コハクチョウ・ヒシクイ

2019年1月26日 (土)

コハクチョウにオオヒシクイ

 寒くて撮影休み、雪が降っていれば雪の中のカワセミホバ狙いで撮影に出るが、鬱陶しい空模様だけなら撮影に出る気がしない。

昨日のオオワシは残念だった。センター前ポールから低く湖面を飛ぶところを撮りたかったが、飛ばなければどうしようもない、湖面を飛ぶところも狙いの一つ。
今年も野鳥写真コンテストが行われるようで、オオワシとチュウヒで応募するつもり。チュウヒは3候補選んでいるが、オオワシは候補になるようなものが撮れていない。撮影期間が昨年1月以降なので、昨シーズンの1月のものなら候補は幾つかあるが、やはり今シーズン撮影の中から選びたい。昨年はオオワシで銅賞を貰ったが 、今年はこのままならチュウヒがメインになりそう。湖北の野鳥コンテストなので、オオワシをメインにしたいと思っているが、もうひと踏ん張りが必要な状況。今シーズンは、30回の湖北行きを目標にしているので後7回、何とか勝負するつもり。北帰まで1か月前後になってしまったが日が立つのが早い。

昨日の残り画像を掲載

コハクチョウ
01dsc_6690


02dsc_6704


03dsc_6707


04dsc_6740


05dsc_6744


06dsc_6752


07dsc_6759


08dsc_6832


09dsc_6768


10dsc_6720

オオヒシクイ
11dsc_6654


12dsc_6660


13dsc_6655


14dsc_6693

  
オマケ画像
ホオジロ
15dsc_6602

多分カシラダガ
16dsc_6815

ジョウビタキ♀
17dsc_6941

ボート(漁業関係?)が走ると、進路の水鳥が一斉に飛び立つ
18dsc_6882

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

コハクチョウ 流し撮りというかスローシャッター撮影

 一昨日の撮影

コハクチョウの流し撮りをしようと思い田んぼでスローシャッターで撮った。V3と500mmf5.6PFの手持ちだったが、1350㎜では長すぎて近距離では難しく少し重かったこともあり結果はアカン。SS1/60ぐらいでは撮れず、1/80、1/100で何とか顔がまともに見られる画像があった。もう一度挑戦したいが、レンズは軽量300mmf4の810㎜の方が良いだろう。
これまで流し撮り(ただのスローシャッターか)は、カワセミ、コミミズク、オオワシ、チュウヒで撮っているが、コミミズクはSS1/30まで撮影成功した(と思う)が他は1/100ぐらいでしか撮れていない。オオワシとチュウヒは三脚使用だったと思う。カメラは、いずれも一眼でミラーレスのV3は初めてと思う。

手持による流し撮りは軽量機材でないと難しい。重いと腕力が無ければ上下に振れ、コハクチョウの上下の流し撮りが頻発していた。01dsc_9717


02dsc_9740


03dsc_9761

もう少しバックが流れてほしいが、SS1/30せめてSS1/60ぐらいでないと無理かな。
04dsc_9769


05dsc_9827


06dsc_9877


07dsc_9893


08dsc_9906


09dsc_9921

  

以下は通常設定での画像
V3の魅力はAF追従の20コマ/秒の高速連写だが、近い鳥をフルサイズの2.7倍の大きさでドアップで撮るのも面白い。V3はまだまだ現役、撮影距離が遠いと画質が少し悪く、AFの食いつきも少し遅いが、一旦食いつけば追従は問題ないレベル。
11dsc_9481

  
12dsc_9571


13dsc_9595


14dsc_9657


15dsc_9701

コハクチョウも集まると賑やかで煩い。
16dsc_9988


17dsc_0067


18dsc_0091


19dsc_0100

| | コメント (3)

2018年12月23日 (日)

コハクチョウ 田んぼにて

 12/21に撮影したコハクチョウ、D7500とTa18-400㎜での撮影です。

コハクチョウを湖岸で撮るなら大砲に勝るものはないが、田んぼの中でコハクチョウを撮るならズームに限る。以前は80-400㎜を使用していたが、少し高額の500㎜f5.6PFを購入する時に勢いで下取り処分に出した。このレンズは初代、2代目とも使い勝手に写りも良く、手持で最も多く使用したレンズだったが、単焦点のシャープな写りの魅力に負けた。
残っている鳥撮影でも使用出来るズームは万能のお手軽18-400㎜、このレンズでもそこそこ撮れるが、トリミングで3倍ぐらいに拡大すると”ちょっとな~”の思いはある。価格を考えればかなり奮闘しており、オオワシも追えるのでお遊び+αの撮影には十分である。純正28-300㎜もかなり以前に買い持っていたが、APS-C機で使用すると18-400㎜の方がシャープに思ったので下取りに出した。

27-600㎜で撮影出来るので、写り重視でなければ田んぼでのコハクチョウ撮影は、このレンズが最強と思う。コハクチョウ集団の全体風景撮影に、1羽だけの近距離ドアップ撮影も楽しめる。

田んぼに居たのは小集団、コハクチョウの様子を見ながら順光になる所まで舗装された農道を歩いた。1羽だけ見張り役かこちらをじっと見ていたが動く気配無し。車も通らないので、道ぎりぎりの所にパイプ椅子を置き座ってじっくり待つ。オオワシもかすかに見えたので、飛べば移動するつもりだった。  
01dsc_3135

最初はパラパラと飛んできた。直ぐには田んぼに下りず、必ず周囲を何度か旋回してから下りよる。山の麓から何度も見ていたので行動パターンは承知。
02dsc_3165

低空をこちらに向かって飛んできて、少し手前で旋回して直ぐ上を通過する。
03dsc_3181

田んぼに下りるところは、横からの撮影はもう一つ。
04dsc_3241

幼鳥と思うが、田んぼに下りる直前の飛び方がぎこちない。
05dsc_3340


06dsc_3342

こちらは成鳥
07dsc_3349

飛んでくる集団の数が増えてくる
08dsc_3427

かなり数が増えた
09dsc_3480

山バックの飛翔は遠景
10dsc_3488

直前はドアップ  
11dsc_3492

集団飛行の隊形は色々ある。
12dsc_3558


13dsc_3599

次々と増え
14dsc_3623

こちらに向かってくるところだが糞をしながらやないか、気を付けないと頭上でやられ悲惨な目にあう。糞の色は黒く直ぐに粉々になったが、水分が少ないようだ。オオワシ、アオサギ、カワセミなど色々な鳥の糞発射を見てきたが、白くて粘りっけがあった。コハクチョウは少し違うのか、それともたまたまか・・・・、食べるものが違うからかな。肉食(主に魚)と草食の違いかも。
15dsc_3626

下りれば羽を広げて場所を争うものもおり、鳴き声がうるさい。
16dsc_3644

撮りたかった着地直前の正面からの撮影、後ろにコハクチョウが居り下りる場所が悪かった。
17dsc_3686


18dsc_3688

こちらは背後の人工物が邪魔
19dsc_3700


20dsc_3719

これはエエやないかで、取り合えず満足した
21dsc_3724

  
コハクチョウ撮影も面白いが、オオワシよりコハクチョウに興味があった10数年前にかなり撮っている。今では撮りたいのは北帰でセンター前に集合し、次々と集団が水面を走り数十羽が一斉に水面を走るシーン。10年ほど前に撮ったが、レンズが328だったので全体が入らず、50㎜ぐらいの標準レンズで広範囲を撮りたい。その日限定のたまたまのシーンだったのかも知れないが記憶に残っている。

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

コハクチョウとオオヒシクイ

 一昨日に撮影したハクチョウとオオヒシクイ

コハクチョウ
湖北に鳥撮影で行き始めた10数年前は、コハクチョウが狙いだった。01dsc_6205

オオヒシクイ
野鳥センターでヒシクイとオオヒシクイの違いを聞いたことがあるが、オオヒシクイは亜種とのことだったが見た目の違いが分からない。
02dsc_6231


03dsc_6502


04dsc_6506


05dsc_6514


06dsc_6514_2


07dsc_6534

 

オマケ
7年前のレンカク、期待していたのはこの姿だったが季節によって違い過ぎる。Dsc_5074

| | コメント (0)