チョウゲンボウ

2020年11月 8日 (日)

撮影休み 11/3のチョウゲンボウ

 今日は所用で撮影休み

D6と300㎜f4+TC20Eの手持で、半年ぶりにチョウゲンボウを連写した。D6とはいえ300㎜f4に2倍テレコンを使うと、画質が何かもう一つ締まらない。カワセミ後のついでの撮影なので、”まあエエやろう” というところ。本格的に狙うなら500㎜f5.6で粘るが、この地は登場するかどうか今のところ分からないので粘る気はない。
昨日は姿見ず。

01dsc_1024

02dsc_1043

03dsc_1045

04dsc_1047

05dsc_1048

06dsc_1049

07dsc_1091

08dsc_1093

09dsc_1096

10dsc_1097 

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

チョウゲンボウ2020総集

 午前中は雨が降らないようなのでハヤブサもう一度で出かけようと思ったが、昨日角度が急な煙突をかなり見ていたので首が怠い。ハヤブサ幼鳥の目撃はチョウゲンボウの見間違いと違うかな~、ハヤブサ幼鳥ならしばらく居着くと思うので情報が入るだろう・・・・で撮影休み


今シーズンは23回行ったが、チョウゲンボウは苦労せずに撮れるので正直なところ途中で飽きる。続けて行ったのは、昨年も同様だが他に撮りたい鳥がいないからで、狙いは飛び出しと飛翔、♂から♀への餌渡し、近くからの撮影と変わり、最後は巣立ちした幼鳥で終わる。昨年からチュウヒが繁殖しなくなったからチョウゲンボウに変わったのだが、チュウヒが良かったら半分も行っていないだろう。餌渡しは口移しより空中の方が絵になる。
まあ、昨シーズンにより少なかったが今シーズンは23回、1日3~5時間の観察だがこの地のチョウゲンボウの習性を更に理解できたように思う。鳥の習性は暇でもじっと我慢の子で観察し、どうやこうやと考えないと理解できない。

撮影機材は色々使ったが、綺麗に撮れるのはD6と600㎜f4の三脚撮影、手持ではカメラにかかわらず500㎜f5.6を多く使用したが、一度使ったD500と300㎜f4が近くでは撮り易く良かったように思う。来年は、この組み合わせを多くするのが軽くて楽ということも有り良いかも知れない。最後にD500かZ50とTa18-400㎜で撮ろうと思っているが、腰を痛めて行けずだが行かないかもしれない。

6月17日に中締め、その後に子供の様子を見に行って終了させ、総集をまとめるつもりだったが、腰を痛めて行けずで完全終了とした。
行った時には無事だった2羽の子供、その後1羽は行方不明とも聞いたが無事なのかな。

気まぐれで行くかも知れないが、チョウゲンボウ2020は終了、また来年。


●4月7日 D850と500㎜f5.6、手持撮影 447枚
 コロナが心配で行く場所がなくなり、車で行け人の少ない閑散とした場所ということで、昨年より一週間早くスタートした。撮影ポイントに着いて30分程待っていたら♀が姿を現し、12時前に遠くへ飛び去るまで付き合ってくれた。一度♂が餌を持って帰ってきたので餌渡しも撮れ、幸先良いスタートとなった。
01200407

●4月8日 D5と500㎜f5.6、手持撮影 373枚
 前日とは違い巣の近くに止まってじっとしているという状況で暇を持て余した。巣に入りしばらく出てこない時間も有ったので抱卵に入ったように思った。
02200408

●4月9日 D5と600㎜f4、三脚撮影 598枚
 抱卵中と思っていたが交尾が始まったので驚いた。交尾後♂は飛び去り♀は巣の中へ入る。その後、♂が獲物を持って帰り時間を置いて♀が出てきたが見ているだけ。♀はハトを蹴散らしに出てくるだけで巣に入ることが多く退屈だった。3時間ほどしてから♂が再び獲物を持って帰ってきて餌渡しが行われたので引き上げた。
03200409

●4月14日 Z6と500㎜f5.6、手持撮影 477枚
  冷たい風が強く我慢できずで広場横の木の茂みの後ろに移動して待った。餌渡しがあったが遠すぎてまともに撮れず、交尾が再びあったが後ろ向きではもう一つ。撮影そのものも風に煽られ苦労した撮影日だった。出が悪く抱卵が始まったと感じる日でもあった。
04200414

●4月28日 D500と500㎜f5.6、手持撮影 623枚
 コロナで駐車場が閉鎖になる前日、閉鎖の前にコアジサシということで行ったが、チョウゲンボウは次いでの撮影。グランドで交尾を見たが(3回目)遠くて後ろ向きではもう一つ。
05200429

●5月11日 D500と500㎜f5.6、手持撮影 372枚
 駐車場の閉鎖が解除になり、4/28以来のコアジサシを狙いに行った。2時間待ったが姿見ずで、チョウゲンボウに狙いを変えたが、こちらは順調で良い角度での餌渡しと砂浴びを今までに無い近距離で撮れて良かった。
06200511

●5月12日 D5と600㎜f4、三脚撮影 538枚
 チョウゲンボウの出はもう一つの日だった。餌渡しが見られたが♂が餌を持って帰ってから直ぐに♀は出てこず、さばいて小さくしてから出てきて餌渡しが行われた。♂と♀の動きから雛誕生かの予感がした日だった。  
07200512

●5月15日 D5と600㎜f4、三脚撮影 1,023枚
 8時前から11時までの撮影で♂が2度獲物を持ち帰ったが、♀はいずれも出てこずで♂が巣に持って入った。♀も短時間ながら2度出てきたが、今シーズン2度目の砂浴びが良い角度で撮れて良かった。雛誕生を確信した日でもあった。
08200515

●5月20日 D850と500㎜f5.6、手持撮影 347枚
 8時過ぎから12時前までの撮影、狙いは砂浴びとグランド辺りでの餌取だったが共に見られず。♂の餌持ち帰りは3回、2回は後姿で1回は♂の鳴き声の方向を間違い前を見た時は終わっていた。雛が順調に育っているようで♀の外に出る時間が多くなっていた。D850の不調が再び気になった日でもあった。  
09200520

●5月21日 D850と500㎜f5.6、手持撮影 237枚
 この頃になると飽きてきたが、行くところが無くチョウゲンボウに行った。D850と500㎜f5.6PFの手持で、前日のボケ連発のチェックだったがやはりアカン、飛びもののフォーカスがもう一つで歩留まりが悪いのが気になった。餌渡しは3回、着く前に1度あったとのことで餌渡しのサイクルは短くなったように思う。餌渡し以外は良かったシーンはなく疲れた。
10200521

●5月22日 D5と600㎜f4、三脚撮影 636枚
 7時過ぎから10時前までの撮影で♂の餌持ち帰りが5回あった。餌渡しではなく餌プールも含めてだが持ち帰りサイクルがかなり早くなった。受け渡し失敗で餌が落ちるのを初めて見た。
11200522

●5月25日 D850と600㎜f4、三脚撮影 334枚
 8時前に到着、しばらくして1時間少々で餌渡しが4回ありビックリ、調子の悪いD850とロクヨンで行ったが結果はもう一つ。D850でそのまま続けてもアカンで10時頃に引き上げた。
12200525

●5月27日 Z6と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:815枚
 8時前からの4時間で餌渡しの回数は4回で雛は順調に育っていると確信した。しかし、昨年より回数が減っており雛の数は少ないと思ったが最後に5羽出たので驚いた。Z6とロクヨンだったが、やはりAFの初動遅さで餌渡しに飛び出しはワンテンポ遅れた。
雨上がりで昨年撮れたBBQ広場の水溜まりで水浴びを期待して行ったが見られず。今シーズンは、砂浴びは撮れたが水浴びは撮れずだった。
13200527

●5月28日 D500と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:749枚
 道路の渋滞を考え7時頃着で行くようになった。♀が巣から出てきて遠くへ飛ぶようになり、雛が大きくなってきたと予想する。♂が餌を持ち帰っても♀が居らず♂が巣に持って入るところも見るようになる。
暑くなってきてコロナ対策のマスクが邪魔になったが、我慢して最後まで着けていた。今も着けている。この地では知らない人が多いので、人とはあまり喋らずマスクをしていない人は避けるようにしていた。もぅ大丈夫だろうと喋るようになったのは最後の方の数回。
14200528

●5月29日 D5と500㎜f5.6、三脚撮影 998枚
 ♀が近くに何度か下りるようになったのでBBQ広場の横で待った。狙いはバッタなのどのフライングキャッチだったが、目では見たものの撮れず。
15200529

●6月2日 Z50と300㎜f4、手持撮影  1,455枚
 Z50と300㎜f4手持ちをメインに、バックアップにD850と500㎜f5.6の三脚撮影で行った。D850の不調は続いておりZ50での撮影がメインとなる。餌撒き爺さん登場で動きが変わり近くに下りてくれたので、近くからそれまで以上に何度も撮れたが直ぐに飽き、期待のフライングキャッチがシャッターチャンスがなくなった。地元ではないので人が何しようが、鳥に危害を加えない限りゴジャゴジャ宣う気はないが(何をやっとんねんと嘲笑するが)、人によって狙いが違うので一人か仲間内の場所でやって欲しい。この地のチョウゲンボウは餌を撒かなくても何度も近くに下りている。立っていた場所の横、2~3mの所に下りてびっくりしたこともある。
16200602

    D850と500㎜f5.6、三脚撮影 249枚
Dsc_0018

●6月4日 D5と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:1,180枚
 重量機材D5とロクヨンを、ジッツォの三脚GT2531(2シリーズ、3段、6Xカーボン)に載せて初めて撮影した。機材チェックの日であったが十分耐えることが確認でき良かった。餌の持ち込み回数は順調で、♀が餌を巣に持って入った時に雛の鳴き声が聞こえ、そろそろ巣から雛が顔を出すのが期待出来る日となった。
17200604

●6月5日 D850と600㎜f4、三脚撮影 784枚
 7時から11時前まで居て♂の餌持ち帰りは1度、♀が近くで頻繁に餌を撮り巣に持ち込んでいた。♀のフライングキャッチ撮影のチャンスだったが、重量機材の三脚撮影だったので倒すなどのトラブルを恐れあまり追いかけず。
18200605

6月8日 D500と300㎜f4、手持撮影 撮影枚数:980枚
 7時過ぎから10時過ぎまでの撮影、♂は一度も戻って来ずで、♀が頻繁(10回以上)に虫餌を捕って巣に運んでいた。虫以外に対岸に飛びムクドリを持って帰ってきたが、重くて橋まで一気に持って上がれず、地面でウロチョロしよったので、これまでに無いシーンが撮れて良かった。
雛がチョロット顔を見せた。
19200608

●6月9日 D5と500㎜f5.6、手持撮影 撮影枚数:834枚
 7時から10時まで粘ったが、♀のサービスは前日より悪くなり、遠くへ飛ぶ時間が長くなり雛をほったらかしにしていたが巣立ち間近を感じる。♂は2度獲物を持って帰ってきたが、♀が近くに居らず♀を呼ぶことなく巣に直行短時間だが何度か巣の入口を見たが雛は顔を出さず。
20200609

●6月15日 D500と500㎜f5.6、手持撮影 撮影枚数:830枚
 地元の人に13日に1羽が出て(落ちて?)川に流されたと聞いた。昨年も1羽が13日に出て(落ちて)水道管(かどうか知らないが)橋脚まで飛んで川に落ち、トビに食べられているが同じ日ではないかい。子供は体半分巣から出ていたので2番子巣立ちは直ぐと思ったが、川が遊歩道の下10cmもない位置まで増水しており、巣から出て落ちれば川に落ちる可能性が高いので心配だった。
21200615

●6月16日 D5と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:1,848枚
 着いて直ぐに前日帰った後に2羽が落ちて川に流されたと聞いたのでがっかりしたが、1羽が巣に居ると聞き巣立ちを期待して待った。期待通り10時43分頃に巣立ちしたので撮りまくった。巣立ちの瞬間を見える場所から撮ったのは初めて、直ぐに土手の斜面に下りたので撮りまくった。
驚いたことに巣にもう一羽居た。色が黒く産毛も残っていたので、この日は出ないだろうと思い引き上げた。毎日行ったわけではないが、親の獲物持ち帰り回数が昨年より少なく、雛の数は少ないだろうと予測していたが外れた。
22200616


●6月17日 Z6と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:959枚
 5番子登場、土手の上から撮り暑かったので橋の下の日陰で休んでいた時に出てきたので瞬間は撮れず。川に落ちず運よく橋脚の上に落ちよったので、しばらく撮りまくる。その後、川中の橋脚の土台に飛んだので引き上げた。
23200617

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

6/16のチョウゲンボウ残り画像 その④  土手から橋脚に飛んだ4番子

 6/16の画像最終は、4番子が土手から橋脚に飛んだ時の画像です。途中は真剣に追わず橋脚についてから連写したが距離が遠すぎた。


橋に辿り着き止まるかと思ったが・・・・
ノートリ画像
01dsc_4846

上手く掴めず落下
02dsc_4849

03dsc_4860

04dsc_4864

途中で狭い場所に一旦下りたが
05dsc_4865

直ぐに飛び
06dsc_4869

途中の窪みに足をかろうじて引っかける。
07dsc_4873

08dsc_4876

必死に上ろうとしたが、窪みが小さすぎる。
09dsc_4888

落ちて橋脚の土台に止まる。
10dsc_4894

しばらくウロウロ
11dsc_4966

12dsc_4986

13dsc_4988

14dsc_5007

15dsc_5008

上で見ていた親が下りてきた。
16dsc_5146

17dsc_5147

18dsc_5148

19dsc_5150

親は下りても救出出来ず、カラスが来た時に追い払うぐらいしか出来ないだろう。
20dsc_5152

親は何も出来ず直ぐに飛び去った。
21dsc_5159

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

6/16のチョウゲンボウ残り画像 その③  グチャグチャ

 毛がグチャグチャ、水位観測所方面から帰ってきてからの姿、水浴びでもしたのかと思ったが違うようだ。砂浴びでも同様の姿を見るが、それも違うようでどういう仕草なのかな?
この地の個体特有では無いと思うが、同類のハヤブサも含め他所では見たことが無い。

01dsc_4336

02dsc_4338

03dsc_4339

04dsc_4342

05dsc_4351

06dsc_4358

07dsc_4376

08dsc_4378

09dsc_4384

10dsc_4386

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

6/16のチョウゲンボウ残り画像 その①  土手に下りた幼鳥

 この日のチョウゲンボウ撮影は面白く、機材はD5に600㎜f4で長く粘り1800枚以上撮ったので、残り画像を保存しておくだけでは仕方無しで掲載します。

その①は土手に下りた4番子
近くから撮ったが日差しが強すぎ画像はもう一つというところはあるが、幼鳥の草の上での近距離撮影は、この地でも年1回撮れるかどうかなので運が良かった。

01dsc_4582

02dsc_4633

03dsc_4651

04dsc_4653

05dsc_4657

06dsc_4725

07dsc_4743

08dsc_4750

羽ばたきの練習
09dsc_4779

10dsc_4780

11dsc_4781

12dsc_4782

13dsc_4783

14dsc_4784

15dsc_4789

16dsc_4791

17dsc_4801

18dsc_4807

19dsc_4819

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

チョウゲンボウ2020ⅩⅩⅢ 5番子巣立ちで中締め

 昨日、川中の橋脚土台に下りた4番子がどうなったかと、巣から一度外に出て直ぐに戻った5番子はどうなのかが気になり、いつも通り7時過ぎ着で行った。4番子は夕方にこちらに戻り駐車場の車の上に止まったりしてから水位観測所の塔に止まったそうで、今日の朝までその場所に居り無事であった。ただ、10時まで居たがその間何処かにいったようで消息は知らない。朝から暑く橋の下で休憩している時に、5番子が巣から橋脚に出てきたので撮ることができた。巣にはもう居ないと思うので(居ればビックリ)取り合えずチョウゲンボウ2020を中締めとするが、他に撮る鳥がいないのでボチボチ行くつもり。

昨日動きが変と思った雲台のFSB8、修理費用の概算がべらぼうに高く元通りにはならないかも知れないとのことだったので、何とか使えないかと再びロクヨンを持って行ったが(カメラはZ6)、動きが以前と少し違うように思うものの、撮影には支障ないのでそのまま使うことにした。撮影の合間には頻繁にロックすれば、機材の落下とかのトラブルは無いと思う。ウインバリーは8年で完全に壊れ動かなくなったが、丸4年のFSB8は撮影に支障が無い間は勿体ないので使う。


4番子
朝一に撮りに行ったが直ぐに橋の近くに戻る。遠くから見ていて姿が見えなくなったが何処に行ったのかな? 塔の反対側の見えない場所に移動した可能性もある。  
20061701


5番子
色が少し黒く所々に産毛が残っている。
20061702

この子供は動きが良くウロウロしていたが場所的に見難かった。
20061703

20061704

20061705

20061706

20061707

20061708

20061709

20061710

20061711

20061712

20061713

20061714

20061715

20061716 

橋桁のメンテ通路のようなダクト(何か知らない)に2度目の飛び上がりで乗りよった。
20061717

20061718

この後姿が見えなくなる。
20061719

少し時間が経って奥から巣の方に飛んできたが落下、途中から飛び川中へ向かう。近くで様子を見ていた親が直ぐに後を追ったが、子は川中の橋脚の土台に下りた。
橋脚に掴まろうとしたが掴むところが無くそのまま落下、昨日の4番子も同様だった。岸の方に戻って来るだろうと思いながら引き上げた。
20061720


親の飛翔を少々
Z6はレンズがロクヨンとはいえ、AFが一眼レフに比べ遅くて飛翔をいきなり捉えるのは難しい。止まりものや飛び出しからの飛翔なら問題なし。バージョンアップで何とか性能向上出来ないのかいな。
20061721

20061722

20061723

20061724

20061725



撮影機材:Z6、600㎜f4、三脚撮影  撮影枚数:959枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

チョウゲンボウ2020ⅩⅩⅡ この地の巣立ちは楽じゃない

 チョウゲンボウの雛の数、少し前の親の巣への餌(鳥)の持ち込み回数から想定していた数より多くハズレ外れだった。
13日に1羽が巣から落ち、今日の朝に昨日は帰った後に2羽が落ちて川に流されたと聞いたのでがっかりしたが、1羽が巣に居ると聞き巣立ちを期待して待った。期待通り10時43分頃に巣立ちしたので撮りまくった。巣立ちと言っても巣から見事に飛んだのではなく、チューブのようなものをつかみ損ね落下、パイプの留め金具をかろうじて掴み、しばらくバタバタして土手の斜面に飛んで下りよった。長い間じっとしていたが橋の方に飛び、上昇しきれず川の中央の橋脚の土台に下り、動き回って飛ぶ練習をしていたようだ。3時前に引き上げたのでその後戻ったかどうか気になる。誕生したのは4羽と思ったが、もう一羽登場、巣から一旦出たが直ぐに巣に戻ったが計5羽とは驚いた。もう1羽居らんやろな~~。

撮影中に雲台のFSB8が壊れた。チルト機構のダイヤル3までがおかしく、ロックせずに何度も担いで移動し、土手の斜面で無理な態勢(雲台に変な力がかかる)で撮ったためだろう。帰ってから購入先に電話し修理の概算を聞いたが安くて4~5万、摩耗もしているので購入時の状態に戻るかどうか分からないとの話。ダイヤルが4以上なら動きは硬くなるが使えるので、しばらくそのまま慎重に使いダメなら買い替えな仕方なし。最近ロックを忘れて担ぐことが多かったが不注意で大損だ~。特別給付金が飛んでしまう。


4番子の巣立ちを掲載
7時過ぎから3時前まで粘ったので撮りすぎ、画像の確認もせず巣立ちのシーンのみチェックした。

20061601

後ろから出たが
20061602

前のチューブに手を伸ばしているので自分から出たと思っている。
20061603

20061604

上手く掴めず戻ろうとしたようだが
20061605

20061606

巣の入り口を掴めず落ちる。
20061607

20061608

20061609

20061610

パイプの留め金具の上を掴んだようだ。ここから約100連写の抜き取り
20061611 

20061612

20061613

20061614

一旦這い上がろうとしたが
20061615

20061616

20061617

無理で10秒近くぶら下がる。
20061618

遠くで見ていた親が心配して飛んでくる。
20061619

何も出来ず見てるだけ。
20061620

20061621

飛んだが手を離した瞬間が撮れておらず連写が止まったのかもしれない。上手く追えずボケボケ。
20061622

20061623

土手の斜面に止まる。
この時斜面に三脚を置き無理な態勢で撮影したので雲台がおかしくなったのかも?
20061624 

順光になるよう場所移動。
20061625

炎天下、かなり時間が立ってから飛んだ。
20061626

飛び立つ瞬間、幼鳥の仕草
20061627

20061628

20061629

フラフラしながらだが、巣から出て直ぐ飛ぶのには驚く。
20061630



撮影機材:D5、600㎜f4、三脚撮影  撮影枚数:1,846枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

チョウゲンボウ2020ⅩⅩⅠ 朝の4時間では子供は出てこず

 ♀が巣に餌を持ち込んだ時期(撮影日の関係で日まで把握していない)から積算で、そろそろ子どもが巣から出る頃と期待して行った。7時過ぎから11時過ぎまでの撮影で巣から出てこず、蒸し暑さに負けて引き上げたが帰った後に出たかな~。
撮り始めてしばらくしてから来られた地元の人に、13日に1羽が出て(落ちて?)川に流されたと聞いた。昨年も1羽が13日に出て(落ちて)水道管(かどうか知らないが)橋脚まで飛んで川に落ち、トビに食べられているが同じ日ではないかい。この時は着いた時にはトビが食べていた。
子供は体半分巣から出ていたので、今日出ていなくても明日か明後日には出るだろう。川が遊歩道の下10cmもない位置まで増水しており、巣から出て落ちれば川に落ちる可能性が高いので心配。

今日はD500と500㎜f5.6の750㎜で近くから撮影したが、飛翔は近すぎると上手く追えずボケが多くて歩留まりが悪かった

  
巣に居た子
雛と言っても体の大きさは親とあまり変わらず幼鳥といった方が良いだろう。違いは、目の周りが親に比べ白いのと印象で幼顔というぐらい。図鑑によると幼鳥の間の色は♂も♀も♀に近いとか?

20061501

20061502

糞はちゃんと外にしよる。
20061503

20061504

羽繕いの仕草も親に同じ。
20061505

巣の狭い入り口で羽ばたきの練習、奥から押されれば落ちるやろな~
20061506 

今日は2羽の姿が見られたが、もう1羽いるのかな? 今年、♂が鳥を持って帰る回数は昨年より少なかったので・・・・
20061507

今日は一番姿を見せてもこのぐらい。
20061508



親♂の餌持ち帰りから再び飛んで行くまで

親の帰りを待っていたら♂が獲物を掴んで帰ってきた。
20061509

餌を捕って帰ってくる時のスピードは速い。
20061510_20200615165501

20061511

20061512

橋の下に止まり鳴いて、お出かけ中の♀を呼ぶ。
20061513

20061514

20061515

しばらく呼んでいたが♀は帰って来ず。
20061516

20061517

20061518

しばらくして自分で巣に持ち込む。
20061519

20061520

20061521

20061522

顔を巣に突っ込んで餌を置き直ぐに体を翻す。
20061523 

巣に入り込まないので(子が大きくて入れないのかな?)動きは速い。
20061524

橋の下にいったん止まり
20061525

20061526

直ぐに飛ぶ
20061527

20061528

20061529



撮影機材:D500、500㎜f5.6、手持ち撮影  撮影枚数:830枚
移動:車  天気:薄曇り
撮影経費:0円

 

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

チョウゲンボウ飛翔の近距離撮影(6/9の画像)

 撮影休みでPCの画像を整理し外付けHDディスクに移動させた。
最近のチョウゲンボウ画像、撮った日にボケは削除しているが、PCに残した画像は同じようなのが多い。日によってキッチリ撮れたり、拡大すると微妙にボケていたり(50%以上?)で残す画像の選択に迷う。飛翔の場合は、薄らボケでも飛んでいる姿によっては残すことが多い。

D5と500㎜f5.6の手持ちで近距離から撮った飛翔
大砲での三脚撮影は機材を置くと移動しにくいが、手持なら飛ぶコースを予測して移動し近くから撮れる確率は高い。

01dsc_2284

02dsc_2290

03dsc_2530

04dsc_2532

05dsc_2535

06dsc_2544

07dsc_2632

08dsc_2640

09dsc_2642

10dsc_2847

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

チョウゲンボウ2020ⅩⅩ 暑かった~!

 D5と500㎜f5.6手持ち、AF-C3dトラッキングを試した。以前に地元のカワセミで、カメラはどれだったか忘れたが試したことがある。周囲にピントを取られさっぱりだったが、体の大きなチョウゲンボウではどうじゃで、D5では初めて設定し撮ってみた。普段はダイナミックの72点か9点にしているが、結果は大して変わらないように思う。ただ、直ぐ近くを飛んだ時は多少ピントが良かったようにも思うが気のせいかもしれない。
7時から10時まで粘ったが、♀のサービスは昨日より悪かった。♂は2度獲物を持って帰ってきたが、♀が近くに居らず♀を呼ぶことなく巣に直行、♀も遠くに行く時間が長くなったようで餌持ち込み以外はほったらかしのように思う。短時間だが何度か巣の入口を見たが雛は顔を出さず、下の板に白い糞の跡が見られるので、雛が外にお尻を出して糞をしているのかも知れない。

この地は、橋の下の日陰に行けば涼しいが、チョウゲンボウをまともに撮影出来ない。撮影ポイントは直射日光で暑くてたまらず、8時頃から頭がボ~っとしていた。
明日から天気が悪くなる予報、雛が出る頃には雨で行けないかな? 

  
朝、機材を準備し4時半頃に3dで月をとってみた。
20060901

3dトラッキングはアカンと思っていたが被写体が大きければ使えそう、三脚を使用した方が良いかも。
20060902

20060903

20060904

コンクリの斜面に止まる。たまたま下に下りており直ぐ目の前で驚いた。
20060905

20060906

20060907

前に飛び出したので距離が近すぎ、Limit設定していたのでボケる。
20060908

少し離れてからピントが合う。
20060909

♂が餌を持ち帰り一旦止まったが直ぐに巣に持ち込んだ。雛も大きくなり毛が毟れるようになったのかな。巣の下に居ると雛の鳴き声が一段と大きく聞こえる。
20060910

20060911

20060912

20060913

BBQエリアでの撮影
20060914

20060915

20060916

20060917

20060918

20060919

以下は、川の水位水量観測所方面での撮影
20060920

20060921

20060922

連写で追えばネット越しでもピントを保持している。ダイナミックでも同じと思う。
20060923

20060924

20060925

20060926

20060927

20060928

20060929

20060930

  
今日は久しぶりに過ってのカワセミ撮影仲間の奈良のIさんに会ったが何年振りかな?



撮影機材:D5、500㎜f5.6、手持ち撮影  撮影枚数:834枚
移動:車、現地歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

より以前の記事一覧