撮影機材

2020年1月17日 (金)

撮影休み D500とロクヨン連写でのAF追尾状況

 山の麓で5時間も中腹を見上げていると、首筋がおかしくなり肩こりも生じる。カワセミに行こうかとも思ったが、しんどいので撮影休みにした。朝に過去の記事を見ていると、前ブログに記載していた画像を流用した本ブログの記事から画像が消えていた。同じ画像名にしたのがダメだったようである。

12月の初めだったかカワセミ撮影仲間から、量販店でα9Ⅱの連写試し撮りをしたが、400枚以上正確に撮れAFの追従が優れていると聞いた。実際の状況は知らずフィールドではどうなのか分からないが、耳に入る話ではα9も同様でかなり優れたAF追尾性能を持っているようだ。ニコンはどうか、最近連写でどのぐらいの確率で撮れるかに興味を持っている。
オオワシで狙って撮れるシーンは飛び出しと漁の瞬間ぐらい、飛翔での奇麗な姿や面白いシーンは狙っていると遅れるので、連写しまくって撮れた画像から選ぶしかない。軽量機材の手持ちでもそれなりに追って撮れるが、歩留まりを良くするには大砲の三脚撮影となる。

1月14日の魚持ち帰り断続連写のボケ画像を除くすべての画像を掲載、トリミングによる拡大以外は無修正。
D500と600㎜f4の89連写で、ボケ画像10枚に着木してからの連写が8枚ぐらい有り、それを除いた71枚です。
モードM、スポット測光、AF-Cダイナミック25点、ISO640、f4、SS1/2000

●空抜け 17枚全てOK
バックに何もない空抜けはよほど外さない限りピントは合うようだ。

01dsc_0161 02dsc_0162 03dsc_0163 04dsc_0164 05dsc_0165 06dsc_0166 07dsc_0167 08dsc_0168 09dsc_0169 10dsc_0170 11dsc_0171 12dsc_0172 13dsc_0173 14dsc_0174 15dsc_0175 16dsc_0176 17dsc_0177


●山バックの54枚
64連写でボケ10枚、撮影OKの確率84%は滅多に無い。外れたのは枯れ木のすぐ前を通った時と、前に枯れ木の枝が被さった時で連写しているとバックが離れるとピントは復活する。復活しない時はシャッターを押し直す。

19dsc_0179 20dsc_0180 21dsc_0181 22dsc_0182 23dsc_0183 24dsc_0184 25dsc_0185 26dsc_0186 27dsc_0187 28dsc_0188 29dsc_0189 30dsc_0190 31dsc_0191 32dsc_0192 33dsc_0193 34dsc_0195 35dsc_0196 36dsc_0199 37dsc_0200 38dsc_0202 39dsc_0203 40dsc_0204 41dsc_0205 42dsc_0206 43dsc_0207 44dsc_0208 45dsc_0209 46dsc_0210 47dsc_0211 48dsc_0212 49dsc_0213 50dsc_0214 51dsc_0216 52dsc_0217 53dsc_0218 54dsc_0219 55dsc_0220 56dsc_0221 57dsc_0222 58dsc_0223 59dsc_0224 60dsc_0225 61dsc_0226 62dsc_0227 63dsc_0229 64dsc_0234 65dsc_0235 66dsc_0236 67dsc_0237 68dsc_0238 69dsc_0239 70dsc_0240 71dsc_0241


連写でこれだけの数の画像が確保出来れば十分だが、今後の機種は新しいAFユニットが使用されもっと良くなるだろう。

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

D850と500㎜f5.6PF手持ちで月を撮る

モードA、ISO640、f11で撮ったが歩留まりが悪かった。Z6ではピントが合うのが遅かったが、D850はさっと合ったが(ファインダー内表示)そのままシャッターを押すとボケで、そのまま二呼吸置いた時の画像が良かった。
画像はZ6と同等か少し奇麗ような・・・・

01dsc_3812

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

D500と500㎜f5.6PF、TC14Ⅲの有無

 昨日、D500と500㎜f5.6PFを使用したが、少しでも大きく撮ってみようと思いTC14Ⅲを持って行った。これまでにTC装着は、近い鳥なら良いが遠いとTC無しでトリミングで拡大する方が良いと結論つけている。フルサイズミラーレスのZ6はTC装着でも画像が良いので、D500でもう一回やってみよかと思い再チャレンジしたがやはりダメだった。一眼レフでもフルサイズのD5では、それなりに使えるのでZ6が良いのもフルサイズ機で画質も向上しているからだろう。尚、f4のロクヨンならD500でもTCをそれなりに使えるが、やはり無しの方が奇麗。高画素機のD850ではロクヨンでも画像落ちは大きかったのと違ったかな、過去の試しは忘れている。

D500のTC無し、1200pixel等倍  
01d500dsc_7650

TC14Ⅲ装着で大きさを上の画像に合わせる。数mだが場所を移動したかな?
02d500dsc_7723tc1

TC14Ⅲ装着の1200pixel等倍画像
03d500dsc_7723tc2


参考
Z6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの1200pixel等倍画像
日が違うので厳密な比較はできないがD500より奇麗と思う。
04z6dsc_7193
 

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

Z6の高感度ノイズ低減

Z6の高感度ノイズ低減を、レンズ300㎜f4を装着してカメラで設定して確認した。

ISO3200、f4、SS1/320
ISO3200は使うかも知れないが、これ以上は暗くなってからのオオワシ塒入りぐらいしか使わないので調べず。

しない/弱め/標準/強めに設定できるが、拡大して見るとしないはノイズが出すぎ、弱めと標準はパッと見ではあまり変わらないような、強めはベタ過ぎてアカン。ノイズはあまり気にしない方だがベタ画像は気になる。

  
●トリミングで1.87倍に拡大
しない
01dsc_8932shinai

弱め
02dsc_8934soyai 

標準
03dsc_8939hyoujyunn

強め
04dsc_8941tsuyome



●3.75倍に拡大
しない
11dsc_8932shinai

弱め
12dsc_8934soyai

標準
13dsc_8939hyoujyunn

強め
14dsc_8941tsuyome

| | コメント (2)

2019年12月17日 (火)

TC-14Ⅲ、D850の故障チェック

 昨日、TC-14Ⅲを付けたり外したりを何度も繰り返した。日差しが変わってTC有無で写りがどうなるか見たかったからである。屋外使用での一眼デジカメは、パーティクルがカメラ内に入るので、レンズから取り外さない方が良いが最近は気にせず行っている。TCの取り外しで知人と雑談しながらやっていた時にTCをコンクリの道に落としてしまった。外観を確認すると傷は少しついていたが、ガッチリした単焦点なので問題無いだろうと撮影した画像を確認して、そのまま使用した。ズームレンズで伸ばしている時などなら即修理になる状況だった。
家に帰ってから気になったので、2本持っているのでもう一本と比較撮影した。昨日のD850の写りが気になったので、ついでにそれもチェックした。

レンズは300mmf4を使用し、被写体はいつもの置物で手持ち撮影
モードA、ISO1600、f5.6開放、画像は拡大以外は無修正

カメラD500
正常のTC14Ⅲ
01d500dsc_7273

落とした14Ⅲ
02d500dsc_7277rakka


落としたTC14Ⅲでカメラを変えた
D850
03d850dsc_3000

Z6
04z6dsc_7182

 

どの画像も大差なく問題なしだろう・・・と思うがD850は少し甘い?、買った時からD850の画像は少し甘いと思っており、アンシャープマスクで処理しないとスッリしなかったな~。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

Z6 高感度ノイズ低減

 高感度ノイズリ低減は標準にしている。Z6のISO6400画像でノイズ低減を変えてみた。標準で撮影しNX-Dで変換した。露出をプラス補正したが他は無修正。

●止まりもの1200pixel等倍画像
標準
01nrari

しない
02nrnashi

 

●飛翔の2.5倍拡大画像
標準
03dsc_6333_01_1

弱い
04dsc_6333_03_1

しない
05dsc_6333_02_1

 

センサーがかなり良くなっているようで、撮影条件によって違うと思うがISO6400でも2.4倍ぐらいの拡大までなら、自分の感覚では高感度ノイズ除去しないでも良いぐらい。ただしピントが甘い画像(手持ちではかなり多い)は、アンシャープマスク処理をするのでノイズ除去は必要。

S社製のセンサーかな(?)、そうならばS社製のカメラも高感度には強いのだろう。後は画像処理技術の違いと思うが、Z6のは純正かそれとも何処かから技術供与を受けているのか・・・・
α9と200-600㎜ならもっと正確に捉えることが出来るのだろうか? 先日量販店で触った知人がこの組み合わせはフォーカスが遅いと評価していた。D500と200-500㎜に対してだが、以前純正80-400㎜を使用していた頃にカワセミフィールドで触らせてもらい、比較して200-500㎜はフォーカスが遅いと自分は評価していた。評判の良い組み合わせがそのレンズより遅いとは?、設定か撮影条件の違いとちゃうかと思うが、人によって評価はさまざまなようだ。
Z6も人によって評価が違うが今のところ十分満足、手持で上手く撮れたと思う画像が1200pixel等倍に拡大してもOK、これで満足できなくなればここ数年に続いて費用のかかる撮影を極力見送って、次機D6しかないだろう。カワセミ、オオワシ・・・・等、撮影対象が同じでも動きものを逃さず確実に撮り良いシーンがあれば満足。

| | コメント (2)

2019年12月11日 (水)

D5とZ6の高感度の比較画像を撮影した・・・やはりD5に軍配かな?

 D5とZ6の高感度画像、オオワシの塒入り撮影でZ6の方が良いと思ったが、記憶違いかもと思い撮影休みで昼から暇だったので撮り比べを行った。レンズは500㎜f5.6PF+TC17Ⅱを使い被写体はいつもの牛の置物。f9.5のレンズになるがAFはどちらも問題無く普通にフォーカスした。

モードM、ISO6400、f9.5、SS1/200
D5
D5_20191211160701 

Z6
Z6_20191211160701

 

色はWBの関係か多少違うが、写りは同じようなもの。ただ、Z6の方がノイズ処理で少しベタっとしているかな?
やはり価格の差でニコン製品ではD5が最強かも、手持なので重いD5の方が条件的には不利。フィールドでの手持による飛びもの撮影は重さがかなり影響する。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

ワイヤレスリモートコントローラ

 昨日は飛び出し狙いということもあり、ワイヤレスリモートコントローラを初めて使用した。いつ飛ぶか分からないオオワシ、カメラのシャッターに指を置き続けるわけにはいかず使用したのだが、椅子に座っている時や人と話をしている時に便利である。オオワシの動きはゆったりしているので、飛び立つ瞬間の数枚は撮れると思う。暇だったのでどのくらいの距離から使えるか、カメラから離れ角樋を変えて調べたが30mぐらいなら大丈夫のようだ。

右がワイヤレスリモートコントローラで、何故か販売休止の期間が長いようだ。たまたま販売再開の時に購入したが、今はまた休止しているようだ。
左は10年以上前に購入したケーブル付きリモートスイッチ、時々三脚撮影でSSが遅い時にブレを防ぐために使用したが、最近は猛禽以外三脚撮影が少なくカメラの高感度性能が上がっているためSSを速くしているので使う機会無し。オオワシの飛び出し狙いで時々使ったが、カメラからあまり離れられず最近は使用しなくなった。
共にZシリーズでは使えない。
Dscn1050_1

  


昨日のオオワシ止まりもの、1200pixel等倍画像
D5と600㎜f4+TC14Ⅲでの撮影だが、昨日はすっきりした画像が得られず。撮影条件によるものと思う。極力順光で近いが、止まりもの撮影では必須、そこそこの機材ならシャッターを押せば撮れるので腕は関係無いだろう。

01dsc_0589

02dsc_0594

03dsc_0596

04dsc_0616

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

月相手にZ6とD850の比較

  レンズに500㎜f5.6PF+TC14Ⅲを装着し撮影した。

どちら良いか
多少D850の方が良いように思うが、共にトリミングで3.75倍に拡大している。2400万画素と4500万画素、トリミングし過ぎによる画像の劣化具合の違いかも知れない。

Z6
Z6dsc_4125

D850
D850dsc_2370

  


ソニーα9Ⅱ、知り合いのブログによれば量販店での試写で、416枚の連写全てにピントが合ったとのこと。ただし、最初にピントが合わなければ後はアカンとの話。レンズが何か知らないが、フィールドで同様なら凄いとしか言いようがない。α9も同様なのだろう。
フィールドでのカワセミノートリ画像、これで100%の確率で追えれば言うことなしなのだ、カメラを振る角度が大きく速いスピードで振らなければならないので無理かな。α9、α9Ⅱのファインダーは見やすいのだろうか?
1dsc_3740


α9はファームアップでAF性能が断然良くなったと先日量販店で聞いたが、Z6もその内ファームアップで改善されないだろうか。ニコンにも頑張って欲しいな~・・・・。ソニーに出来ればニコンもその内に出来るだろ、特殊な技術で特許で押さえられていれば別だが。

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

月相手にZ6とD5の画像比較

 500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの700㎜でZ6とD5の比較撮影を行った。
薄い雲が流れている時間帯でカメラの交換の時間差のため多少月の状態が違う。
手持撮影なので機材の重量差とミラーショックの違いでZ6の方がブレが少なく有利。

モードA、ISO800、f8、SS1/1600、露出補正-1
画像はトリミングで1600pixel切り取り、1200pixelにリサイズ
Z6
D5dsc_0261_01_4 

D5
01z6dsc_3287 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧