ハヤブサ撮影記録

2020年3月 5日 (木)

海のハヤブサ撮影記録

 白波の上を飛ぶ姿が良いと聞いて行ったが、海は穏やかで波が無かった。代わりに青い海の底が入り、眼下の飛翔なので背打ちで撮れ良かった。ハヤブサ撮影地では最高のロケーションと思うが、場所が遠すぎ1度しか行っていない。機会が有ればもう一度行きたいと思っているが、最近の動向が分からない。
D7200と500㎜f4、サブにV3と1用70-300㎜を使用したが、前者の画像はほぼ全滅、後者は満足出来る出来でショックだった。被写界深度の違いで後者の方が撮り易かったのかと思うが、今も分からず疑問が残る撮影日だった。


2015年5月1日

15050101 15050102 15050103 15050104 15050105 15050106 15050107 15050108 15050109 15050110 15050111 15050112 15050113 15050114 15050115 15050116

| | コメント (0)

山のハヤブサ撮影記録

 家から車で約30分のハヤブサ撮影ポイント、この地は有名で繁殖期にはカメラマンが集まる。初めて行ったのは10年程前、ヤマセミ探索で支流をウロウロ歩いた時にそのまま山道を上り、上にあるダム(?)まで行った時でカメラマンは居なかったと思う。しばらくしてハヤブサ狙いでもう一度歩いて上り、その時は愛想の悪いカメラマンが二人居たがハヤブサの姿見ず。その後、街中のハヤブサに興味を持ち、山のハヤブサもと5年前に車に乗ぜて貰い行って撮ったのが最初で、2回ほど行き雛も撮ったが山桜バックの飛翔が良いようだ。雛には興味なくバックがゴジャゴジャしてもう一つなのでその後は行っていない。街中よりこちらの方が良いという人が多いが、人それぞれの好みだろう。街中ならカワセミ探索がてら歩いて行けるので、どちらかが撮れる。
街中で撮れなければこの地かと思うが・・・・。行くなら手持ちの方が撮り易くブラブラ歩いて色々撮れる、大砲を持っていくほどのことも無い。掲載画像のどちらかの日は、V3と1用70-300㎜での撮影だったと思う。あまり記憶に残っていない。

2015年3月19日
15031901 15031902 15031906 15031907 15031908 15031909 15031910 15031911 15031912 15031913 15031914 15031915 15031916 15031917 15031918


2015年4月29日
15042901 15042902 15042903 15042904 15042905 15042906 15042907 15042908 15042909 15042910 15042911 15042912 15042913 15042914 15042915 15042916 15042917

 

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

街中のハヤブサ撮影記録

 ハヤブサ掲載記録の画像が全て消失したので、新たに街中、山、海に分離して作成する。


始めてハヤブサを撮影したのは10年ほど前の湖北で、今から思えば幼鳥だったがあまり興味は無かった。その後、地元近くで撮れると聞き2013年からカワセミ帰りで通うようになった。雛が登場した時は面白く良い画像も撮れたが、ここ3年ほどは雛の登場が無く親も低い場所にあまり止まらなくなり、最近は時々様子を見に行くだけで直ぐに帰る。もうアカンのかな?
撮影を楽しめた2013~2015年頃の記録を残す。


2013年9月16日
この地での初撮影?、動くまで2時間ほど待ったと思う。  
13091601


13年11月16日
親離れしない雛というより幼鳥が1羽居り、冬まで親の後は追いかけまわしていた。
13111601 13111602 13111603


2013年11月17日
鳩持ち帰りを初めて撮った。
13111701 13111702


2013年12月4日
幼鳥が時々川の上を飛び、目の前30mぐらいのところで急上昇から急降下し驚いた。
13120401 13120402 13120403


2013年12月13日
幼鳥が川に下りて水飲みと水浴びをすると聞き何度か行ったが、この日に川に下りてくれた。それ以降は一度も見ていない。13121301 13121302 13121303 13121304 13121305


2014年1月10日
少し上流の橋の上の電線に止まる鳩狙いで急降下するを見ており、何度か橋の近くで待った。ハヤブサが上昇しパニックで乱れ飛ぶ鳩に急降下でアタックする撮影機会に2度遭遇したが、急降下のスピードが滅茶苦茶速く撮れたのは一度だけ、捕まえるのは見たことが無い。その後は、鳩が慣れたのかハヤブサが飛んでい行っても知らん顔、ハヤブサも鳩を無視して遠くに飛んでいくようになる。鳩を後ろから追うのも見たが、鳩は小回りがきき上からの急降下でないと捉えるのは無理と違うのかな。
14011001 14011002 14011003


2014年6月21日
獲物持ち帰りが一番の狙いだが、撮影機会が少なく普段は飛び出しを狙う。
14062101


2014年6月24日
14062401


2014年11月1日
エサを食べた後は移動することが多く、飛び出し狙いのチャンス。飛び出しの仕草はオオワシに似ている。14081101 14081102 14081103


2014年8月30日
親が幼鳥に獲物を渡す時は途中まで食べて残し場所移動することが多いが、この時は幼鳥がべったりくっついていたためか、口移しが見られた。
14083001 14083002


2014年10月14日
この地は午前中は日陰で昼からでないと撮影はアカン、日影が無いので6~9月は暑くて堪らず。
14101401


2015年6月21日
この年は雛が2羽登場し2週間ほど撮影が楽しめた。この頃のような日はもうないかな・・・?
15062101 15062102 15062103 15062104 15062105 15062106 15062107 15062108


2015年6月22日
親が餌を持ってくると取り合いになる。撮った方が羽を広げて隠すなど面白いシーンも見られたのだが・・・・
雛の時点で♂と♀の大きさはかなり違う。♀が大きい。
15062201 15062202 15062203 15062204 15062205

 
2015年6月24日 
15062401 15062402


2015年6月27日
15062701 15062702 15062703 15062704


2015年8月26日
15082601


2015年9月18日
15091801 15091802 15091803


2015年10月11日
15101101 15101102

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

V3の連写 過去の一番良かった画像

 ミラーレス機での撮影ということでV3の画像を再チェック

V3でこれまで撮った鳥画像で一番良かったのは4年前のハヤブサで、一眼レフとあまり変わらない満足画像、80-400㎜に装着し三脚で撮ったのだが、たまたま撮影条件が良かったのだろう。止まりものから飛び出しなら、三脚を使用して慌てず慎重に撮ればV3でも上手く撮れるようだ。軽量レンズでも手持ちなら無理だろう。V3は手持撮影が基本、三脚使用なら秒20コマの連写で狙う時以外は一眼レフを使う。
トリミング2倍に拡大しているが、シャープ補正しても変わらなかったので途中からは修正していない。削除した旧ブログに抜き取りで掲載したと思うが、今回は連写で上手く撮れた15枚を全て掲載、16枚目からはブレ始めピンボケに終わっている。秒20コマと思うが記録に残っておらず10枚かも知れない。

00dsc_3961

ここから15連写
01dsc_3967 02dsc_3968_1 03dsc_3969_1151025 04dsc_3970_1 05dsc_3971_1 06dsc_3972_1 07dsc_3973_1 08dsc_3974_4 09dsc_3975_4 10dsc_3976_1 11dsc_3977 12dsc_3978_1 13dsc_3979_1 14dsc_3980_1 15dsc_3981_2



これくらいの画像が撮れたら、現時点で電池寿命の短いフルサイズやAPS-Cのミラーレス機を買う必要はないが、滅多に撮れないから欲しくなる。

| | コメント (0)