風景

2020年7月29日 (水)

琵琶湖大橋

 週一の車運転の日で琵琶湖へ走った。大津から湖岸沿いに北へ、琵琶湖大橋を渡って湖西道路で山科に戻る、最近のただ車を走らせるコースで、湖岸に出ると後は車が少なく、ちょっと走るには良い。途中、道の駅琵琶湖大橋米プラザでトイレ休憩、A1000をベストのポケットに入れていたので、久しぶりに琵琶湖大橋を撮った。

  
道の駅
20072901

琵琶湖大橋
20072902

中央辺りが高くなっている。船が通るためと思うが背の高い船を見たことは無い。
20072903

20072904

対岸北側のなぎさ公園横のマンション。なぎさ公園は、比良山バックで冬は菜の花、夏はヒマワリが撮れ何度か行った。砂浜にはハマヒルガオの群生が見られたが、今はどうなっているかな?
20072905

南側の対岸
20072906

琵琶湖大橋の坂道
こちら側を走るとロードノイズで琵琶湖周航の歌が流れるが、昔に比べれば音程が少し外れてきたように思う。どうやったらメロディーが流れる道路になるのか知らないが、コンクリの構造によるのだと思うが高度な技術と思う。
20072907

天気がもう一つというのに水上バイクが走っていた。水の上では天気は関係ないのか。
20072908

愛車のアウトランダー
購入して丸6年、最後の車か、もう1回買い替えるか・・・・
20072909


撮影機材:COOLPIX A1000、手持撮影  撮影枚数:32枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円(琵琶湖大橋120円は一般経費)

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

昨日の夕焼雲

 今日も曇り空だが様子を見てブラブラ近くを歩いてみるかな

昨日の夕餉れの7時過ぎ、西の空を見ると小エリアだが綺麗な夕焼けが見えたので、Z50と300㎜f4で撮影した。”夕焼け撮影のWBは晴れに限る”と昔に誰かが言っていたので、設定を変えようとしたが直ぐには分からず。そのまま撮影してPCソフトで修正した。後でカメラでWBを設定できないか調べたが分からず。Z50は出来ないのかな、ソフトで修正できるのでどうでも良いが・・・
訂正:再度調べるとWBの設定はあった。

もう少しエリアが広ければ70-200㎜f2.8を使用したのだが

Dsc_1820

Dsc_1824


ニコンがフルサイズミラーレスのZ5発売を発表したが、スペック上でキヤノンのR5/R6の対抗機を出さんのかいな。買う意欲が沸くのは所詮スペックの数値や、同世代の国産カメラなら、どこのメーカも写りのパッと見は大して変わらんやろう。AFの良さは野鳥撮影では写りにも影響するとは思うが、どちらかと言えば歩留まりへの影響の方が大きい。飛翔の一瞬を1枚撮れれば良いなら最新機不要は分かっているが、連写で色々な姿を撮りたい。
D6は、まだかいな。今ならR6とレンズ1本への予約変更可能、ニコンとキャノンの2マウント体制、後のPCソフトでの慣れもあるので止めとこ。しかし、R5/R6はエエのと違うかな、ニコンミラーレスの次世代対抗機に期待する。Z6と数万違いのZ5など要らんで~。
D6の取り寄せを頼んでいるものの重い、手持が主体なので腕力は大丈夫かいな?、写りにAFがD5以上でも腕力の衰えで手放すのは早いかも知れない。写真好きは、いつまで立っても機材に満足しない、撮れる画像が大して変わらないと分かっていても・・・

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

ハスの花を探して湖北へ

 大津へガソリンを入れに行き、そのまま琵琶湖の東岸を走って湖北へ行った。狙いはハスの花、昔は烏丸半島に群生していたが数年前に突如消えた。烏丸半島近くの蓮根畑に白い花が咲いているのを、チュウヒ撮影ついでに撮ったことがあるが数が少ない。湖北に行けば群生地があるだろうと思い、最初に奥びわスポーツの森に行ったが全くなかった。10年以上前に見た記憶があったが、勘違いかなと首を傾げながら再び北上。少し走ったところに群生地があったので、少し北の駐車場に車を止め歩きで引き返して撮った。最後は、延勝寺の湖岸、かなり前になるが綺麗なレンカクが登場した場所だが、花はあまり咲いていなかった。道の駅で弁当を買い食堂で食べ、湖西周りで帰ってきた。
車に乗っている時はクーラーが効いているので良かったが、降りれば炎天下で頭がボ~とした。この時期、炎天下に長時間居れば熱中症になるので気を付けねば。

風景を撮っていた頃に夕日を撮りに来た場所、野鳥センター前でも撮っているがこちらの方が多かった。  
20072001

ゴイサギが飛んでいた
20072002

かなりトリミングして大きくする。親子かな?
20072003

20072004

田んぼ越しの伊吹山、今日は白くモヤっとしていて綺麗に撮れず。
20072005

ハスの群生地
20072006

綺麗に開いている花が無かった。朝の内でないと開いていないのか、忘れた。
ピント調整不十分かな~?
20072007

20072008

20072009

20072010

20072011

20072012

20072013

20072014

山本山、今年の冬も通うことになれば良いのだが。
20072015

10年近く前、綺麗な夏羽のレンカクが登場した場所、人が多かったな~
昨年か2年前か忘れたが登場した個体は色がもう一つだった。
20072016

20072017

20072018



撮影機材:D850、70-200㎜f2.8E、手持撮影  撮影枚数:70枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

夕焼け

Z50とTa18-400㎜の400㎜(実質600㎜)手持撮影

ピクチャーコントロール:風景、WB:晴天

01dsc_7788

トリミングで拡大
02dsc_7781

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

春の撮影旅行回想

 空模様がパッとせず撮影に出るかどうか思案中

 一眼デジカメを購入してから春、夏、秋と年に何回か車で撮影旅行に出かけた。春は主に山を絡めた花風景、夏は兼観光登山、秋は紅葉撮影だった。今は行く気力が失せており過去の画像で春の撮影を一寸だけ回想してみた。
春は2001年より2010年まで毎年GWになれば行っていたが、曇り空だったり黄砂に霞で奇麗に撮れないこともあり、ガッカリして帰った年もある。どちらかと言えば秋の紅葉シーズンの方が奇麗に撮れたように思う。

2009年まではJPEGで撮影していたので画像修正がもう一つ。今のカメラでRAWで撮り修正すればもっと綺麗に仕上がると思うが、風景用レンズを処分しているので(Ta18-400、Z24-70f4は残っているが)、数年後に再開するなら望遠を売って標準域のレンズを買い直さねばならないかな。

好きな観光写真で、パッと見て構図がもう一つと思えば粘らず、場所を探して移動しまくり。鳥を探して歩くのと撮影スタイルは変わらず。
70㎜以下の場合、設定は絞り優先のほとんどf8、画像をモニターで見て露出補正を変える。SSが遅ければISO400ぐらいまでは使用していた。


●2003年5月1日 白馬村
バックの雪山を奇麗に入れようとすると手前が暗くなり、観光写真とは言え結構苦労した。
03050101hakubamura

03050201hakubamura

●2003年5月2日 富士五湖周辺
03050203kawaduchi

03050204syoujinnko

03050205yacyounomori 

●2003年5月3日 上高地
いつも大正池から撮影を開始する。早朝に入るため暗い画像が多い。
03050301kamikouchi

03050302kamikouchi

03050303kamikouchi

03050304kamikouchi 

●2003年5月3日 乗鞍高原
上高地へはセットで行っていた乗鞍高原
03050305norikura


●2004年4月25日 白川郷
日帰りで行って十分撮影が楽しめるので何度も行った。夏、秋なら白山スーパー林道経由で白峰を回って帰る。
04042501shirakawagou

04042502shirakawagou

04042503shirakawagou


●2006年5月4日 駒ケ根高原
06050401komagane 

光前寺
06050402kouzennji

この場所の桜が満開の時に行こうと思っていたが結局行けず。
06050403kouzennji

●2006年5月5日 白川郷
何かの写真集でこの地の桜の写真を見て撮りに行ったのではなかったかな?
06050501shirakawagou

06050502shirakawagou


●2008年4月30日 立山
大町側から上ったがこの時一度だけ。
08043001tateyama

雪の大壁を見たかった。
08043002tateyama

一面大雪で面白みが無かった。この頃冬羽の雷鳥には興味が無かったので撮りに行かず。行っておけばよかったかな。
08043003tateyama

今思えばこの頃も外国の観光客の団体が来ていたな~。
08043004tateyama

●2008年5月3日 白峰・大嵐山
釣ではなく水芭蕉の群生を撮りたくて白峰行き大嵐山に上った。上に駐車場があるので簡単に行ける。
白山を展望できる山上へは少し雪の残る山道を歩かねばならない。
08050301ooarashiyama

群生は思っていたより多く、花そのものも白馬などより奇麗だった。 08050302ooarashiyama

08050303ooarashiyama


●2010年4月29日 戸隠
白馬から周り鳥を撮りに行ったついでで風景はあまり撮らず。
10042901togakushi

●2010年4月30日 富士五湖周辺  
10043001hujigoko

10043002hujigoko

10043003hujigoko

10043004hujigoko

10043005hujigoko

10043006hujigoko

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

過去に撮影した桜

 することも無く、過去に撮影した桜の画像で花見をした。

2003~12年の間、桜のシーズンには各地を巡った。最初は、写真集の桜特集を買い見て場所を探したが、行って状況が分かると毎年同じ場所に行くようになる。特に凝った構図は考えず観光写真狙いなので、今は近場しか行っていない。


写真アルバムで残していた画像から適当に選択。

●京都
車折神社の渓仙桜
011_20200401144701

法金剛院の待賢門院桜
02

千本釈迦堂の阿亀桜
03 04

水火天満宮
05

地蔵禅院
06 

東寺
ここはライトアップが良い
07 08

京都御苑
09

東本願寺渉成苑
10

京都府立植物園
11 12

南禅寺
13_20200401144901

祇園白川の巽橋横
14090406

丸山公園の枝垂れ桜
昼間は貧相に見えるが夜のライトアップは見事、今はどうなっているのかな
15


知恩院
17

平安神宮
神苑の枝垂れは見事だが人が多すぎる。
18 19

仁和寺の御室桜
人は多いが桜の花のボリュームがあるので人が隠れて意外に撮り易い
20 21

嵐山
写真撮影場所としてはもう一つ
22

賀茂川の半木の道
23

原谷苑
行きにくいので当時は人が少なかったと思う
24


●奈良
大野寺
ここの枝垂れは花のボリュームが凄かった、狭い境内に人が多く撮るのに苦労した
101_20200401151601 102 103_20200401151601

長谷寺
桜は多かったが特にこれといった撮影ポイントは無かったように思う
104_20200401151601 105

天益寺(?)
106 

悟真寺(?)
107

西光寺の城之山桜
108

仏隆寺の千年桜、3年目にして見頃が撮れた
駐車場が狭いので朝早く行ったが晴れていると日陰でもう一つ、画像は曇り空だったような記憶がある
109 110 111

北向き地蔵(又兵衛桜の近く)
112

又兵衛桜
日差しが逆光気味で撮りにくかった記憶がある
113 114


●滋賀県
黒田の桜
201

酒波寺のエドヒガンザクラ
山門横の桜と参道のソメイヨシノとの満開時期が違うので、ちょうど良い日を見計らう必要がある
202

清水の桜
下がお墓で全体が撮れない
203

奥琵琶湖の桜並木
桜のシーズン限定の遊覧ボートからの撮影
204 205


●三重県
三多気の桜
古木が多かったように思うが今はどうなっているかな
301 302


●岐阜県
根尾谷の薄墨桜
現役時代の休日に行ったので駐車場待ちの車渋滞にうんざり
401 402 403

荘川桜
道路沿いで撮りにくかった
404 405


●お城の桜
和歌山城
501

岸和田城
5~7分咲きでもう一つ
502

郡山城跡
503

姫路城
改修後はどんな雰囲気なのかな
504 

大阪城公園
西の丸庭園からの撮影だったと思う
505

彦根城
506

長浜城
507


安土城跡
写真撮影では見どころ無し
508

伊賀上野城
509

 

京都での新型コロナ、京産大のクラスター発生で感染者がかなり増えた。無症状者が多いようなので気をつけないといけない。ヨーロッパ旅行者が始まりとのことだが、海外渡航をもっと早く止めれば良かったのではないかいな。専門家が感染者はもっと増えると予想していたと思う。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

桜2020Ⅲ 山科疎水、毘沙門堂、勧修寺、他地元ブラブラ

 桜撮影で名所を巡ろうかと思ったが、新型コロナの感染が拡大しているので、人の少ない地元をブラブラした。
京都は、東京や大阪ほど感染拡大していないが徐々に増えており、その内急激に増えるかもしれない。感染経路の分からないケースがあると聞くと、外出は極力人の多い場所を避けるのが無難。
カワセミは、人の少ない道を歩いて行きチュウヒは車、共に屋外で人も少ないので問題無いと思うが、極力人との距離を空けないといけないかな。

  
まずは山科音羽川(山科川の上流)
20033001

山科川の分岐点
20033002

本願寺山科別院
20033003

20033004


山科疎水に歩いて行ったが、途中の保育園(幼稚園?)の満開の桜
20033005


山科疎水
桜は満開間近、2日後ぐらいが満開かな。今年は菜の花の生育が良く奇麗だった。
20033006

20033007

20033008

20033009

20033010


毘沙門堂
20033011

枝垂れ、満開は数日後か。横の勅使門の屋根が修理中で全体を写せず。
20033012

20033013


帰りの疎水沿い高校前の桜
20033014

20033015


地下鉄で小野駅まで行き勧修寺へ
ここも満開前、満開は明後日ぐらいかな?
20033016

20033017

20033018

20033019

20033020

20033021 

20033022

近くの八幡宮の鳥居向こうの桜、以前より低くなったように思う。
20033023 


家に歩いて帰ったが、カワセミ撮影地の桜並木は7分ぐらい。
20033024


オマケ
カワセミは期待していた寺にはおらずで残念、川も姿見ずで相変わらずイワツバメは飛び回っていた。
20033025


撮影機材:Z50、18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:244枚
移動:歩き、地下鉄  天気:曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

桜2020Ⅱ大石神社と岩屋寺、後カワセミ

 桜の開花情報を見ると近場では大石神社が満開のようで、朝からブラブラと歩きで出かける。直ぐ近くの岩屋寺に寄ってから、カワセミ探索で支流から本流経由で帰ることを考え、機材はZ50とTa18-400㎜にした。勧修寺が満開ならZ6と24-70㎜f4を持って行くところだがまだ少し早いようである。
大石神社も岩屋寺も満開で存分に撮影してから川を歩いたが、久しぶりに中流でカワセミ♀が登場した。止まりものを数枚撮っただけで直ぐに下流へ飛び去ったので追いかけたが見つからず。ここしばらくカワセミの姿を見ていなかったので、止まりものだけで満足し引き上げたが、途中で上流の♂が登場して魚を捕るのが撮影出来、良かった良かったのカワセミ探索となる。

  
●大石神社
ライトアップがあるならZ6の夜景撮影を試したいが、今年は中止かな?20032501

20032502

20032503

20032504

20032505

20032506

大石内蔵助
20032507

花子もまだまだ元気
20032508


●岩屋寺
山科盆地を見下ろす大きな枝垂れ、周囲の木の枝を極力入れないため近くから撮るが、レンズは24㎜ぐらいが欲しい。
20032509

20032510

ここでは、この桜を撮りたかったが前の木の枝だが邪魔する。
20032511

20032512

20032513

これも周囲の木の枝だが邪魔、昔は奇麗に撮れたように思う。
20032514


●久しぶりのカワセミ
中流の♀、コヤツは中々飛びこまずサービスが悪い。
20032515

上流の♂が中流に登場
20032516

水道管の橋脚に移動して直ぐに餌取、待ち時間が少なくラッキーだった。
20032517

Ta18-400㎜、カワセミの水際も撮れるが画像が悪い。AFが遅いので歩留まりも悪い。
20032518

20032519

20032520

20032521

20032522

20032523

橋脚の足元日陰に止まったが、給餌咥えに変え上流に飛び去った。上流のカワセミは繁殖順調のように思うが、何処に居てるのかよくわからない。
20032524

  
撮影機材:Z50、Ta18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:351枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

桜2020Ⅰ 醍醐寺、祇園白川

 ソメイヨシノが開花、枝垂れもそろそろかなと思い醍醐寺と祇園白川に行った。共に台風の被害にあったのか、数年前と様子が変わっておりガッカリ、桜シーズンというのに外国の観光客姿見ずで、人が少なかったのだけは写真撮影に良かった。
開花状況は見れる状態だが満開は数日後だろう。

  
●醍醐寺
総門を通り抜けると伽藍へ参道が続くが人は疎ら、開門寸前(9時前)だったからかも知れないが、帰りもこの時期としては人が少なかった。
20032300

最初に三宝院に入る。
入ってすぐの見事な枝垂れ桜だが何かこれまでと違い貧相。
20032301

寺の人に聞くと台風で枝が折れたとか、中央の左下が切られていたが折れて切ったのだろう。
20032302

20032303 

花のボリューム感がある角度から撮影。
20032304

裏の憲深林苑、ここは日が高くならないと桜の木に影がある。
20032305

霊宝館
仏像棟前の桜、昔は見事な木だったが枯れたのか右半分が切られ無残な姿になっている。満開になれば花のボリュームはもっと増えると思う。
20032307 

<2010年の姿、京都で一番の桜と思った。>
20032308

満開間近
20032309

20032310

20032311

伽藍エリア
仁王門前の桜は満開かな
20032312 

五重塔前の枝垂れも満開
朝は逆光になるのでもう一つ桜の色が出ない。
20032313

20032314

20032315

20032316

弁天堂
20032317


●地下鉄東山駅から祇園白川へ歩く
白川の一本橋、京都が舞台のTVドラマでよく見る橋。
20032318

白川沿いの桜、品種は知らないが何本か満開の木があった。
20032319

20032320

これはソメイヨシノかな
20032321

祇園白川
中央の少し右に高い枝垂れが2本あったと思うが切られていた。枯れたのかな、昔は通勤途中の早朝に寄り枝垂れを撮影したが、今はソメイヨシノが咲かないとアカンようである。
相変わらず新郎新婦が数組記念撮影していたが、結婚記念撮影の名所?・・・近くに式場があるのかな。
20032325 

<昔あった枝垂れ桜 2008年早朝の撮影>
20032326

20032322

20032323

巽橋より
20032324

  
撮影機材:Z6、Z24-70㎜及び70-200㎜f4、手持撮影  撮影枚数:193枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,100円(醍醐寺、地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

紅葉の名残を求めてZ6と24-70㎜f4で3ヵ所巡り

 Z6とキットレンズの24-70㎜f4を使おうとブラッと出かけた。紅葉の名残を求めて近場4ヶ所(毘沙門堂、南禅寺、勧修寺、随心院)と思って家を出たが、しんどくなって随心院は止め3ヶ所で引き上げた。紅葉シーズンは過ぎているので人は少なかったが、紅葉は日当たりの悪い場所のがかろうじて残っていたというところ。10日ほど前ならまだ奇麗だっただろうと思うが、最近の紅葉は昔ほど奇麗に感じない。見飽きて感動しなくなったのか、色づきが年々悪くなっているのか、ここ何年も葉が枯れて縮れている木が多くなったように思う。

Z6と24-70㎜f4、風景撮影では一眼レフと変わらない操作性、写りは特に特長無し、ただ軽くなったのが良い点かな。写りはD850とこのセットを買うため売却した24-70㎜f2.8Gの方が良かったが当たり前か。
電池の寿命は、190枚撮影で残容量62%、400枚撮れれば良いところかな。連写しまくりの鳥撮影では1000枚撮れるが、風景撮影ではスペック通りなのかな。

  
●毘沙門堂
この場所が一番のモミジの撮影場所だが完全に終わっていた。
19120601 

ドウダンツツジか、赤く紅葉していた。
19120602

日当たりの悪い場所は奇麗に紅葉している。
19120603

この場所は2番目に紅葉が奇麗な場所、かろうじて撮れた。
19120604

19120605

19120606

19120607

19120608 


●南禅寺
19120609

シーズン中なら人があふれていただろう。
19120610

赤く残っている場所を探して撮る。
19120611

散モミジも色が褪せている。
19120612

19120613 

19120614
  
19120615 


●勧修寺
奥でカワセミが鳴いていたが探さなかった。

19120616

左端は桜
19120617

19120618

19120619

アジサイが一輪咲いていたので驚いた。
19120620

 

某サイトにD6のスペックが少し出ていたが、ボディー内手振れ補正が着いているとか? Z6では手振れ補正付きレンズでは、ボディー内手振れ補正は効かないが同様かな、Wで共に効けば面白いのだが。


撮影機材:Z6、24-70㎜f4、手持撮影  撮影枚数:191枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:1000円(地下鉄一日乗車j券、勧修寺拝観料)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧