コハクチョウ・ガン類

2020年10月31日 (土)

湖北 マガン再び

 車運転の日、今日も湖北へ行った。目的は、Z6の500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ(開放f11・1000㎜レンズ)での手持飛翔撮影のチェックだったが、f11ではAFがもう一つで難しかった。VRの効きももう一つでピントが合ってシャッターを押しても、1000㎜ではブレるので撮れた画像はボケボケ連発となる。特に距離の遠い空抜けではピントが外れ迷うと中々合わずで、空抜けなら大丈夫と思っていたのが間違いだった。ピントが抜けると何も無い空、ピントを合わせに行っても合わずで迷うのは当然か。上手く撮れれば手持で今シーズンのオオワシ飛翔を撮ろうと思っていたが、止めてD500と500㎜f5.6のTC無しで撮り、より大きく拡大した方が確実だろう。少しでも大きく撮れないかと思っていたが、ピントの迷いが多ければ使う価値無し、画像もTC20では劣化しシャープさが無くなる。ある程度は後でソフト修正できるが、元が悪ければ修正に限度がある。三脚を使用して山からの発進ぐらいなら使用できると思うが、直ぐにピントが外れたらと思うと使うのを躊躇する。TC14Ⅲとの組み合わせは、昨シーズンに手持で撮っている。

湖岸では、コハクチョウ、マガン、オオヒシクイ、ミサゴ等、田んぼではヒバリ、モズ、アトリとニューナイスズメの大群、チョウゲンボウ、おまけでカシラダカの逆光証拠写真が撮れた。ノビタキは姿を見ず、期待していたタゲリも居なかった。


マガンの飛翔を近い距離(1000㎜だったから)で撮れたので掲載、後は画像整理後にそれなりの画像があれば掲載します。
マガンの飛翔画像は、これまであまり撮れておらず、自己満足できるレベルに仕上がっている。

20103101

20103102

20103103

20103104

20103105

20103106

20103107

20103108

20103109

20103110

この画像のみ1200pixel等倍に拡大
20103111

20103112

20103113

20103114

20103115

20103116

20103117

20103118

20103119

20103120

20103121

左はオオヒシクイ、マガンは一回り小さい
20103122

  
撮影機材:Z6、500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:860枚
移動:車、現地歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円
歩行数:9038歩  歩行距離:5422m

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

湖北(3/3) オオヒシクイ

 今日は天気予報では雨だったので撮影休みにしたが午前中は雨降らず。最近の天気予報はあてにならない。


オオヒシクイは田んぼに下りているところ撮った記憶が無い。この冬はチャンスがあれば撮ってみたい。

D800Eと500㎜f5.6PFの画像
01dsc_4345

02dsc_8815

03dsc_4239

04dsc_4279

05dsc_4375

06dsc_4384

07dsc_4399

08dsc_4404

09dsc_4405

10dsc_4408

11dsc_4409

Z50と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの画像
12dsc_8900

13dsc_8903_20201022152801

14dsc_8905

| | コメント (2)

湖北(2/3) コハクチョウ

 昨日は、D850のピンズレの非定期チェックを兼ねていたので、数回の使用で正常が続いておりホッとした。

掲載はコハクチョウ
コハクチョウは、オオワシ撮影のついでに撮ることが多い。体が大きいのでピントを合わせるのは簡単だが、白とびするので綺麗に撮るのは難しい。オオワシシーズンは、田んぼで撮ることが多いが農道から撮ればかなり近距離でも逃げない。近づきすぎると当然移動しよるが、人が近づいて飛ぶのは見たことが無い。飛び立つまでに走る必要があり図体が大きく面倒なのかな? 大勢が一気に近づいたらどうかは知らない。
湖岸からの撮影ではトリミングで拡大するしかない。

01dsc_4370

02dsc_4411

03dsc_4196

04dsc_4198

05dsc_4202

06dsc_4213

07dsc_4214

08dsc_4216

09dsc_4217

10dsc_4222

11dsc_4267

12dsc_4389

13dsc_8830

14dsc_8840 

15dsc_8842 

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

湖北(1/3) マガン

 週一の車運転の日、マガン狙いで今回も湖北に行った。マガンは、ヒシクイの集団の中に居たが最初は分からず。地元の知り合いのカメラマンさんに教えてもらい、5羽居るのが分かり何とか撮れた。これまでにも証拠写真レベルは撮っているが、じっくりと撮ったのは初めてと思う。残念ながら動きが悪く、期待の飛び立ちや飛翔は撮れず。コハクチョウ、ヒシクイも撮ったが、田んぼに下りた時ほどの近距離撮影は出来ず、トリミングで拡大しても顔のドアップ画像は得られなかった。湖岸では、他にミサゴ、カワセミ、カモ、カモメなどがを撮れた。
9時頃から10時半まで湖岸で粘り、その後1時間ほど道の駅東側の畑でニューナイスズメ、ノビタキ、チョウゲンボウ、ノスリ、アトリ、モズなどを撮り、道の駅で昔懐かしい具入りのお稲荷さんとだし巻き卵を食べ、12時半頃に引き上げた。具入りのお稲荷さんは美味い。

今日の機材は、ピント時たまチェックのD850とZ50、レンズは500㎜f5.6PFでZ50ではTC14Ⅲを装着し手持撮影した。Z50と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの1050㎜f8の手持は、カモ以上の大きさなら歩留まりは悪いが撮れた。天気が良くISOを抑えられたので、画像もそれほどベタっとしない。次回はいつ行くか分からないが、Z50にはTC20Ⅲを使用し1500㎜f11で飛びものをチェックするかな、飛びものは三脚が必要やろな~? 


今日はマガンを掲載、最初の数枚はD850、その後はZ50の画像

20102101

20102102

20102103

20102104

20102105

20102106

20102107

20102108

20102109

20102110

20102111

20102112



撮影機材:D850と500㎜f5.6PF/Z50と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ、手持撮影
撮影枚数:407枚/198枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

撮影休み 1月に撮影したコハクチョウ

 雨で撮影休み
新型コロナの感染者数の増加が日増しに増えてきた。中国以外ではイタリア、韓国、イランの増加が凄い。日本は、クルーズ船等を除く国内感染者が500人超えとかだが、チェックしていないだけでこれから益々増えていくのだろう。統計は感染者数だけのようだが回復した人の数も知りたい。
仕事現役時代なら用心しながらも、開き直って出社し出張にも出なければならないが、今は人混みへの外出を避けることが出来る。昨日のような免許更新が有れば出かけなければならない。建屋に入る時はマスクをしていたが、していない人も多かった。急に学校休校の要請が出されスポーツの無観客試合にも驚いたが、普通のインフルエンザ同様に気をつけるだけではアカンのかいな。大阪のライブハウスでの感染ニュースを見ていると、閉ざされた狭い空間では感染力が高いようで避ける必要はあるが、野球のオープン戦などを無観客でやる必要が有るのかいな、どこに感染者がいるか分からず集まるなということか。病院にも安心して行けず極力他の病気にかからないよう注意しなければならないが、インフルエンザより少し気をつけて普通の生活をするしかない。
先日、11月か12月に行こうと思いながら忘れていた健康診断の最終案内が市から来たが行くのを止めた。

  
掲載は1月前半に撮影し整理していたコハクチョウ
数はかなり減ったと思うが残っているかな、それとも暖冬だったので全て北帰しているかな?

01dsc_8935 02dsc_8939 03dsc_8949 04dsc_8953 05dsc_8970 06dsc_9109 07dsc_9147 08dsc_9148 09dsc_9151 10dsc_9158 11dsc_9159 12dsc_9162 13dsc_0481 14dsc_0498 15dsc_0737 16dsc_0743 17dsc_0748 18dsc_0750

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

コハクチョウ狙いで湖北

 オオワシ北帰の日から車に乗っていない、今日は車運転の日で湖北へひとっ走り。狙いはコハクチョウの集団飛翔、8時頃到着で10時に帰るまでに、3度北に飛び漁港辺り(沖かな)で東に進路を変えたが、北帰だったのか餌場に行ったのかは分からない。南に飛び餌場に向かうのも居たが、島の木が邪魔で撮れず。餌場から戻って来る集団も居たので、もうしばらく居るのかな?
D500とTa18-400㎜とD5と500㎜f5.6を持って行ったが、18-400㎜は70-200㎜f4にした方が良かったかな。岸辺の葦に灌木が邪魔で100㎜ぐらいになるとまともに撮れず。

山本山の正面から野鳥センターに走ったが、まずは誰も居ない山本山麓を記念撮影
20030201

D500とTa18-400㎜での撮影
コハクチョウは200~300羽ぐらい残っているかな?
20030202 

少し沖に集まり
20030203

最初に1羽が走ると直ぐに続く 第1陣の飛び立ち
20030204

飛び立つ時は、飛ばない奴まで鳴くので一気に騒々しくなる。
20030205 

20030206

小集団も飛び立つ
20030207

20030208

少しどんよりした曇り空が残念だった。
20030209

第2陣が飛び立つ
20030210

20030211

20030212

20030213

1時間ほどしてから第3陣が飛ぶ
20030214 20030215


D5と500㎜f5.6での撮影
後は大した動きが無く、円陣組んでワイワイに羽をバタバタぐらいしか見どころ無し。
20030216

横1列、この隊列で走ってくれれば面白かったのだが・・・
20030217

帰ってくる時の集団は数が少ない。
20030218

20030219

20030220

20030221

20030222

20030223

20030224

20030225

20030226

20030227 


湖北野鳥センターの記念撮影で、この冬の湖北は終了。
20030228 


オマケ
カワセミの鳴き声が聞こえ探すと、コハクチョウの間に飛び込み飛びだすのが見えたのでカメラを構えたが、飛び込まずにどこかへ飛び去った。
20030229


撮影機材:D500、Ta18-400㎜、手持撮影   324枚
     D5、500㎜f5.6    手持撮影        209枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

コハクチョウとオオヒシクイ狙いで湖北へ

 集団飛行狙いで野鳥センター前に行ったが、9時前着で時間が少し遅かったようで、おまけに曇り空でモヤッとしていて解像した画像が撮れず。数日前にセンタ前に行った時はコハクチョウがかなり居り、天気予報は良かったので期待していたがガッカリ。そろそろコハクチョウにオオヒシクイも北帰の時期が近づいている。チャンスが有れば晴れの日にもう一度チャレンジしたい。
10時半頃に山の麓にオオワシを見に行ったが、7時半頃に魚を持ち帰り8時前には塒付近消えたそうで、見える場所から遠い止まりものは撮れた。その後1時過ぎまで待ったが出てこずで諦めて引き上げた。


野鳥センター前ではD850とTa18-400㎜を使用した。
最初の3枚はソフトでかすみ除去で処理。
20021501

20021502

20021503

1時間半ほど居たがマガンが2羽交じった小集団が帰ってきた。
20021504

中州周辺に居たオオヒシクイが集まりだす。
20021505

北を向いて並んだので飛び立ちを期待。
20021506

一斉に飛び立ったが方向が反対で慌てる。中州の手前で前の枯れ葦が邪魔でまともに撮れず。
20021507

一旦南に飛び
20021508 

方向転換で北に向かい、直ぐに北東方向に飛び去った。
20021509

横を通過で山の方向に向かったが餌場に向かったのかな?、北帰では無いだろう。山を越えたかどうかは確認していない。
20021510



帰ろうかと思ったが、Z6と500㎜f5.6も持ってきていたので山本山に向かう。
20021511

山の麓での撮影
20021512

民家の軒下のスズメ、排気口かな?
20021513

田んぼでサギがエビを捕っていた。
20021514

センターへ帰る途中でケリを撮る。
20021515

20021516

20021517

今日のオオワシ、
一つ西の農道から撮影、1200Pixel等倍でこの大きさ。
20021518


撮影機材:D850、Ta18-400㎜、手持撮影     254枚
     Z6、500㎜f5.6+TC14Ⅲ、手持撮影   210枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:1,840円(行きの高速料金)

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

湖北の野鳥 オオヒシクイ

 秋から春先にかけての湖北、野鳥の三羽烏はオオワシ、コハクチョウ、オオヒシクイ、あまり狙わず撮る機会の少ないオオヒシクイを掲載します。
1月9日の撮影でD500と600mmf4+TC141Ⅲ使用、センター前に止まるオオワシを狙っていたが、オオワシの山の飛翔はTCを外した。

01dsc_8956 02dsc_8960 03dsc_9002 04dsc_9012 05dsc_9020 06dsc_9021 07dsc_9022 08dsc_9028 09dsc_9087

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

夕暮れ時のコハクチョウ

 昨日のオオワシ、帰ってからも動きがなかったようだ。ならば今日は飛ぶだろうと思う。天気予報を見ると雨は大したことなさそうだが、昨日の風による寒さが身に応え疲れているので行くのは止め。明後日は風が強い予報なので明日の天気予報を見てから決める。何とか紅葉バックの飛翔を撮りたい。山の紅葉、風の強い日が続けば散ってしまいそう。
昨日は予想気温対応の服を着て行ったが風の影響で寒く、途中から雨対策で持って行ったポンチョを着たがそれでも寒かった。寒さが身に応えるのは年のせいかな、家でも例年より早くから暖房を使用している。

天気の様子見で出れそうならカワセミに行く。


掲載は、11/23に5時頃まで湖岸で粘り撮ったコハクチョウ。
湖岸で夕暮れ時に逆光気味でコハクチョウを狙って撮ったのは10年ぶりぐらい。山本山から野鳥センター駐車場に戻る途中で、田んぼから琵琶湖に帰るコハクチョウは3年ほど前に撮っている。

次々と田んぼから帰ってくる
01dsc_6578

750㎜で近くを飛ぶ集団を撮ると中途半端な画像となるので極力小集団の1羽を狙った。
02dsc_6559

03dsc_6637

04dsc_6669

05dsc_6675

06dsc_6684

07dsc_6701

08dsc_6715

マガン
マガンをもっと撮りたいがオオヒシクイに比べ数が少ない
09dsc_6730

10dsc_6769

急に集団で飛び出した
11dsc_6766 

何事が起ったのか知らないがカモも含め一斉に飛び立つ。初めて見たが迫力があり35㎜ぐらいの広角レンズが欲しかった。
12dsc_6782_20191125171301

夕日に染まるコハクチョウ  
13dsc_6838

14dsc_6843

このシーンをもっと綺麗に撮りたいが、PFレンズでは無理かな?
何枚も撮っていると夕日の反射で目がおかしくなり、しばらく周囲がまともに見えず。
15dsc_6869

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

湖北にて・その③ 田んぼで撮ったコハクチョウ

 昨日は野球の日本対韓国戦を見ていたが、9時頃に眠くなり最後まで見ず寝たので4時半頃に目が覚める。しばらくして起きPCを立ち上げ、まずは試合の結果を確認、日本が勝って優勝でよかったよかった~。ただ、WBCのようにメジャーリーグの選手はあまり出ていないようで、喜びももう一つ。
ついでにブログを色々見ていると、昨日富山をオオワシが通過したとの記事が目に入る。湖北へ行くかと思ったが、島根方面にも飛来するようで、湖北のオオワシとしても山本山に直行するかどうかわからず、天気が昼からもう一つで少ししんどいこともあり止めた。山本山への飛来が確実になってから行くことにする。
朝からアオバト狙いで家を出たが、8時頃から1時間待ったがアオバトは姿を見せず、カワセミを撮影して良い所が撮れなかったが早めに引き上げた。

11/15に田んぼで撮影したコハクチョウを掲載します。
田んぼでの撮影時には晴れとなり、コハクチョウが白とびしたが近距離から撮影出来たので良かった。

01dsc_1813

ズームレンズで無いと全体が撮れない。
02dsc_1825

餌が無くなったのかどうか知らないが、田んぼ移動で道路を横切る
03dsc_1861

人が近づいてもある程度の距離を置けば逃げない。経験から近づきすぎると移動しよるが飛ぶことが無いように思う。勿論、脅かせば飛んで逃げるだろう。
04dsc_1875

歩いて道路を横切るのが多いが、飛んでいどうするのもおり、これが狙い。
05dsc_1897

人が立っていると頭上を通過せず手前で避けよる。
06dsc_1898

07dsc_1916

08dsc_1920

09dsc_1923

10dsc_1930

11dsc_1954

12dsc_1958

13dsc_1966

14dsc_1968

15dsc_1976

16dsc_1978

野鳥センターに戻る途中で背中が黒く胸が白いの発見、オオタカが居りていると思いカメラを向けたら猫だった。
17dsc_2014   

| | コメント (0)