう。
今日も滞在しているのかな?


撮影機材:D500、300㎜f4、手持撮影  撮影枚数:254枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

キレンジャク  1時間ほど撮り捲り

 昨日のリベンジ(歩留まりが滅茶苦茶悪かった)ということで、D5と500㎜f5.6の手持ちでイワツバメを撮りに行った。歩留まりは大して変わらず、捉えれば流石にD5というところだが、中々捉えらえず悪戦苦闘だった。機材が重く動きの速いイワツバメを追い難かったためと思う。D850と300㎜f4のTC無しが良いのかな。
イワツバメの数が少なかったのでカワセミの様子を見ようと歩くと、少し前方の川原から20羽ぐらいの鳥が桜並木の方に飛ぶ。1羽が川の中に残っていたのでカメラで見るとレンジャクだった。飛んで電線に止まったのでもう一度見るとキレンジャク、ヒレンジャクは今年も見ているがキレンジャクは大群が押し寄せて以来で数年ぶり。群れは少し先の桜並木に止まったので1時間ほど撮り捲り、全てを確認したわけではないが全てキレンジャクだった。少し前に同じ区内の別場所で撮ったと聞いていたが、群れは遠くには行かず周回しているのかな。1時間で西北に飛び去ったが、また飛んでくるのかどうか・・・・。

朝から腰の調子が悪かったが、帰ってから更に悪くなったようである。

 
川の中のゴミに止まっていたがヒレンジャクと思った。ヒレンジャクは、2月半ばに少し下流に登場した。 
20032201

桜の枝に止まるが、枝がゴジャゴジャしており枝被りが多く撮りづらかった。
20032202 

最初は見やすい電線に止まったのを狙うため下の道路に行って撮った。
20032203 

何枚か撮ってから桜の枝に止まるのを狙い、一人だったこともあり抜けた所探すため数mまで近づいたが逃げず。最短ではレンズの焦点距離をFULLしてピントが合わず後ろに下がった時もある。
20032204

50mぐらいの範囲を行ったり来たり、立っていた場所横の桜に止まることもあり驚いた。ゴジャゴジャした枝の中に止まったためかも知れない。
20032205

桜のつぼみの根元を啄んでいたようである。
20032206

20032207

20032208

20032209

20032210

虫も食べていた
20032211

20032212

20032213

1羽だけ水飲みに下りた。集団で下りるのを期待したが下りる前に飛び去ってしまった。
20032214

20032215


飛翔
桜から川の上に飛び出し虫をフライングキャッチしていたが、桜の枝が邪魔して中々撮れず。もう少し前に飛び出してくれれば良かったのだが。
空は晴れてはいたが白くて空抜けのピントが合い難かった。青空なら歩留まりが良かったと思う。
20032216

20032217

20032218

20032219

20032220

20032221

20032222

20032223

  
撮影機材:D5、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:488枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

イワツバメ

 ”カワセミは居らんかえ~”でブラブラ歩いたが全く姿見ず。師匠の話では7時から待ったが姿無しとのことで、急に姿を見なくなったが何処に行ったのかな、その内再び姿を現すと思うが、カワセミが出ないと地元の撮影はエエとこなし。仕方なくイワツバメの飛びもので飛翔撮影の練習をして引き上げた。D850と300㎜f4+TC14Ⅲの手持ち撮影、空抜けは比較的撮れるが、水面バック特に水くみのタッチアンドゴーを狙ったが、久しぶりの撮影で難しかった。

巣作り(補修)は順調
20032101

20032102

土手で巣材集め
20032103 

虫を狙ってフライングキャッチ。狙っては撮れず(見ていても分からない)帰って画像確認で見つける
20032104

20032105

口の中に虫が入った瞬間かな?
20032106

20032107

水面上を狙う
20032108 

水飲み兼巣を固めるための水汲み
20032109

20032110

水面滑空
20032111

顔を突っ込み
20032112

飛び出す、D850の秒連写コマ数では足らない
20032113

20032114

20032115

20032116

20032117

20032118

20032119

20032120

20032121

ツバメを今年初撮影、イワツバメは年中見るがツバメも渡ってきていた。
20032122

ヒメアマツバメ?
毎年、イワツバメの群れの中で見るが、何羽いるか分からない。
20032123

たまに肉眼で見ることもあるが、今日は帰って画像を確認するまで分からなかった。
20032124

20032125

鵜の豪快な水浴び
20032126

オマケ
桜が数輪咲いていた。今年の桜は外国人の観光客少なく、久しぶりの桜撮影のチャンスの年かも知れない。8年前の定年退職の年、桜撮影で平日に繰り出したが観光客の多さでウンザリ、それ以後年々人が増え近場しか行かなくなった。
20032127

  
撮影機材:D850、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:530枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

カワアイサ

 地元の川では珍しいカワアイサ♂、宇治川から飛んできたのかな。
湖北では湖岸に立てば普通に見られるが、地元の川ではここ数年で3回目ぐらい。琵琶湖と違い撮影距離が近いので大きく撮れるが、昨日の撮影で天気が悪かったのが残念。

01dsc_2243 

大きなエビかエビガニを捕えよったが、ハサミが見えないので獲物がどちらか分からず。
子供の頃、赤褐色をアメリカザリガニ、そうでないのをエビガニと呼んでいた。ネットで調べるとザリガニでエビガニは地方名のようだ。
02dsc_2262

03dsc_2263 

04dsc_2266 

05dsc_2267 

足が邪魔になったのか上手く呑み込めず。
06dsc_2269

最後は逃がしてしまう。
07dsc_2270

ISO1600、1200pixel等倍
08dsc_2276tobai 

09dsc_2296tobai 

10dsc_2304tobai

ISO6400、1200Pixel等倍
11dsc_2576tobai6400

ISO6400
12dsc_25876400

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

撮影休み  昨日の残り画像

 雨は降っていなかったが鬱陶しい空模様で撮影休みにした。
テレビの報道番組やワイドショーを見るとコロナ、コロナで新型肺炎の放送だらけ。インターネットで感染者の分布を調べると、クルーズ船を除き関東と北海道に多く、関西は意外に少なかった。ついでにインフルエンザの感染者数と死者を調べると、2018年の統計だが桁違いで多い。コロナはこれから爆発的に広がると予想されているのか、治療薬が無いのでどうなるか分からず恐れているだけなのか・・・・。テレビで健康な人なら日が立てば治るようなことを言っている専門家もいるがどうなんや、用心せなアカンのは間違いない。 
取り合えず昨年花粉対策で買ったマスクが使わず10枚残っているので、人混みに出る時は装着することにして日曜に使用した。日々の撮影など地元から出ず人の多い所へ行かなければ(乗り物は自家用車以外は極力避ける)、今のところマスク無しでも大丈夫だろう。最近マスクが手に入らないようなので、京都市内で感染者多くなり地元でも感染者が出た時のために無駄に使用できない。

PCのHDディスクにためた画像を整理し、外付けHDへ移管させ始め1月分が終わった。この作業、ここ数年作業を始めると直ぐに眠くなるので続けて出来ず困ったもの。撮影枚数を減らせば良いのだが、少しでも良い画像を得ようと思えば枚数が必然的に増える。風景や鳥の止まりもの狙いなら、1日数十枚~100枚ぐらいでで済むのだが。

  
掲載は昨日の画像残り

カワセミ
01dsc_3588

02dsc_3799

03dsc_3801

04dsc_3802

05dsc_3805

この2羽は今のところ激しい追いかけをしないようだ。
06dsc_3813

07dsc_3832

08dsc_3836

09dsc_3883

10dsc_3883

11dsc_3883

12dsc_3883

13dsc_3913

17dsc_4112

18dsc_4115

19dsc_4116

20dsc_4118


ツグミ
21dsc_3605

コサギ
22dsc_3686


魚を根こそぎ捕食すると言われているが、口を開けて泳いでいないようでどうかな?
23dsc_3936 

マガモ
24dsc_3962 

24dsc_3978

オカヨシガモ
25dsc_4075_1

26dsc_4076

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

アオバト

 朝から確定申告書を作成、収入は年金だけ控除項目も大したことが無いので、プリントアウト等も含めて20分ぐらいで終了、8年前の定年退職後の翌年から作成しているので要領は分かっており時間かからず。所得金額から申告の必要があったのは、定年翌年と株の収入があった翌年だけで他の年は申告の必要は無かった。確定申告が必要なくても市民税と国民健康保険料の計算のため、市に所得申請が必要で同じことなら慣れている確定申告を行っている。確定申告すれば市の税務関係に情報が行くとのことで市への申告は必要ない。
どちらもしていない人も居るようで、今年は止めよかと思いマイナバーカードの件で行った時に市税関係窓口で聞いたら、市への所得申告はしてくださいとのこと。しなかったら翌年の市民税等はどうなるか聞いたら、前年のまま据え置きのような話やった。国税庁HPから様式をダウンロードして数値を入れれば自動計算、2千円少々帰ってくるが詳しいことは分からない。
詳しくは知らないが聞いた話では市への申告もHPからダウンロードできるようになったとか。ただ郵送する時に税務署向けは送付先の住所もプリントアウトでき切り取って封筒に貼り付けられるが、市は封筒に手書きで書く必要があるようで面倒。

  
一昨日のアオバト

01dsc_6319

02dsc_6387

03dsc_6389 04dsc_6390

05dsc_6433

06dsc_6434

07dsc_6475

08dsc_6654

09dsc_6700

10dsc_6707

11dsc_6711

12dsc_6730

13sc_6745

14dsc_6750

15dsc_6767

16dsc_6775

17dsc_6793 

| | コメント (2)

クロサギ 2月13日の撮影

雨で撮影休み
PCに保存している画像を削減し外付けHDに移そうと思うが、しばらく作業していないので画像が多すぎる。最近撮影画像が多くなっている。モードMで、ISO、絞り、シャッター速度を固定し中央1点測光で撮影しているが、日差しにより暗さが変わるたびに変更して撮影し、モニターで画像の明るさを確認しているので、天気が不安定な日は無駄な画像が多くなりすぎる。絞り優先、シャッター速度優先、ISOオートでは、オオワシが山バックから空抜けになった時と反対の時に、露出補正を変更しないとオオワシの色を維持できない(昔は連写の途中で変えていた)。自分の撮り方でも後で露出補正は必要でRAWで撮っている。JPEGでも画像の明るさは修正できるが、RAWの方が画像の容量は増えるが、修正は簡単でWB(色温度)も変えられるので仕上がりは良いと思っている。狙いが空バックや山バックだけならJPEGでも良いのだろう。
撮影設定は、色々試して自分でこれが良いと思ったのが良い。今でも人の設定を聞いて試すが、結局自分に合った慣れた方法になってしまう。自分で勘違いしていることもあり、AF設定などはあまり変えないので人の話を聞くと参考になる。特にZのAF設定、どれが良いか分からないまま使用している。


  
掲載は初見・初撮影のクロサギ、少し暗すぎた
珍しい鳥は、情報を聞いて探しに行こうとは思わないが、ついでなら撮れれば嬉しいので必ず撮る。

少し薄暗い条件で前から撮れなかったのが残念
01dsc_2985_2

02dsc_2986

03dsc_2992

04dsc_2995

05dsc_2998 

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

レンジャク

 レンジャクが水を飲みに下りると聞いたので、前回とは別場所に行った。10数羽居たが滞在しているのではなく何ヶ所かを周回しているようだ。今日も途中で飛び去ったが、一時間ほど待っていたら戻ってきた。狙いの水飲みを撮れて良かったが、川から飛んで木に戻るところが撮れず残念、少し暗かったからだろう。D850と300㎜f4+TC14Ⅲの手持ちだったが、以前のように順調に撮影出来た。
水飲みに始まり途中ネズミモチの実を食べるところを撮影し、再び水飲みで引き上げた。

下流に大群が来たと聞いたが、今日は数がかなり減っていたそうだ。餌を探して移動しているようだが、来るのが遅くヒヨドリとツグミにかなり食べられ実はかなり減っている。 

  
20021401

20021402

20021403

20021404

20021405

20021406

20021407

20021408

20021409

20021410

20021411

20021412

20021413

20021414

20021415

20021416

20021417

20021418

20021419

20021420

20021421

20021422

20021423

20021424

20021425

20021426

20021427


アオバトも登場し水飲みに下りた
撮った枚数が連写で多く整理してから掲載
20021428


帰り道のカワセミ、リュックにカメラを入れていたので撮り遅れた。飛び込んだ場所は土手の際で見えず。直ぐに肩に戻らなかったので魚を捕っていたのだろう。
20021429

20021430  


撮影機材:D850、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:795枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

アオバトとカワセミ(Z6と500mmf5.6の1200pixel等倍画像)

 湖北は昼から荒れ模様の予報だったので、オオワシは諦めてアオバトに行った。アオバト撮影はせいぜい9時半頃まで、遅めの登場だったが期待通り登場で直ぐに林の中に消えた。後はカワセミ撮影、ホバ3度で全て撮れたが、飛び込みは珍しく何度も飛び込んでくれたもののZ6と500mmf5.6だったので撮れず。Z6で撮れるようになるため、もっと練習せねばならない。
帰りにレンジャクを見に行ったが、2羽見ただけで昨日に抜けたのかな?

画像は1200Pixel等倍に拡大したが、Z6の画像は等倍でも奇麗。

●アオバト
最初に1羽だけ岸辺に下りたが水飲みせずに飛び去った。後は前の木の前面に出てきて少し飛んだだけだった。

20020501 20020502 20020503 20020504 20020505 20020506 20020507 20020508 20020509 20020510 20020511 20020512 20020513 20020514 20020515 20020516 20020517


ノートリ
20020518


●カワセミ
2羽登場でサービスは良かったが上手く撮れず。最初のホバのみを全枚数掲載、他は整理してから後日。
ホバはこの1枚のみノートリ
20020519

Z6は等倍に拡大しても画像落ちは感じず。
20020520 20020521 20020522 20020523 20020524 20020525 20020526 20020527 20020528 20020529 20020530 20020531 20020532 20020533 20020534 20020535 20020536


撮影機材:Z6、500mmf5.6、手持  撮影枚数:739枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (4)

2020年2月 4日 (火)

ヒレンジャク

 今年、レンジャクは色んな場所に登場しているようだ。昨日、新たな情報を聞いたのでブラッと撮影に行った。100羽、150羽と聞くたびに話が大きくなっていったが、実際は50羽少々ぐらいかな? 場所が狭く日当たりがもう一つで休憩場所は高くて枝被り、低い木に止まっても散歩の人などが近づくと逃げるで、撮影に苦労したが1時間半ほど粘り何とか撮れた。三脚撮影では追い難い、手持だったので何とか撮れた。
ヒレンジャクばかりでキレンジャクはいないように思う。

レンジャクの生る木  
20020401

休憩場所は2ヵ所ありこちらは近い方、2本の木を行ったり来たり。
20020402

数が多くゴジャゴジャしたのが嫌いなので、低い木に下りた時には極力単独で撮れるのを探し、トリミングで切り取った。 20020403 20020404 20020405

15分ぐらいに1回、餌のネズミモチの木に群れる。
20020406 20020407 20020408 20020409 20020410 20020411 20020412 20020413 20020414 20020415 20020416

枝移り
20020417 20020418

ホバも少し見れたが、小さな虫をフライングキャッチしているようだ。よく見ると黒い点の見える画像が有り虫のようだ。
かなり上を向いての撮影で手持ち撮影の本領発揮だ。
20020419 20020420 20020421 20020422 20020423 20020424 20020425 20020426 20020427 20020428 20020429


数年前に大群が集まった場所があるが、まだ餌の実が多いそうでコヤツら小群が集まり大群になることを期待している。

撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持  撮影枚数;427枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:427枚

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧